洗面化粧台の不要な水栓取付穴をふさぎたい!オススメのカウンター化粧フタ

洗面化粧台の水栓シングルワンホール混合栓に交換することになりましたが、利用しない水栓穴をふさぐための良い部材はないでしょうか?」

今回はそんな現場で余っている水栓穴やポップアップ引棒穴をふさぐため際にオススメの「カウンター化粧フタ」をご紹介します!!

ベストパーツオンラインショップ

洗面化粧台における化粧プレートの使用箇所

 

洗面化粧台の水栓を交換する際、3つ穴から2つ穴のタイプに、2つ穴から1つ穴にといったように不要な穴が発生することがあります。

化粧カウンターや洗面器の不要になった水栓に関する穴をふさぐ際に使用するパーツが化粧プレートです。

化粧プレートの種類

最も安価な化粧プレート

手っ取り早く穴をふさぐだけなら化粧プレート穴無がオススメです。材質はステンレスと塩ビの2種類を在庫しております。

SUP-N30はのり付なので貼り付けるだけの省施工

このステンレスプレート(穴なし)は洗面器にはオススメできませんが、化粧カウンターの水がかかりにくい箇所であれば使えるパーツです。材質がステンレスですから、化粧カウンターというよりはキッチンカウンターの方が使う機会が多いと思います。

ビニプレート穴無のアイボリーものり付を在庫しています。

ビニプレート穴無ホワイトものり付を在庫しています

ビニプレート穴無(アイボリー)とビニプレート穴無(ホワイト)も洗面器にはオススメできませんが、化粧カウンターの水がかかりにくい箇所であれば使えるパーツです。材質はPVC(塩ビ)です。樹脂や人造大理石の化粧カウンターにマッチすると思います。

サイズは、ステンレスプレートがΦ30からΦ200、ビニプレートがΦ50からΦ200までを当日出荷でご用意しています。

オススメしたい「カウンター化粧ふた」

カウンター化粧フタは水がかりがあることを前提に設計されているため、化粧台の下への水の浸入を防ぎます。シロアリは濡れた木に集まりますから水回りの止水処理は重要です。

6149 カウンター化粧フタ

6149カウンター化粧フタの施工方法は、陶器やカウンターを上下からはさみ込み取付するだけ。対応する穴径は24~40mm、板厚は最大45mmまで対応しておりますので、一般的な化粧カウンターや洗面器の水栓取付穴をふさぐ事ができます。

既存のツーハンドル混合栓。この場合は3つの穴が開いてます。

ワンホールシングル混合栓に交換後、ハンドル部にカウンター化粧フタを取り付けました

材質は黄銅製でメッキ処理されているので腐食の心配はありません。色もシルバーに加えホワイトもありますので人造大理石にもぴったりです。

613-523 カウンター化粧フタ

ポップアップ用カウンター化粧フタも当日出荷

ポップアップ引棒がワンホールシングル混合栓と一体化されている場合、元々のポップアップの引き棒用の穴が残る場合があります。それをふさぐポップアップ用化粧フタも在庫しております。穴径は13~20mm、板厚は最大35mmまで対応しています。残念ながら色はシルバーのみです。

613-531 ポップアップ用カウンター化粧フタ

ポップアップ引棒を組みつけられるカウンター化粧フタ

このパーツはΦ23からΦ38までの穴をふさぐことができるカウンター化粧フタですが、ふたの中心部を取り外すとポップアップ引棒を通すことができるアイデアパーツです。取替える水栓金具がポップアップ一体型ではないというときに是非お使いください。

まとめ

水栓交換で不要な穴をふさぐなら、水の浸入を防ぎ、美観に優れた「カウンター化粧フタ」がベストなパーツです。

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.
高島秀樹

高島秀樹

資格取得:給水装置工事主任技術者
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP
LINE it!