F型コネクタもワンタッチ接続が可能になりました。

従来、F型コネクタにはかしめ用リングが付属しており、最後にかしめリングを圧着することで施工が完了します。しかし、若い世代の施工者が増えている中で、かしめリングを入れ忘れてしまった、、とケーブルの加工が終わった後に気づいてやり直し、、という声も少なくありません。ケーブルの先端部加工も繊細な作業ですから、何度もやり直すのは、体力的にも精神的にも大変なことだろうと思います。そこで今回は、かしめ用リングが不要でワンタッチ接続できるF型コネクタを紹介したいと思います。ベストパーツオンラインショップ

同軸ケーブルとは

正式名称は「発泡ポリエチレン絶縁ビニルシース同軸ケーブル」と言われる、電気を通して映像などの情報を伝達する通信用ケーブルです。身近なものですとTVや監視カメラなどに使われています。

同軸ケーブルの規格は「日本工業規格(JIS規格)」によって規定が定められています。その為品番には、ケーブルの性能や特性が示されています。べストパーツOnlineで販売しているS-5C-FBを例に挙げて説明します。

S 5 C F B

①対応周波数

  • S:BS/CS(2600Hz)に対応
  • 無表記:BS/CS対応なし

②ケーブルの太さ

  • 5:直径約7.7mm 一戸建てのアンテナ~コンセントに使用します。
  • 7:直径約10mm ビル、マンション、集合住宅等の共用配線部に使用します。

③インピーダンス

  • C:75Ω=テレビ用
  • D:50Ω=無線用

④絶縁体の種類

  • F:発泡ポリエチレン
  • 2:ポリエチレン

⑤編線組の種類

  • B:アルミ箔テープ付き銅編線組
  • V:編線組一重
  • W:編線組二重
  • T:編線組三重

つまり、S-5C-FBはBS/CS対応でケーブルの直径が約7.7mm、インピーダンスが75Ω、絶縁体は発泡ポリエチレン、編線組はアルミ箔テープ付き同編線組でできているケーブルということが分かります。

この品番の意味が分かっていれば、商品の選定がラクになるのではないでしょうか?

PFS管

今まではかしめ方式が主流だった

さて、話が少しそれましたが同軸ケーブルの接続方法に話を戻します。

同軸ケーブル用F型コネクタ FP-5

冒頭でも説明した通り、右側のかしめ用リングを同軸ケーブルに挿入してから、先端部の加工を行い、最後にペンチで圧着することでF型コネクタの接続は完了します。

これからはワンタッチ接続で施工時間を短縮しよう!

 

同軸ケーブル用イージーコネクタ EZFP5

このF型コネクタは、従来のかしめ用リングが不要で、差し込むだけのワンタッチ作業で接続が完了します。コネクタの差し込み部分には、抜け防止のツメが付いているのでかしめ用リングで圧着しなくてもケーブルが抜けることはありません。また、芯線でケガをしないように保護キャップがついており安全性も抜群です。

そしてなんと!この施工時間の短縮を実現したイージーコネクタですが、従来のF型コネクタと価格が同じです!施工時間の短縮と価格メリットを兼ね備えたこのイージーコネクタを使わない理由がありません!

まとめ

従来のかしめ方式も熟練の皆様であれば、なんてことない作業なのかもしれませんが、イージーコネクタを使ってもっとラクに確実な施工を行い、身体と時間に余裕をもってたくさんの現場をこなせるようになるのではないでしょうか?是非一度、べストパーツOnlineを覗いてみてください。

ベストパーツオンラインショップ

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.
佐々木瞭

佐々木瞭

1994年生まれで、2016年ベストパーツ株式会社入社。
2018年より営業部に所属し、分類は配線器具を担当しています。
皆さまのお困りごとを解決させて頂きます。
お気軽にご質問ください。
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP
LINE it!