屋外用に最適!未来工業の耐候性樹脂製プールボックス

プールボックスは、電線の延長や分岐に欠かせないアイテムです。主に金属製と樹脂製のものがあり、屋外では耐候性の高いステンレス製が一般的です。しかし、ステンレス製はコストと加工の面で課題があります。そこで、この記事では耐候性と耐衝撃性に優れた未来工業の樹脂製「プールボックス」を紹介します。

屋外でも安心の高耐候性+耐衝撃性

「プールボックス」は高耐候性と耐衝撃性を備えたPVC樹脂を使用しているため、屋外環境でも安心して使用できます。

図1:屋外での使用例。設置後約10年経過するが、目立つ劣化は見られない。

電線管も耐候性なので配管も安心

未来工業のVE管はスーパーキセノン放射試験で約1500時間放射後も変色が少ないことが証明されています。豊富なカラーバリエーションにより、外壁に合わせた配線が可能です。また、耐候性に優れた複層管「ミラフレキMF」を用いたPF管での配線も選択でき、直線配線にはVE管、コストと施工性を重視する場合にはPF管が適しています。

樹脂製だから加工も容易

樹脂製のため、ノック穴の開口作業が容易です。穴あけ位置をマーキングし、バイメタルホールソーを使って開けた穴には、PF管コネクタ2号コネクタを簡単に取り付けることができます

プールボックスのラインナップ

プールボックス

これはスタンダードタイプのプールボックスです。防水設計ではないため、屋内や雨の当たらない軒下など、湿気の少ない場所での使用が適しています。

「プールボックス」は1個から出荷可能です!

品番
縦(㎜)
横(㎜)
深さ(㎜)
基準価格
ベージュ ミルキーホワイト
PVP-1007J PVP-1007M 100 100 75 ¥990
PVP-1010J PVP-1010M 100 ¥1,060
PVP-1507J PVP-1507M 150 150 75 ¥1,380
PVP-1510J PVP-1510M 100 ¥1,440
PVP-1515J PVP-1515M 150 ¥2,430
PVP-2007J PVP-2007M 200 200 75 ¥1,990
PVP-2010J PVP-2010M 100 ¥2,080
PVP-2015J PVP-2015M 150 ¥3,140
PVP-2020J PVP-2020M 200 ¥4,480

※桃アミカケは当日出荷、青アミカケは取寄せ出荷となります。

プールボックス(平蓋)

このプールボックスは平蓋仕様で、防水パッキンが付属しています。一般的には、屋内用に平蓋、屋外用にカブセ蓋というイメージがありますが、防水パッキンのおかげで屋外でも使用可能です。また、カブセ蓋仕様と比較してコストが低いため、予算を考慮する際には平蓋仕様も選択肢の一つです。

「プールボックス(平蓋)」は1個から翌々日出荷です!

品番
縦(㎜)
横(㎜)
深さ(㎜)
基準価格
ベージュ ミルキーホワイト
PVP-1007AJ PVP-1007AM 100 100 75 ¥1,380
PVP-1010AJ PVP-1010AM 100 ¥1,420
PVP-1507AJ PVP-1507AM 150 150 75 ¥1,690
PVP-1510AJ PVP-1510AM 100 ¥1,750
PVP-1515AJ PVP-1515AM 150 ¥2,580
PVP-2007AJ PVP-2007AM 200 200 75 ¥2,260
PVP-2010AJ PVP-2010AM 100 ¥2,320
PVP-2015AJ PVP-2015AM 150 ¥3,280
PVP-2020AJ PVP-2020AM 200 ¥4,580

プールボックス(カブセ蓋)

カブセ蓋仕様のプールボックスは、防水パッキン付きで、防水性に非常に優れています。カブセ蓋と防水パッキンの組み合わせにより、パッキンが屋外に露出せず、長期にわたる劣化の心配がありません。当社が取り扱うプールボックスの中で最も防水性に優れたモデルです。

「プールボックス(カブセ蓋)」は1個から出荷可能です!

品番
縦(㎜)
横(㎜)
深さ(㎜)
基準価格
ベージュ ミルキーホワイト
PVP-1007BJ PVP-1007BM 100 100 75 ¥2,340
PVP-1010BJ PVP-1010BM 100 ¥2,420
PVP-1507BJ PVP-1507BM 150 150 75 ¥3,080
PVP-1510BJ PVP-1510BM 100 ¥3,250
PVP-1515BJ PVP-1515BM 150 ¥4,410
PVP-2007BJ PVP-2007BM 200 200 75 ¥4,870
PVP-2010BJ PVP-2010BM 100 ¥4,900
PVP-2015BJ PVP-2015BM 150 ¥5,600
PVP-2020BJ PVP-2020BM 200 ¥7,800

※桃アミカケは当日出荷、青アミカケは取寄せ出荷となります。

内部に水が溜まらないように底部に水抜き穴をあけるのがべスト

屋外に設置する際は、防水仕様のプールボックスを選ぶことが重要です。加えて、底部に約5mm径の水抜き穴を設けることをお勧めします。この穴があることで、プールボックス内に水が滞留しにくくなり、漏電のリスクを低減できます。

まとめ

未来工業の樹脂製「プールボックス」は、耐候性と耐衝撃性を備え、屋外での使用にも安心です。電線管も耐候性が高く、直線配線にはVE管、コストと施工性を重視する場合にはPF管(ミラフレキMF)が適しています。屋外設置の際は、防水仕様の選定が重要です。さらに、底部に約5mmの水抜き穴を設けることで、水の滞留や漏電のリスクを減らすことができます。加工にはバイメタルホールソーの使用を推奨します。

ベストパーツオンラインショップ

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.
佐々木瞭

佐々木瞭

1994年生まれ。2016年ベストパーツ株式会社入社。
2018年より営業部に所属し、分類は配線器具・設置固定を担当しています。
皆さまのお困りごとを解決させて頂きます。
お気軽にご質問ください。
PAGE TOP
LINE it!
MAIN MENU SUB MENU