「見苦しい冷媒配管」を無くすスリムダクトSD浮かし工法システム

スリムダクトSDに新たなパーツが追加発売されました!従来は外壁面に密着させて冷媒配管を化粧するタイプでしたが、この度追加発売されたパーツ群は、外壁面から浮かせて施工するタイプです。外壁面の段差をかわしてスリムダクトSDの直管だけで室外機まで持っていけるので、スッキリとした美観になります。

連成計

進化するスリムダクトSDを使い倒せ!

スリムダクトSDに新たなパーツ追加発売され、いよいよ低層マンションや一般住宅でも浮かし工法が可能になりました。その一つ前の浮かし工法「スリムダクトPD」は、非住宅を中心に多くの現場に導入されています。浮かし工法にはどのようなメリットがあるのでしょうか?

意匠性が格段に向上する

エアコン配管用ダクトといえばスリムダクトSD。敢えて余計な主張はしないので、住宅の裏で目につかない壁面に多く設置されています。しかし、エアコンをすべての部屋に設置する今、住宅の表側にも冷媒配管をする必要に迫られる現場が増えています。

新たなパーツを追加!

スリムダクトSDに、新たに追加された「浮かし工法システム用パーツ」を使えば、冷媒配管と外壁の縁を切り、自立させることができるので、見苦しいエルボを使わずスリムダクトSDのラインをスッキリと見せることができます。

 

追加された浮かし工法システム用パーツの仕様

浮かしウォールコーナー(品番:SWU-77/IV)

「浮かしウォールコーナー(品番:SWU-77/IV)」を使用すれば、外壁面から35㎜浮かせることができます。

取り出し部をスマートに収める「浮かしウォールコーナー(品番:SWU-77/IV)」は、エアコン用ダクトカバーの古典とも言えるウォールカバーを究極まで洗練させたデザイン。壁からの離隔35mmを取ることにより、継手の数量削減や施工工数の低減にもつながります。

主張しない慎ましさという不変のスタイルを継承しつつ、浮かし工法に対応する「浮かしウォールコーナー(品番:SWU-77/IV)」

SWU用スペーサー(品番:SWUS-77/IV)

「SWU用スペーサー(品番:SWUS-77/IV)」は、壁面と「浮かしウォールコーナー(品番:SWU-77)」の間に取り付けて高さを調整するスペーサーです。その厚みは:5mmで、重ねて使うことができます。

新築の場合、下地から外壁までの厚みは計算されておりますが、雨どい同様に現場での微調整は必要になります。横引き配管がない「浮かしウォールコーナー(品番:SWU-77/IV)」の場合は、「SWU用スペーサー(品番:SWUS-77/IV)」を使って外壁との離隔を調整してください。厚さは5㎜ですので、SWUに1枚使えば合計40㎜、2枚で45㎜外壁面から浮かせることができます。

「ダクト架台(品番:SDUD-77/IV)」

「ダクト架台(品番:SDUD-77/IV)」を「スリムダクトSD(品番:SD-77/IV)」と壁面との間に使用すれば、壁面から35mm浮かせることができます。

シンプルな美しさが特長の「SDスリムダクト(品番:SD-77/IV)」のラインをスッキリと見せるため存在を感じさせない一体感がある「ダクト架台(品番:SDUD-77/IV)」。これ自体はごついですが、ダクトの前面に見えるのは「カバー外れ防止金具(品番:SDUO-77/IV)」だけですからご安心ください。

「ダクト架台(品番:SDUD-77/IV)」は、ベースはガッチリ固定することを重視した設計ですが、見える部分は存在を感じさせないスリムなフォルムの「カバー外れ防止金具(品番:SDUO-77/IV)」を用いるので一体感が生まれます。

施工方法は、以下の手順です。

  1. 外壁に「ダクト架台(品番:SDUD-77/IV)」の脚部をビス固定
  2. 切断した「スリムダクトSD(品番:SD-77/IV)」のベース板をダクト架台に仮組み
  3. 溶融亜鉛メッキ鋼板製の内側補強金具を「スリムダクトSD(品番:SD-77/IV)」のベース板内側にはめ込む
  4. 「スリムダクト用配管固定サドル(品番:SL-300)」のSLベースと一緒にビス固定
  5. ダクト架台の差し込みガイドに「カバー外れ防止金具(品番:SDUO-77/IV)」を挿入

「カバー外れ防止金具(品番:SDUO-77/IV)」

「ダクト架台(品番:SDUD-77)」と一緒に使用し、SDダクトのはずれを防止します

「ダクト架台(品番:SDUD-77/IV)」の施工方法6で使う「カバー外れ防止金具(品番:SDUO-77/IV)」は、ダクトのはずれを防止します。「ダクト架台(品番:SDUD)」の差し込みガイドに挿入するだけのワンタッチ取付けで、爪を押し込むことにより取り外しも可能です。意匠面では細くてシンプルなデザイン、互いにシンクロするカラーが控えめで統一感のあるトータルコーディネートが可能なものの、質感の違いが残念でなりません。

「架台スペーサー(品番:SDUS-77/IV)」

「架台スペーサー(品番:SDUS-77/IV)」は、「ダクト架台(品番:SDUD-77)」又は「パーツ架台(品番:SDUP-77/IV)」と壁面の間に使用して高さを調整します。

「ダクト架台(品番:SDUD-77/IV)」又は「パーツ架台(品番:SDUP-77/IV)」と壁面の間に使用して壁からの離隔距離を調整してください。厚さは5㎜で重ねて使用することができます。

「パーツ架台(品番:SDUP-77/IV)」

パーツ架台はその名の通り、SDシリーズの各継手と壁面との間に使用します。

「SD端末カバー(品番:SE-77/IV)」などのパーツと「パーツ架台(品番:SDUP-77/IV)」はビスで固定します。高さ調整が必要な時は、前述の「架台スペーサー(品番:SDUS-77/IV)」を壁面の間に使用して壁からの離隔距離を調整してください。

既存住宅にエアコンを追加設置する際も便利

スラブ付近に乗り越えなければならない凹凸がある場合、従来工法では、下図のようにフリーコーナー段差継手を使用して、段差に沿ってダクトの中の冷媒配管を曲げ加工する必要がありました。

冷媒配管の曲げに追随できる豊富なアイテムが自慢のスリムダクトSDですが、エントランスなどの人目につくところでは意匠的に引っかかるものがありました。

でも、浮かし工法なら、段差部を曲げることなく一直線に室外機まで持っていけます。冷媒管の曲げ加工も不要なので施工時間を短くすることができます。

元々は難度の高い冷媒配管の引き回しを、充実したアイテムで容易にしてきたスリムダクトSDですが、このように浮かし工法システム用パーツを使えばシャープなラインを演出します。

まとめ

SDスリムダクトに新たなパーツが追加発売され、従来の工法に加えて浮かし工法が増えたことにより、非住宅のみならず、低層マンションや一般住宅で浮かし工法を選択できるようになりました。裏側の人目につかない外壁には従来工法で十分ですが、どうしても表側に配管しなければならない場合は外壁から縁を切り自立した配管をしたいものです。境界線ギリギリという環境には不向きですが、土地に余裕があれば、是非一度使ってみてください。

  • シェア
  • twitter
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP
LINE it!