やわらかい空調ダクトを傷つけず、扁平させない吊バンド

空調・換気に用いられる「断熱ダクト」や「グラスフレキダクト」などは、断熱性がよく、軽量で可とう性に優れている製品です。ところが、その特徴ゆえに、支持材との接点でダクトがつぶれて扁平になってしまうケースが増えています。

やわらかい空調ダクトを傷つけず扁平させない吊バンド

当然ですが、扁平になると設計時の期待風量が確保されず、空調・換気装置の性能を100%発揮できません。また、ダクト外装材は、薄いアルミフィルムの場合が多く、ちょっとしたことで傷が付き破れる事があります。破れると断熱性能が低下し、最悪の場合はグラスウールが飛散する事もあります。そこで、にわかに注目を集めているのが、やわらかい空調ダクトを傷つけず、扁平させない各種吊バンドです。

軽量な樹脂製だからできる幅広の吊バンド

吊バンド(樹脂) DTB-30B

見た目は従来の金属製巻きバンドが樹脂になった程度だと思っていた人も多いでしょう。ところが、「吊バンド(樹脂) シリーズは、進化した〝幅が広い吊バンド″といえます。金属製の場合は幅10mmと24mmしかないところを、幅30mmと50mmにしてダクトとの接地面積を倍以上に広げてつぶれを抑制しています。従来の吊バンド(金属製)と同様に、長尺のバンドを必要な長さにカットして施工するロスを極力削減できる良さはそのままに、しかし樹脂製なのでとても軽く作業性は格段に向上しています。また、品質面でも、吊バンドは腐食の恐れがなく、ダクトの外層に傷をつける確率も非常に低減されています。

さらに進化した〝面で受ける断熱材保護プレート″

断熱材保護プレート TB-HG

下図のように吊バンド(タン付)と併せて使用します。幅広のプレートが接地面積を広くしダクトのつぶれを抑制します。冷媒管の断熱材保護プレートとしても使用されています。大(品番:TB-HGL)の製品幅が200mmで100Aから125Aの吊バンドに対応し、小(品番:TB-HG)の幅は80mmで50A~90Aの吊バンドに対応しています。小(品番:TB-HG)は、2枚使いすることで100A~125Aの吊バンドにも対応します。ちなみに大は2枚使いができません。

グラスフレキ専用吊バンド

グラスフレキダクト専用吊バンド TB100-S

「グラスフレキダクト専用吊バンド」は、バンド幅が100mmととても広く、ダクトがつぶれにくい設計です。さらに金属製でありながら端面に保護テープを付けることでグラスフレキダクトの外装材に傷がつくことを防止します。ラインナップは品番:TB100-Sはφ100用品番:TB150-Sはφ150用品番:TB200-Sはφ200用と3サイズを当日出荷で在庫しております。

吊金具(品番:TB-K)はグラスフレキダクト専用です。

グラスフレキダクト専用吊バンド(品番:TB○○-S)のための専用吊金具です。グラスフレキダクト用としての設計の為、スパイラルダクト等には使用できませんのでご注意ください。

まとめ

グラスウール製ダクトの標準施工要領では、横走り円形ダクトの支持ピッチは最大2000mm以下とされています。断熱ダクト・グラスフレキダクトの施工には標準施工要領を遵守することは勿論ですが、今回ご紹介した部材を選定することで長期にわたり安心な施工ができます。

ベストパーツオンラインショップ

  • シェア
  • twitter
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP
LINE it!