JCDA規格のロウ付継手を新規ラインナップしました。

ベストパーツOnlineでは、今までの空調用、住設用の銅管継手に加え、JCDA規格のロウ付用銅管継手を新たにラインナップしました。見た目は同じに見える各規格の継手ですが、何が違うのでしょうか?

ベストパーツOnlineの同継手は用途別に分かれています

価格重視の住設用カジュアル銅継手

経済性を追求したカジュアルな継手です。規格品と比較するとコンパクトで薄肉の設計となっています。給水、給湯など、一方通行で流れていく配管に採用されています。

ロウ付チーズ CUT-15

バランス重視の汎用空調機器向け銅継手

空調冷媒配管に使用する汎用の継手です。前述のカジュアル同継手と比較して肉厚に設計している為、高圧になる新冷媒の配管にも対応した商品です。住設用と区別する為「R」マークを刻印しています。ベストパーツOnlineではさらに、「・新冷媒対応品です。」と表記しています。セントラルヒーティングなどブラインなどの熱媒循環回路でお使いください。また、コスト要求が厳しいルームエアコンでしたらこれでも良いと思います。

ロウ付エルボ CUL-19

品質重視の冷媒用銅継手

冷媒配管であれば、コレをご利用ください。JIS H3401規格準拠、JCDA 0001規格適合品の継手です。品質保証の印として、JCDA」の刻印をしています。同じ新冷媒対応品である「空調用継手」との違いは、だ円値や、許容差をより厳密に管理しています。又、製造工程で大量のオイル使用しますが、オイルが残っていると、冷媒と反応して不具合が起きる可能性があります。空調用継手でも油が残らないよう洗浄していますが、JCDA規格品はよりきれいに洗浄しています。ベストパーツOnlineでは、「JCDA」で検索していただくとランナップをご確認いただけます。

冷媒用径違いロウ付チーズ RT-IT0906

JCDA規格とは?

一般社団法人日本銅センター(Japan Copper Development Association)が定めた規格です。JIS H 3300(銅及び銅合金継目無管)の銅管及びJIS H 3300(外面被覆銅管)に挿入してロウ付する銅管継手が対象になります。

まとめ

給水、給湯配管のように流体が一方通行であれば、油分などの不純物が付着していても大きい問題はありませんからカジュアル銅継手をお使いください。

一方、冷媒配管や冷温水配管のような循環回路は、人間でいえば血管に相当します。不純物があれば大切な機能部に詰まる恐れがあります。

例えば、エアコンの冷媒配管内部にはフロンガスが流れていますが、正確には同時に冷凍機オイルが流れています。エアコンが停止している状態では、液体のフロンガス、気体のフロンガス、冷凍機オイルが分離して配管内部にたまっているのです。よって、冷媒配管には不純物が除去されているJCDA規格品をオススメします。

セントラルヒーティングなどの冷温水式空調配管にはブライン(不凍液)が流れていますが、ブラインの防錆や防腐成分が不純物と化学反応を起こし釜鳴などのクレームに発展する例がありますので、Rマーク付きの汎用空調用銅継手かJCDA規格品をオススメします。ベストパーツオンラインショップ

  • シェア
  • twitter
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP
LINE it!