ドレンホースの末端に取付けるだけで跳ね上がりを防止するキャップ

ドレンパイプとは違い、ドレンホースだと末端がくるんと跳ね上がり室外機周りの美観が損なわれます。樹脂原料に熱を加えて溶かしホース状に成形した後、数秒で1m以上というスピードで蛇腹に成形して自動で巻き取るドレンホースは、温かいまま巻き取るので巻き癖がつき、真っ直ぐにしたくても跳ね上がってしまうのです。

ドレンホースの末端をキレイに仕上げる

跳ね上がるドレンホースの末端を自重で抑える「跳ね上げ防止キャップ(品番:SDC-100)」。EPDMに金属を配合した本品は、見た目と異なりずっしり重く滑りにくく仕上がっています。

「跳ね上げ防止キャップ(品番:SDC-100)」

EPDMの滑りにくい材質に金属を配合し、重量を増して跳ね上げを防止します。また、屋内に虫や異物が入らない防虫効果を持たせるため、排水口を網目状にしました。取付方法はとてもカンタンで、ドレンホースφ14、φ16どちらであっても差し込むだけです。

重量があるので、設置ベースのすぐ隣まで持っていき、目立たなくすることもできます。

品番 適合ドレンホース 基準価格
SDC-100 φ14φ16 ¥265

まとめ

跳ね上がるドレンホースの末端を自重で抑える「跳ね上げ防止キャップ(品番:SDC-100)」。EPDMに金属を配合した本品は、見た目と異なりずっしり重く滑りにくいうえ、屋内に虫や異物が入らないよう排水口を網目状にしました。

ベストパーツオンラインショップ

 

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.
室橋尚哉

室橋尚哉

1989年ベストパーツ株式会社(旧東北綜合器材株式会社)入社。分類は空調換気を担当。1963年生まれ。
PAGE TOP
LINE it!
MAIN MENU SUB MENU