アースによる感電対策の必要性

皆さんは、給湯器や家電のアースをしっかりとってますか?

アースを取らなくても機器は正常に動きます。アースを付けたからといって変化があるわけではありません。では、なぜアースが必要なの?と思う方も多いと思います。

今回は、そんなアースの必要性についてご説明していきたいと思います。

アースとは

アースとは、電気を地面に流れるようにすることを言い、電気を大地に逃し、感電火災の危険を防ぎます。電気製品の中を流れる電気が外へ漏れ、感電することはまずありませんが、長時間にわたる使用や、水に濡れると漏電する可能性があります。漏電した状態で製品に触れると感電する恐れがあります。それを防ぐのがアースです。アースを付けておけば、漏れた電気はアース線を通り、地面に流れていくので感電を防ぐことが出来ます。

つまりアースは「万が一のことがあった場合の備え」になるということです。

アース棒(丸型) B-0

アースのメリット

先程、アースは電気を地面に流し感電を防止できるということを説明しましたが、アースを付けるメリットは他にも沢山あります。

  • ノイズによる悪影響の防止
  • 電磁波の防止
  • 静電気の防止
  • 落雷による被害の軽減

普段はアースを付けていても、その意味が中々感じられないかもしれませんが、アースは緊急時に効果を発揮してくれるものであり、その効果は機器や身体を守ってくれます。

このように、アースには身体や家電への悪影響を防いでくれるという様々なメリットがあります。

付けてはいけない場所

これまでアースの取付の必要性を説明しましたが、つけてはいけない場所もあります。

水道管

水道管は見た目は金属に見えても、目に見えない部分は樹脂で作られているといったことがあります。樹脂は電気を通さない為、電気を地面に流すことが出来ません。

ガス管

ガス管は漏電によって引火や爆発が起こり、火事に繋がってしまう恐れがあります。

避雷針

雷が避雷針に落ちた際にダイレクトに機器にも流れてきてしまうので大変危険です。

まとめ

アースは、冒頭でも説明した通り、「万が一のことがあった場合の備え」になります。

手間がかかって面倒だと思う方もいるかもしれませんが、水気がある所に関しては法令で義務付けられていますし、なによりお客様のことを考えると設置することが最善だと思います。

これを機にアースについてもう一度考えていただければ幸いです。次回は、具体的にアース線の選定方法や接地工事の種類についてご説明していきたいと思います。

ベストなパーツでは皆さんのお困りごとを解決致します。なにか疑問に思うことがありましたら、気軽にご連絡下さい。

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.
佐々木瞭

佐々木瞭

1994年生まれで、2016年ベストパーツ株式会社入社。
2018年より営業部に所属し、分類は配線器具を担当しています。
皆さまのお困りごとを解決させて頂きます。
お気軽にご質問ください。
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP
LINE it!