温水暖房システムに使える【ニップル】徹底活用ガイド

給水給湯回路や冷温水循環回路など、ニップルは多彩な配管で利用されています。JIS B 0151鉄鋼製管継手用語において、ニップルは「直線軸の両端にオネジが切ってあるもの」と定義されており、鋳物や鋼管の両端に管用テーパねじを切った継手です。また、最近では両端にタケノコ形状を立てた部品をホースニップルと呼んでいます。ベストパーツでは管用テーパやタケノコだけでなく、温水暖房システムに採用されることが多い欧州製機器や部品にも対応できる管用平行ネジを立てた黄銅製ニップルもあります。

今回は、温水暖房システムに使える最新のニップルの選び方を使い方を紹介させていただきます。

用途で選ぶニップルの種類とは

ニップルは内ねじ同士の接続に使います。例えばソケットと組み合わせ同径のパイプ同士を継ぎ足したり、エルボと組み合わせて配管の方向を変える用途に使われています。また、異径ソケットや異径エルボと組み合わせてサイズ変換する用途に用いるのも一般的です。

特殊ニップルでは六角ニップル、片ねじニップル、ホースニップル、フレキニップル(面取りニップル)、ブッシングなど種類が豊富で現場の様々な用途に対応できます。

砲金六角ニップル

Rネジの機器や計器など向きを変えたくないものを接続する際にに便利な六角ニップル

砲金異径ニップル

変換ニップル

Rネジの配管やニップルとGねじの機器や部品を接続に便利な変換ニップル

 

品番 ねじ ねじ
BRN-20GR G3/4 R3/4
BRN-25GR G1” R1”
BRN-32GR G1 1/4 R1 1/4

平行ニップル

Gねじで出ている機器や部品とステンレスフレキ管を接続する際に便利な平行ニップル

品番 ねじ ねじ
BRN-20GG G3/4 G3/4
BRN-25GG G1” G1”
BRN-32GG G1 1/4 G1 1/4

砲金ブッシング

異径ニップルと同じサイズ変化が目的ですが、内外にねじを切ることで省スペースで施工できるとても便利な継手です。

 

機器や部品の出口から一気にサイズダウンしたい時に便利なブッシング

変換ブッシング

外ねじがGねじ、内ねじがRネジを切っています。接続口がGおねじの機器や部品にRねじの配管を接続したい時にとっても便利な変換ブッシング

BUU-25G20 G1″×R3/4

Gねじの山の数がポイント

温水暖房に使えるニップル選びのポイントはGねじの山の数です。なぜなら、ステンレスフレキ用のフレキニップルとフレキナットが一般的に流通しているGねじ部材ですが、これらはパッキン止水を前提としているためネジ山の数が最大5山程度しかありませんが、温水暖房に採用されるヘッダー、バルブ、逃し弁、ゲージ、エアベント、エアセパレータ、ストレーナ、膨張タンクなどは、国際規格「ISO228-1」のねじが採用されており、止水はパッキンではなくシール材を使用する事が前提となっているからです。「管用平行ねじ JIS B 0202」に対して「国際規格ねじ ISO228-1」はねじ込めるのですが、おねじが5山未満でパッキンが当たらない状態では浸透性の高い不凍液を使う現場では漏水の心配が絶えませんから、オネジの山数が8山程度あるものを使いたいですよね。

変換ニップルと変換ブッシングをフル活用

日本では温水暖房市場が小さいため、給水給湯部品を使わざるを得ないのが現状です。それに対し欧州の温水暖房部材は、国際規格であるISO規格を採用した部品を世界中に大量販売しているため「誰でもカンタンに施工できて安価」という魅力があります。

今回ご紹介している変換ニップルと変換ブッシングは、ISO規格の欧州部品とJIS規格の給水給湯部品をしっかり接続します。例えば輸入部品が多用されているパネルラジエータを採用する暖房システム現場に最適です。私たちベストパーツのラインナップでは、CALEFFI製ヘッダーセット671エアセパレータ551などと日本製配管を接続するときや地中熱ヘッダー110国産バルブを組み合わせるときなどにフル活用できます。

流量調整や保守点検のための部材がすべて組込まれているため、細かな部材選定の煩わしさから解放されます

エア噛みしている回路にこれを取り付けるだけで驚くほど簡単に問題解決するエアベント。Gねじがどこまでも入っていくため最初は驚かれるお客様がいらっしゃいます

中規模物件に地中熱を利用する世界中の現場で採用されているGEOヘッダー

まとめ

ニップルには様々な種類がありますが、温水暖房に変換ニップル及び変換ブッシングを使えば、施工がカンタンで安価な欧州メーカーの部材を安心して採用する事ができます。熱源機は国内に良いメーカーがたくさんありますが、温水暖房部品となるとからっきし。変換ニップルと変換ブッシングを使用すれば、ユーザーの住宅に最適な暖房システムを構築するために省エネ性能に優る国産熱源機にデザイン、施工性、コストのどこから見ても優れている輸入部材を組み合わせてシステム提案をすることができます。

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.
大宮彰大

大宮彰大

営業部所属:ベストパーツ株式会社
2008年入社(31歳)
温水暖房分野を担当し2013年4月完成のベストパーツ株式会社社屋の冷暖房部材選定を行う。
MAIL:omiya.shota@best-parts.jp
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP
LINE it!