ワンタッチ接続なのに同軸ケーブルが回転しない【イージーコネクタ】

同軸ケーブルをテレビや受信機器に接続する4K8K対応のF型コネクタ。これまでは、かしめ用リングをペンチで圧着している方が多いと思いますが、「同軸ケーブル用イージーコネクタ」を使えばプラグを強く押し込むだけなので作業時間を短縮できます。しかも、かしめタイプと同じようにケーブルの回転を防止する機構も搭載されています。

※この記事は2020年4月20日に公開した記事ですが、修正を加え2022年11月29日に再度公開しました。

ワンタッチ接続で確実な施工性を実現

従来、F型コネクタの接栓をする際は、同軸ケーブルの先端を加工してからかしめ用リングを挿入し、ペンチで圧着して施工完了となります。ですが、稀にかしめ用リングを入れ忘れてしまい、ケーブルの再加工が必要になる場合があります。職人の手が十分に確保できた時代は、手のかかる(時間のかかる)施工方法を用いても現場をこなすことができましたが、現在はいかに短時間で不備なく現場を引き渡すかがポイントです。「同軸ケーブル用イージーコネクタ」は、かしめ用リングの圧着の作業をなくして、差し込むだけのワンタッチ接続なのでケーブルの再加工が必要になることはありません。

抜け止めリング付きだからできるワンタッチ接続

現在様々な業界でワンタッチ継手の普及が進んでいます。その中で熟練者の皆様が口をそろえて不安に思うことは、本当に抜けないのかという心配です。「同軸ケーブル用イージーコネクタ」は、差込口に抜け防止のリングがついており、1度差し込んだら抜けない構造になっております。よって、差し込んだ後のやり直し及び再利用はできません。

図1:抜け防止リング付きで1度差し込んだら抜けない構造になっています。

ケーブル回転防止付きで供回りを防止

F型コネクタはねじ込み式のテレビ側の端子や分配器、壁面のテレビ端子と接続します。ナットを回したときにケーブルが供回りしないように、コネクタの内側に3ヶ所リブがついています。機器への接続も従来のコネクタ同様に行うことが可能です。

保護キャップ付きで安全対策もバッチリ

F型コネクタは先端から同軸ケーブルの芯線を2㎜程出して施工します。同軸ケーブルをぐっと押し込むだけのワンタッチで接続できる「同軸ケーブル用イージーコネクタ」ですが、差し込んだ際に手のひらに芯線が刺さってケガをする恐れがありますので、安全対策として保護キャップがついております。保護キャップを装着することで強く押し込んでも安心して施工ができます。

図2:付属の保護キャップを使用することで芯線が刺さる心配はありません。

図3:コネクタの先端から同軸ケーブルの芯線が2㎜出るようケーブルを加工してください。

差し込むだけの「同軸ケーブル用イージーコネクタ」

「同軸ケーブル用イージーコネクタ (品番:EZFP5)」は1個から当日出荷です。

「同軸ケーブル用イージーコネクタ」は、かしめ用リングが不要で差し込むだけのカンタン取付です。コネクタの差し込み部分には、抜け防止のツメが付いているのでかしめ用リングを圧着しなくてもケーブルが抜けることはありません。また、芯線でケガをしないように保護キャップがついておりますので安全性も抜群です。

品 番 対応ケーブル 基準価格
EZFP5 5C同軸 ¥180

まとめ

F型コネクタの接栓をする際、かしめ用リングを入れ忘れてしまいケーブルの再加工が必要になる場合が稀にあります。その点、かしめ用リングが要らないワンタッチ接続の「同軸ケーブル用イージーコネクタ」なら、確実に一発で施工が完了します。コネクタ内部には供回り防止のリブが装備されていますので、機器へもしっかり接続できます。さらに嬉しいのが製品価格!施工時間を短縮できるワンタッチ接続にもかかわらず、従来型のF型コネクタと価格が同じです。確実な施工性と施工時間の短縮を兼ね備えたこの「同軸ケーブル用イージーコネクタ」を是非この機会にお試しください。

ベストパーツオンラインショップ

  • シェア
  • twitter
PAGE TOP
LINE it!
MAIN MENU SUB MENU