万能ホーム水栓、凍結防止の新常識とは

昨日までの常識が今日もそのまま通用するとは限らないのが住宅設備業界。例えば、2018年1月、2月に関東圏を大寒波が襲い、凍結被害が多発したことは記憶に新しいのではないでしょうか?

私たちベストパーツも関東のお客様から凍結防止ヒーターをご注文いただくことになろうとは考えてみたこともありませんでした。

その際、数件のお客様から「水栓柱の近くに電源がない!」と言われて「蛇口の水がポタポタ垂れる程度開栓してください」とお伝えしたのですが、今日からはSANEI社が発売した電源がなくても凍結防止できる万能ホーム水栓を使ってください!という記事です。

凍結防止ヒーターは関東以西でも必要?

寒冷地では、凍結防止ヒーター、保温材、そして水抜き栓は凍結防止対策として必須アイテムですから、水栓柱付近には必ず電源があります。

しかし、関東圏では凍結防止対策が不十分な住宅も少なくありません。寒冷地ではありませんが、屋外の水栓柱に取り付けてある万能ホーム水栓は外気にさらされているため、凍結のリスクがあることが昨年証明されました。

とはいえ、「電源を設けて凍結防止ヒーターを設ける必要はない」という施工業者様に、古くて新しい「凍結防止機能付き万能ホーム水栓」をオススメします。

凍結防止機能付き万能ホーム水栓はどこがすごいの?

万能ホーム水栓(凍結防止付) Y12WK 当日出荷

変哲もないルックスだが、凍結防止機能が内蔵されている

本体内が凍結しそうな温度(約2℃)になると、サーモエレメントの働きで止水弁が自動で開き、少量の水を通水することによって凍結を防ぎます。水量は最大で450cc/分(水温0℃、水圧0.05Mpa時)と一見多いように思えますが、東京都の2月の平均水温は7.3℃(平成29年東京都水道局調べ)ですので、通水すると水温で本体が暖められますので何10分も通水することはありません。本体内が3~4℃になると止水弁が閉じて水を止めますので安心して下さい。

故障と勘違いしないように「お知らせプレート」が付属

スゥーと水が出ていると漏れていると勘違いする場合もありますので、凍結防止機能付水栓であることを明記したプレートが付属されております。

ハンドルを閉めても止水しない?

そうです。ハンドルを閉めても本体内が3℃以下ですと、サーモエレメントが働き水が止まらないことがありますが故障ではありません。

ベストパーツオンラインショップ

まとめ

寒冷地以外で凍結防止ヒーターは過剰かもしれません。しかし無策でいると2018年のように水栓が凍結して使えない、または破裂して修理代が発生するということがあり得ます。

万が一の寒波に備えて、水栓柱の水栓を「凍結防止機能付き万能ホーム水栓」に取り換えてみてはいかがでしょうか?やるなら夏場です!!

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.
高島秀樹

高島秀樹

資格取得:給水装置工事主任技術者
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP
LINE it!