ガス機器とガス栓接続の最新情報

最近LPガス事業者様から「ガス機器にガス栓を接続する際に何を使えばいいの?」というお問合せが多くなりました。

これはLPガスにおけるガス機器とガス栓の接続のルールの一部が2017年に変わったことが原因だと思われます。

今回は、ガス機器とガス栓の正しい接続方法についてご説明をさせていただきます。

ベストパーツオンラインショップ

ガス機器にガス栓を取り付ける際にニップルを使っていい?

結論から言うと半分正解で、半分不正解です。まず都市ガスにおいてはニップルの使用が可能です。またLPガスにおいてもニップルを使って接続ができる機器接続ガス栓はあります。

2017年、経済産業省より通達の「供給設備、消費設備及び特定供給設備に関する技術基準等の細目を定める告示第10条」によれば、可とう管ガス栓(機器接続ガス栓)のうち、出口側が自在式ではないガス栓については金属フレキや燃焼器用ホースの使用が可能とあり、ガス機器に直接ねじ接続をしなくともよいとの旨が記されています。但し出口側が自在式の可とう管ガス栓についてはガス機器に直接ねじ接続と明記されているためニップルや配管材などを使って接続することはできません。

これがこのルールの肝となる部分です。

ビルトインコンロへ機器接続ガス栓を接続したい

それでは具体的に、ビルトインコンロを前述のルールに則った施工をするにはどうすればよいか考えてみます。

ビルトインコンロのガス配管接続口はほとんどがテーパのメスねじとなっています。その為、機器接続ガス栓を直接接続するにはオスねじのガス栓を使わなければなりません。

そこで用いられるガス栓が外ねじガス栓です。

 

フレキUL外ねじガス栓(MF680AQ)

 

ルール改正に伴い、各ガス栓メーカーでこの外ねじタイプの機器接続ガス栓のラインナップが増えてきています。弊社では自在外ねじ部の長さが短いタイプも近日発売予定です。

FV696AQ(近日発売予定)

給湯器へガス栓を直接接続したい

給湯器についてもLPガスの場合、ガス栓は直接ねじ込みしなければなりませんが、給湯器の接続口はR1/2のオスねじですので、旧来のタイプのガス栓でそのまま接続することが可能です。

フレキUIねじガス栓(MF642AQ)

しかし直接ねじ込みという新ルールで困ることが1つあります。それは20Aのガスフレキを使って給湯器の取付をする場合です。

昨年2018年の時点では、フレキUIねじガス栓のラインナップには20Aガスフレキ用はねじ側がRc3/4のタイプしかありませんでした。その為R1/2のオスねじで出ている給湯器にガス栓を直接取り付けることができず、今まで異径ニップルやブッシング等の継手を使用して取付をしていた方もおられるかと存じます。

こういった事態を解決すべく、この度20Aガスフレキに対応した異径タイプのフレキUIねじガス栓の発売が決定致しました。

 

近日発売予定のフレキUIねじガス栓(MF657AQ)

このガス栓は、ガスフレキ接続口が20Aで、ねじ接続口はRc1/2のメスねじの為、20Aガスフレキ配管でそのままガス栓を給湯器にねじ込むことができます。

今後、20Aガスフレキ使用時はこの異径タイプが主流になっていくと思われます。

まとめ

近年、出口自在式の機器接続ガス栓は施工が簡単なため生産・出荷数量が伸びている傾向があります。

しかしながら、LPガスにおいては出口自在式のガス栓はガス機器へ接続の際は直接ねじ込みという制限があります。

よって、現場状況に応じて出口自在式のガス栓と出口自在式ではないガス栓をうまく使い分けていく必要性があると言えるでしょう。

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.
佐藤優光

佐藤優光

2014年入社。温水暖房と断熱保温のサブ担当を経て、2016年より燃料配管をメインに担当。1990年生まれ。ベストパーツオンラインの燃料配管の商品ページ作成も担当してます。ご不明な点はお気軽にお問合せ下さい。
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP
LINE it!