コンセントの金属枠と絶縁枠は何が違う?用途に応じた使い分けがあります。

住宅に欠かせないコンセントスイッチですが、ほとんどの製品に絶縁枠金属枠の製品があります。名前から「絶縁枠は電気を通さないから安全性が高いだろう」と思い使っている方も多いのではないでしょうか?もちろん間違いではないのですが、本稿では改めて絶縁枠金属枠の違いを知ってコンセント枠を使い分けることを目指します。

PFS管ベストパーツオンラインショップ

取付枠には2種類ある

コンセントスイッチの取付枠には、絶縁枠金属枠の2種類が存在します。金属枠はその名と通り金属製なのに対し、絶縁枠は樹脂製なので電気絶縁性に優れます。

電気絶縁性に優る絶縁枠

樹脂製である絶縁枠は、電気絶縁性が高いためノイズ干渉を嫌うテレビや電話を接続するコンセントに使われています。

ダブルコンセント WTF15024WK 絶縁枠タイプ

強度に優る金属枠

リビングや廊下の抜き差し回数が多いコンセントには、強度に優る金属枠を使用することが一般的です。ただし、弱電の配線に使用するとノイズ干渉して通信状況に影響を及ぼす可能性がありますので、ホームシアターシステムやサウンドスピーカーを取付ける計画がある箇所は避けてください。

ダブルコンセント WTF1532WK 金属枠タイプ

従来は電圧48Vを目安に使い分けていた

絶縁枠金属枠の使い分けの目安は、電圧48Vを境とした「弱電」「強電」でした。

弱電とは

テレビ・ラジオ・ステレオ・PC・電話・インターホンなど、音声や映像データの伝達といった「信号伝達」「機器の制御」を行う電子機器に使用する電気を言います。電圧で表すと48V以下の交流です。

強電とは

強電は、設備を稼働させるのに必要な電気を「エネルギー」として供給するものを指します。具体的には、給湯器、エアコン、冷蔵庫、洗濯機、掃除機、扇風機、加湿器、除湿器、空気清浄機、ファンヒーターなどの家電製品です。電圧で表すと48V以上の交流です。

現在は「電気」か「電子」かで使い分ける

パソコンやその周辺装置、ホームシアターシステムやサウンドバー、スマートスピーカーなどの電子機器が増え、定電圧、電池でも動作する家電製品が増え続けています。
よって、絶縁枠金属枠の使い分けの目安は、「強電か弱電」での電圧よりも、「電気か電子」での用途の方が適当かと思います。

要するに、電源や信号のケーブルからコンセントスイッチの取付枠を通じて伝わる伝導ノイズの対策が必要なすべての電子機器に絶縁枠をお使いいただきたいのです。

まとめ

絶縁枠金属枠の違いは電気絶縁性です。絶縁枠は取付枠を通じて発生する伝導ノイズ対策が必要なすべての電子機器に、強度に優る金属枠はコンセントの抜き差しが多い箇所にという具合で使い分けましょう。

ベストパーツオンラインショップ

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.
佐々木瞭

佐々木瞭

1994年生まれで、2016年ベストパーツ株式会社入社。
2018年より営業部に所属し、分類は配線器具を担当しています。
皆さまのお困りごとを解決させて頂きます。
お気軽にご質問ください。
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP
LINE it!