給排気筒の芯ズレ施工にはエルボ返しが便利です

φ100排気筒フレキ管の芯ずれ最大許容範囲を教えてほしい」との質問をいただきました。フレキ管にはビード山があり曲がりそうに見えますが、手曲げでは小さなずれを吸収する程度にしか曲げられません。また、無理に曲げようとすると両端が変形して真円が崩れ接続ができなくなる恐れもあります。

ベストパーツオンラインショップ

大きい芯ずれはエルボ返しが便利です。

シングル管(2本管)のエルボ返し寸法

フレキ管では僅かにしか曲げられませんが、エルボ返しならしっかり障害物を避ける配管が可能です。なお、なお、公差のあるエルボ同士を接続するエルボ返しですので、後述する寸法は参考値とご理解ください

φ100SEPのエルボ返し寸法

φ100SEPの90°エルボ(品番:SEP10E)をエルボ返しした場合の芯々寸法は約255mmも取ることができます。また、45°エルボ(品番:SEP10E4)であれば芯々寸法は約101mmです。

φ80SEPのエルボ返し寸法

Φ80SEPの90°エルボ(品番:SEP8E)をエルボ返しした場合の芯々寸法は約220mmも取ることができます。また、45°エルボ(品番:SEP8E4)であれば芯々寸法は約89mmです。

 

φ60SKPのエルボ返し寸法

φ60SEPの90°エルボ(品番:SKP6E)をエルボ返しした場合の芯々寸法は約180 mmも取ることができます。また、45°エルボ(品番:SKP6E4)であれば芯々寸法は約78mmです。

2重管のエルボ返し寸法

そもそも2重管はフレキ管がありません。その代わりエルボのラインナップは、90°エルボ、45°エルボ、30°エルボと豊富ですからエルボ返しを使わない手はありません。

2重管φ120☓φ80のエルボ返し寸法

2重管φ120☓φ80の場合、90°エルボ(品番:W18E)をエルボ返しした場合の芯々寸法は約300 mm、45°エルボ(品番:W18E4)で140mm、30°エルボ(品番:W18E3)で80mm、それぞれ芯をずらすことができます。

 

二重管φ110☓φ75のエルボ返し寸法

二重管φ110☓φ75には、90°エルボ(品番:W17E)をエルボ返しした場合の芯々寸法は約270 mm、45°エルボ(品番:W17E4)で110mm、30°エルボ(品番:W17E3)で60mm、それぞれ芯をずらすことができます。

まとめ

給排気筒のフレキ管は手曲げでは微妙にしか曲がりません。延長線上にある障害物を交わすために大きく芯をずらしたい現場には、エルボ返し工法が便利です。一度お試しください。

ベストパーツオンラインショップ

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP
LINE it!