いまどきのガスコード最新事情

今も昔もガスコードは移動設置型ガス機器の安全性と使い勝手を決める重要なパーツ。しかし、燃焼機器の進化とともに、そこで求められる仕様は近年大きく変わってきています。最新の多重シール式ガスコードの何がどうすごいのかをチェックしていきます。

ガスコードは2種類あるが用途は同じ

従来、ガスコードは「移動設置型ガス機器に使用する両端が迅速継手付の低圧ホース」として分類されてきましたが、平成29年4月に施行された供給・消費告示の改正で「燃焼器用ホースの一つ」と明確化されました。元々鋼線補強入りのガスコードは改正に伴う仕様変更の必要ない程に安全なガス配管ですが、より安全性を高めた多重シール式のガスコードが発売されているのはご存じでしょうか?

その使用用途は、移動設置型ガス機器である家庭用の卓上形ガス調理器(こんろ、グリル付こんろ、グリル、炊飯器、オーブン)、ガスストーブ(開放式、密閉式)、衣類乾燥機等、業務用のこんろ、炊飯器、フライヤー、焼き物器までとなっており現行品と変わりません。(ただし、衣類乾燥機は排湿筒を接続した場合、常設型ガス機器とみなされます)

多重シール式ガスコードは現行品と何が違うのか

米や髪が付着してもガスが漏れない多重シール構造

現行品はコンセントとソケットより外部にガス漏れを防ぐメインシール一か所のみで防いでおりますが、多重シール式の場合はメインシールの他に3ヶ所にシールパッキンが追加されていることによりメインシール部に髪の毛や米粒等の異物が付着してもガス漏れを防止することが可能になっております。

光陽産業カタログより引用

完全装着の確認ができる青ライン

完全装着するとガス栓側に青いセーフティーラインが出てくるので目視で確認することができます。カチッという音が聞き取りにくいお客様であっても安全にお使いいただける仕様は、今の時代にマッチしているのではないでしょうか。

光陽産業カタログより引用

規格は現行品より少ない

安全性を高めるために部品が増えているため価格が高いこともあり、売れ筋だけのラインナップでスタートしています。

品番 全長(m) 基準価格
GC-05SL 0.5 2,580円
GC-10SL 1.0 2,800円
GC-20SL 2.0 3,410円
GC-30SL 3.0 4,010円
GC-40SL 4.0 4,620円
GC-50SL 5.0 5,000円

※都市ガス、LPガス兼用品です。

まとめ

移動設置型ガス機器の安全性と使い勝手を決めるガスコードは、現行品に加えて多重シール式が発売されています。用途は同じですが、シールパッキンを3箇所追加して安全性を高め、完全装着時にはカチッ音に加え青いセーフティーラインが出る仕様で視認性も高められています。ユニバーサルデザインの理念が行き届いた多重シール式ガスコードは、移動式ガス機器の中でもユーザーが抜き差しする機会が多いガス炊飯器にオススメします。

ベストパーツオンラインショップ

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.
星孝幸

星孝幸

2013年入社。給排気筒担当。1963年生まれ
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP
LINE it!