トイレの水が止まらない!ピンチを覆すアフター部品

「トイレの水が止まらない」という相談を受けたことはございませんか?緊急性は低いもののユーザーにとっては気になって仕方がないトラブルです。本稿では、そのトラブル原因と対策についてご説明していきます。

便器メーカーのせいでアフター部品が多すぎる!だからトイレのトラブルは外注していた。

現在、国内の洋風便器市場はウォシュレット一体型が増えてきています。このタイプのアフターサービスはメーカーがユーザー登録を促し直接アフターサービスを請負い機器交換まで取り込むスキームを確立しつつあり手出しはできません。

しかし、ロータンク式便器のアフターサービスは自由競争です。最近は水栓部品メーカーから、便器のメーカーや品番に関わらず共通で使えるアフター部品が続々と発売されているため、トイレのトラブル対応のハードルは相当低くなりました。

水栓便器のタンクは4種類ある

水栓便器のタンクは大きく分けて4つの種類があります。和式に多い「スミ付形」、一般家庭の洋式に多い「密結型」、古い住居に多い「ハイタンク」、タンク一体型などに用いられる「下給水」です。

本稿ではその中でも普及率が高いスミ付形と密結形の、いわゆるロータンクと呼ばれるタンクのトラブル解決にフォーカスします。

タンクの仕組み

ゴムフロートの浮沈でコントロールする洗浄水

ロータンク形のトラブル原因を発見するプロセス

止水栓を閉めたら便器内に流れる水が止まった場合はボールタップを疑う

止水栓を閉めたら便器内に流れる水が止まった場合は、ボールタップのサビや損傷による動作不良、ボールタップ内のパッキン摩耗による止水不良、ポリ玉の破損によるフロート位置のズレ、サオの破損によるフロート位置のズレが考えられます。

その際、以前は個々の部品を取り寄せ交換していましたが、樹脂化が進み部品単価が大幅に低下した今日ではボールタップ丸ごと新しいものに交換する方が施工業者とユーザーの双方にとってメリットがあります。特に、便器メーカー問わずほとんどのロータンクに取り付けられる「万能マルチボールタップ(品番:V56-5X-13)」はオススメです。

従来品では取付できない薄型タンクや防露タンクにもこれ一つ!!「万能マルチボールタップ(品番:V56-5X-13)」は1個から当日出荷します。

止水栓を閉めても便器に水が流れ続けるならゴムフロートとサイフォン管を疑う

止水栓を閉めても水が止まらない場合、ゴムフロートの摩耗や破損による止水不良、またはサイフォン管の損傷による漏水が考えられます。

ゴムフロートは3品番あれば事足りる

まず、ゴムフロートは「ロータンクゴムフロート(品番:PH84-92X)」があればタンク排水口サイズ(32、38、51)を気にすることなく兼用できます。

TOTOをはじめとしたほとんどのメーカーのロータンクに適合する「ロータンクゴムフロート(品番:PH84-92X)」は1個から当日出荷します。

ここで注意!!LIXIL(旧INAX)だけはゴムフロートの形状がまるで異なります。

LIXIL(旧INAX)だけは、球体ゴムフロートの外周で止水する独自設計なので前述のフタ形状の「ロータンクゴムフロート(品番:PH84-92X)」が使えません!別途、32と38を兼用する「ロータンクゴムフロート(品番:PH84-91X)」と51サイズ用の「ロータンクゴムフロート(品番:PH84-93X)」の2種類から選択してください。

LIXIL(INAX)の密結51㎜用ロータンクゴムフロート 品番:PH84-93X 1個から当日出荷します。

LIXIL(INAX)の呼び32/38用です。隅付ロータンクに適合します。品番:PH84-91X 1個から当日出荷します。

サイフォン管はメーカー問わず4種類

サイフォン管は、密結形用38㎜と51㎜の2種類、スミ付形用32㎜と38㎜の2種類の合計4種類でカバーできます。タンク排水口のサイズに合わせて選定してください。

密結用ロータンクサイフォン 38㎜用と51㎜用があります。

隅付用ロータンクサイフォン。32㎜用と38㎜用があります。

レバーを動かしても水が出ない場合は部品は使わないかも

レバーを動かしても水がでない場合もまずは止水栓を止めるところから始めます。予測される原因は、便器に水が出ない場合はゴムフロートのクサリの外れによる動作不良、手洗い器から水が出ない場合は吐水ノズルの詰まりか連結ホースの外れです。ほとんどの場合部品を使わず補修だけで終わってしまいますが、「先日見てもらったのにすぐトラブルが出た」なんてことにならないよう、お客様の理解が得られれば「万能マルチボールタップ(品番:V56-5X-13)」に交換してください。

レバーが作動しない場合は2種類から選ぶ

レバーが動かなくなってしまった場合は、レバーのサビや破損が考えられますので迷わず交換してください。レバーには、密結用の軸が長い「ロータンクレバー(品番:PH84-12XL)」と隅付用の軸が短い「ロータンクレバー(品番:PH84-12X)」の2種類からお選びください。止水の微調整はゴムフロートのクサリで行います。

ロータンク内に入る部分(軸)の長さが76㎜の隅付用レバー 品番PH84-12X 1個から当日出荷します。

ロータンク内に入る部分(軸)の長さが185㎜の密結用レバー 品番PH84-12XL 1個から当日出荷します。

まとめ

お客様からトイレの水が止まらないという相談を受けた場合、まずは止水栓を止めることから始めてください。それでも水が止まらない場合は、ゴムフロートとサイフォン管の交換が必要です。止水栓を止めて水が止まった場合は、ボールタップを交換してください。特に「万能マルチボールタップ(品番:V56-5X-13)」がその名通り万能でオススメです。

レバーを動かしても水が出ない場合は、ボールタップのクサリの外れや連結ホースの外れなど調整で済む場合もありますが、「万能マルチボールタップ(品番:V56-5X-13)」に交換した方が無難です。メーカー問わず共通化された汎用部材が増え、材料費も安価で作業自体も比較的簡単ですので、自社ユーザー様の為に是非ともチャレンジしてみてはいかがですか?

ベストなパーツでは、施工業者様の住宅設備部材に関する小さな疑問やお困りごとの解決のお手伝いをさせていただきます。

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.
Katsuhito Sasaki

Katsuhito Sasaki

2001年ベストパーツ株式会社(旧東北綜合器材株式会社)入社。2002年より営業職。分類は設置固定を担当。1976年生まれ。
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP
LINE it!