バランス釜のレベル調整に角ゴムとガタ止めゴムを使い分ける

公団の浴室リフォームでは、洗い場より下がっている浴槽部分にセメントを流し込むような工事は大掛かりすぎることもあり、特別な事情がない限り既設バランス釜の代替機種に交換することが一般的です。

※この記事は2019年8月5日に公開した記事ですが、校正し直し2022年8月29日に再度公開しました。

バランス釜入替の肝は接続パイプの勾配にあり

バランス釜で温められたお湯は、比重が軽くなり上に流れようとする力が働き自然循環します。そのため、接続パイプが上向き勾配になっていれば自然にお湯は浴槽に向かって流れますが、下向き勾配になっていると加熱された水が風呂釜の給湯口で滞留してしまいます。この滞留した水が風呂釜の内部で沸騰して釜鳴りや事故に発展する恐れがあるため、接続パイプの勾配調整は大切な工程です。ここからはバランス釜と浴槽のレベル調整に使われる「スペーサー」を3種類ご紹介します。

スタンダードな「角ゴム」

ほとんどの場合は厚みの違う天然ゴムの板をカットして、単独もしくは重ねてバランス釜または浴槽の足の下に敷いて高さ調整をします。ベストパーツオンラインでは、100㎜角にカットした加工の必要がない天然ゴム製の角ゴムを3サイズ(厚さ5㎜/10㎜/20㎜)ご用意しております。

「角ゴム」1枚から当日出荷です!

品 番 規格 基準価格
GSP101005 100×100×5mm厚 ¥180
GSP101010 100×100×10mm厚 ¥330
GSP101020 100×100×20mm厚 ¥590

差し込み深さで微調整ができる「ガタ止めゴム」

角ゴムが単純な平板なのに対してこの「ガタ止めゴム」は一面が斜めにカットされ、そこに細かいスリット(段)が入っています。そうする事で肉厚の薄い面をバランス釜の足下に横から差し込んで容易に高さ調整を可能にしています。また、スリットが滑り止め効果を発揮し、足がずれるリスクを軽減します。べストパーツオンラインではタイプが異なる2種類を当日出荷でご用意しています。

先端が細くて差し込みやすい「ガタ止めゴム(B-GSタイプ)」

先端が薄くて人気があるガタ止めゴム「B-GSタイプ」は大・中・小の3種類用意しています。 1枚より当日出荷です!

品 番 L H W T 基準価格
B-GSB 71.5 17 59 4.5 ¥300
B-GS 68 16 50 3 ¥200
B-GSS 64 14 30 2 ¥170

勾配が緩やかで重量がある浴槽に使いたい「ガタ止めゴム(B-GDタイプ)」

勾配が緩い「B-GDタイプ」は重量がある浴槽のレベル調整に最適。1枚から当日出荷です!

品 番 L H W T 基準価格
B-GD1 69 19 55 11 ¥280
B-GD2 68 13 55 7 ¥190
B-GD3 70 9 50 2 ¥160

まとめ

まだまだ機器入替え需要がある「バランス釜」などの自然循環式隣接風呂釜は、風呂釜から浴槽に向かう上り勾配が施工のポイントです。風呂釜の交換時期はゴム製スペーサーも劣化していますので必ず取り換えてください。その際、風呂釜と浴槽のレベル調整には「角ゴム」を、ガタつきを抑えるための微調整には「ガタ止めゴム」オススメいたします。

ベストパーツオンラインショップ

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.
佐々木瞭

佐々木瞭

1994年生まれ。2016年ベストパーツ株式会社入社。
2018年より営業部に所属し、分類は配線器具・設置固定を担当しています。
皆さまのお困りごとを解決させて頂きます。
お気軽にご質問ください。
PAGE TOP
LINE it!
MAIN MENU SUB MENU