給排気筒二重管に有効長「55㎜短管」が規格追加

排気筒工事において、接続の微調整に欠かせないのが短管です。従来の二重管のラインナップは有効長70、90,120㎜の3アイテムでしたが、有効長55㎜の規格が新たに追加されましたのでご紹介いたします。

ウォールトップと給湯器接続時の微調整に便利な「短管」

排気筒接続には、直管、スライド管、エルボ等と組み合わせて接続しますが、最終的に配管の微調整に必要になるのが短管です。二重管の構造は、機器からの排気を屋外に出す内管と、新鮮な空気を屋外より取り入れる外管の2重構造になっております。省スペースでの施工とトータルコストの削減が見込まれるのが二重管です。

給排気筒二重管φ120×φ80短管ラインナップ

φ120×φ80短管は1本から当日出荷です。

品 番 有効長 基準価格
W18L55 55mm ¥1,370
W18L70  70mm ¥1,370
W18L90 90mm ¥1,370
W18L120 120mm ¥1,370

給排気筒二重管φ110×φ75短管ラインナップ

φ110×φ75短管は1本から当日出荷です。

品 番 有効長 基準価格
W17L55 55mm ¥1,370
W17L70  70mm ¥1,370
W17L90 90mm ¥1,370
W17L120 120mm ¥1,370

まとめ

二重管短管に有効長55mmの「φ120×φ80 短管(品番:W18L55)「φ110×φ75 短管(品番:W17L55)」が新たに規格追加されました。排気筒工事の微調整に欠かせないのが短管になります。是非この機会にご使用いただければ幸いです。

ベストパーツオンラインショップ

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.
PAGE TOP
LINE it!
MAIN MENU SUB MENU