エアコンの室外機を雪から守る!防雪・雪害対策

こんにちは!設置固定バイヤーの佐々木克仁です。

今回は

【エアコンやエコキュートの室外機が雪の影響で動かなくなったり、壊れたりする場合があります。何か良い解決方法はありますか?】

というご質問について、その解決方法をご提案していきます。

①室外機が雪に埋まってしまう場合の対処法

エアコンやエコキュートなどの室外機は、構造上吸込み口や吐き出し口が塞がっているとうまく熱交換ができません。よって、室外機を雪などに埋まらない高さまで上げる必要があります。

室外機の高さを上げるには、通常「架台」という部材を使用します。

該当する架台は

・平地高置用架台を使用(室外機を地面から約500㎜上げる)

平地高置用架台 C-NG5

・二段置用架台の上段を使用(室外機を地面から約1000㎜上げる)

二段置用架台 C-WZJ-2

・壁面用架台を使用(室外機を地面から1000㎜以上上げる)

壁面用架台 C-KG

取り付けるエリアや場所の最大降雪量などを参考に選定します。また、壁面用架台は性質上デメリットもありますので、設置する建物の構造を確認の上ご使用頂く事をオススメします。

②室外機の吸込み口や吐き出し口に雪や氷が付着してしまう場合の対処法

架台を使って室外機の高さを雪に埋まらない高さまで上げたから大丈夫!と思いきや、なぜかまたエアコンが使えなくなった…そんな場合は、吹雪や氷による室外機吸込み口と吐き出し口への着雪・着氷を疑って下さい。

状況をご確認頂き、万が一着雪や着氷の可能性がある場合は、①でご説明した各種架台と専用の部材を組み合わせて使用する事である程度の着雪や着氷を防ぐことができます。

平地高置用・二段置用架台をご使用の場合

まず組み合わせるのは防雪屋根と呼ばれる部材です。これは、室外機上部への落雪やつららの落下を防ぐ役割を担います。取り付けは非常に簡単で、元々使用している平地高置用や二段置用架台の脚部のボルトナットを外して、防雪屋根の脚部をそのボルトナットで共締めするだけです。

ただし、適合する架台の機種が決まっておりますので、事前の確認が必要になります。

参考組み合わせ例(日晴金属株式会社)

参考組み合わせ例(オーケー器材株式会社)

防雪屋根 C-RZG

次に、防雪パネルという部材を使用して、室外機の背面と側面に雪や氷が付着するのを防ぎます。これは必ず防雪屋根との組み合わせが必要で、単品使用はできません。

また、組み合わせのパターンも決まっておりますので、事前に確認が必要です。

参考組み合わせ例(日晴金属株式会社)

防雪パネル CE-RZJ-BPL

二段置用架台+防雪屋根+防雪パネル 組み合わせ例

室外機の配管接続側の側面もカバーしたいという場合は、防雪パネル(小)を組み合わせます。

防雪パネル(小) CE-RZJ-BPLO

二段置用架台+防雪屋根+防雪パネル+防雪パネル(小) 組み合わせ例

室外機前面の着氷や着雪を防ぎたい場合は、前面用防雪パネルを組み合わせて使用します。

前面用防雪パネル CE-RZJ-YL

二段置用架台+防雪屋根+防雪パネル+防雪パネル(小)+前面用防雪パネル 組合せ例

架台メーカーの営業マン曰く、某エアコンメーカーが豪雪地方で長期テストしたところ、データは出せないけどビックリするくらい効果があるよと仰っていたそうです(笑)

二段置用架台を使用する際、上段に設置した室外機のドレン水が下段の室外機に掛かり、それが凍結する事によって起こるトラブルを防ぎたい場合は、ドレンパンを使用します。

ドレンパン CE-DP

二段置用架台+ドレンパン 組み合わせ例

参考組み合わせ例(日晴金属株式会社)

アパートなど別世帯で二段置用架台1台を共有するような場合に、下段の室外機が凍結してしまうとトラブルに発展してしまう恐れもあるため、ドレン水凍結の可能性のある地域では予防や保険という意味でも有効かもしれませんね。

壁面用架台をご使用の場合

こちらも、組み合わせるのは防雪屋根と専用の壁面用防雪パネルとなります。前面用は今の所どの架台メーカーでも発売しておりません。(2018年12月調べ)

防雪屋根は、直接壁面に取り付けるタイプを使用します。

壁面用防雪屋根 C-RKZJ

積雪耐荷重が300㎏/㎡ありますが、壁面や下地の強度によって大きく変わりますので取付の際はしっかりとした確認が必要です。

防雪パネルについても、壁面へのアンカーもしくはコーチボルトでの固定となりますので、下地強度の確保や強風によるあおり対策が必要になる場合もあります。

壁面用防雪パネル CE-KBP(日晴金属株式会社)

壁面用架台+壁面用防雪パネル+壁面用防雪屋根の組み合わせ例

③まとめ

  • 室外機が雪に埋まってしまう可能性がある場合は、専用の架台を使って雪がかぶらない高さまで上げる
  • 室外機の吸込み口や吐き出し口に雪や氷が付着する場合は、専用のパネルや屋根でカバーする

いかがでしたか?現在エアコンメーカー各社から発売されている「高機能エアコン」は、暖房能力が以前よりも格段にアップしておりますので、寒冷地で選ばれる機会も高くなっております。そんな優れた商品でも、雪や氷への対策が不十分であれば、せっかくの能力が活かしきれず宝の持ち腐れになってしまいます…。

この2点を記憶の片隅に置いて施工して頂ければ幸いです。ただし、この方法も完璧ではございませんので、それぞれの地域特性や設置環境を考慮の上最適な方法を選択頂ければと思います。

ベストなパーツでは、施工業者様の小さな疑問やお困りごとの解決のお手伝いをさせて頂きます。

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.
Katsuhito Sasaki

Katsuhito Sasaki

2001年ベストパーツ株式会社(旧東北綜合器材株式会社)入社。2002年より営業職。分類は設置固定を担当。1976年生まれ。
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP
LINE it!