ルームエアコン取付の救世主 フレア配管セット

これからの季節、いままでの気持ちのいい暖かさから、暑く不快な季節となり、エアコンを取り付ける機会も増えますよね。エアコンを多く取り付ける方は、20m巻のペア冷媒管50m巻きのドレンホース100m巻のFケーブル等を購入し、それぞれ現場の長さに合わせてカットして取り付けていると思いますが、これだけが、エアコン取り付けのベストな方法ではありません。今回ご紹介するフレア配管セットも部材選定の1つとしてご検討下さい。

フレア配管セットの同梱品

品番 冷媒管長 ドレンホース 難燃パテ 粘着テープ Fケーブル
SK-233D23 3m 3m 200g 5m 4.3m
SK-2335D23 3.5m 4.8m
SK-234D23 4m 4m 5.3m
SK-235D23 5m 5m 6.3m
SK-237D23 7m 8.3m
SK-2310D23 10m 11.3m

 

冷媒管

同梱している冷媒管は、JIS規格・日本銅センター・国土交通省仕様合致品ですので安心してどの現場にもお使いいただけます。

製品仕様はベストパーツオリジナル・冷媒管ペア:PP-23(6.35×9.52)と全く同じで、長さは3m~10mまで6機種ラインナップしています。

両端のフレア加工は、専用工場で機械加工していますので、現場でフレア加工する手間が省けるうえフレア加工の不具合に起因するガス漏れの心配はありません。

ガス漏れの心配がいらない機械加工されたフレア

粘着テープ

19mm幅x5mが1巻入っていますので、冷媒管、ドレンホース、Fケーブルを適所結束してください。

Fケーブル

同梱のFケーブル(2mmx3芯)の長さは、冷媒管長+1.3mと十分余裕の有る長さです。

仕上げ材は別途お買い求めください

フレア配管セットには、仕上げ部材が入っていません。テープ仕上げをする場合は、コーテープを、化粧カバーで仕上げる場合は、エアコンダクトを別途ご購入下さい。

又、現場をよりきれいに仕上げる場合は、余った冷媒管等を現場長に合わせカット、フレア加工しなおしてください。

フレア配管セットを使うメリット

・部材を揃える手間が省ける。

・作業時間を短縮できる。

・現場毎に部材代を管理できる。

・無駄な在庫を無くすことができる。

フレア配管セットを使うデメリット

・コストが高い

まとめ

フレア配管セットについては「メートルあたり単価を単純比較すると価格が高いと感じて使えなかった」とおっしゃる方も少なくありませんが、実はメリットがたくさんあります。エアコンを取り付ける回数が少ない方はもちろん、多くの台数を取り付ける方も、是非一度フレア配管セットで施工していただき、コスト・施工性等を含めトータルな評価をしてみてはいかがでしょうか。

  • シェア
  • twitter
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP
LINE it!