思い通りの場所にスライドボックスを設置できる「調節固定バー」

コンセントスイッチを増設する際、壁内に断熱材や造営材が入っている場合は、スライドボックスを設置します。その際、スライドボックスを間柱に固定しなければならない為、ユーザーが希望する位置にコンセントやスイッチを取付けることが難しい場合があります。本稿では、間柱から距離をとってスライドボックスを取付けられる調節固定バーをご紹介いたします。

※この記事は2020年4月11日に公開した記事ですが、校正し直し2021年4月8に再度公開しました。

PFD管

間柱から距離をとってスライドボックスを設置したい

はさみ金具を使用すれば間柱を気にせずコンセントを取付けることができますが、壁内に断熱材や構造材が入っている場合は、接触を防ぐ為にスライドボックスを使用しなければなりません。しかし、ほとんどのスライドボックスは間柱に固定する施工方法ですので、ユーザーの使い勝手の良い位置に取付けることができません。電化製品が普及している昨今、コンセントの位置や数はユーザーの満足度を高める大事なポイントですので、「調節固定バー(品番:KGP-○○○」を使用して、ユーザーの希望する位置にコンセントを設置しましょう。

間柱から離れていても思いのまま施工できる調節固定バー

調節固定バーにスライドボックスを固定し、間柱から距離をとります。

スライドボックス「調節固定バー(品番:KGP-○○○」に固定して、間柱から距離をとります。1cm間隔でメモリが付いていますので、ユーザーの希望する位置に合わせてスライドボックスを取付けてください。

片面を固定するだけのカンタン施工!

付属の両面テープで仮止めしてから、ビスで間柱に固定するだけのカンタン施工です。スライドボックスを調節固定バーに取付けるタッピングねじが2個付いていますので、別途ビスを用意する必要もありません。

間柱への取付位置は付属の専用ゲージを使えばラクラク!

スライドボックスの種類に合わせて取付位置をマーキングしてください。

使用するスライドボックスの種類に合わせて、間柱の端からゲージで取付位置をマーキングします。

PFS管

長さが足りないときは継ぎ足して延長できる!

KGP-130は継ぎ足すことでで長さを延長することが可能です。

「調節固定バー(品番:KGP-130)」では、間柱から150㎜まで距離をとることができますが、長さが足りない場合は、継ぎ足すことで延長することが可能です。なお、「調節固定バー(品番:KGP-188)」は、継ぎ足すことができませんのでご注意ください。

調節固定バーのラインナップ

「調節固定バー(品番:KGP-130)」は当日出荷です!

品 番 長さ 厚み 基準価格
KGP-130 55 150 30 ¥110
KGP-188 50 188 ¥170

まとめ

電化製品が普及している昨今、コンセントの位置や数はユーザーの満足度を高める大事なポイントです。スライドボックスの取付位置の都合で、ユーザーの希望を否むことのないよう「調節固定バー(品番:KGP-○○○」を使用して自由自在にスライドボックスを取付けましょう。

ベストパーツオンラインショップ

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.
佐々木瞭

佐々木瞭

1994年生まれ。2016年ベストパーツ株式会社入社。
2018年より営業部に所属し、分類は配線器具・設置固定を担当しています。
皆さまのお困りごとを解決させて頂きます。
お気軽にご質問ください。
PAGE TOP
LINE it!
MAIN MENU SUB MENU