ややこしい給排気筒の抜け防止規格の解説

ガス給湯器の給排気筒は、過去にはガス消費機器による事故件数が最も多いとされる一酸化炭素中毒を未然に防ぐために欠かせない重要な部材でしたが、今ではそれ以外にもメリットがあります。

SEP方式のメリット総ざらい

耐食性が高く、自重、風圧、振動に十分耐え、凝縮水がたまりにくく、接続部が容易に外れないという特徴は、ガス事業法施行規則で定められており、ガス消費機器用の給排気筒のほとんどに備わっています。

それでは、業界最新モデルのSEP方式には他にどのようなメリットがあるのでしょうか?

溶接線の腐食を未然に防ぐSEP方式

「SUS304製の給排気筒が腐食してしまった」という事態は、何とか避けたいものです。そんな事態を未然に防ぐには、日頃からステンレスの溶接線を上に向けて酸性に傾く凝縮水に触れにくいよう施工するに限ります。

しかし、給排気筒を配管する現場は天井裏が多く、溶接線を目視で見つけるのは至難の業。「SEP方式」を使うと、誰でも溶接線を上にして施工できるようになるのです。

なぜなら、SEP方式の給排気筒の受口側に貼付されている通称「レッドライン」を上に向けて取り付けるだけで、ステンレスの溶接線が上にきてくれる仕様になっているからです。

メーカー純正品と同じロック機構

接続部が容易に外れないようにするロック機構には、SEP方式(綜合器材社)とNKP方式(東京ガスリビングエンジニアリング社)のグループ、SAP方式(ホクアイ社)の2種類あります。施工方法は、どちらも挿入するだけでロックがかかり、ロック解除する時は着脱ピンをスライドさせるだけと非常にカンタンで、リベットやストップリングを使いません。

注意したいのは、万が一事故が発生した場合には責任の所在を明らかにしなければならない点。その点においてガス機器メーカー純正品と同じロック機構であるSEP方式とNKP方式のグループは、十分施工検証され信頼度が高いロック機構といえます。

V型フッ素Oリングで水密性を確保

エコジョーズ化が進み、従来200℃あった排気温度が50℃に低下したため、排気の流速が落ち凝縮水が従来より多く発生しています。以前であれば「凝縮水がたまりにくい設計」でよかった給排気筒の凝縮水対策が、「凝縮水の漏水を防ぐ水密性」も要求仕様に含まれるようになってきました。

室内外の温度差が大きいため凝縮水の発生量が多いうえ、凍結の恐れもある寒冷地において高いシェアをもつSEP方式は、V形状のフッ素Oリングを採用して排気筒どおしの接続部の水密性を確保しているのです。

なお、ベストパーツでは、エコジョーズのラインナップがないΦ60の給排気筒には、T形状のフッ素Oリングを採用しているSKP方式(=NKP方式)をオススメしています。

 

 SEPの採用を検討しよう

大きく分けて市場調達品の採用には2つのパターンがあります。ガス消費機器から給排気トップまでの間をすべて市場調達の給排気筒を採用するほか、純正給排気筒で不足した延長部分にだけ採用する場合かで、気を付けるべき点が少し変わってきます。

市場調達できるSEP方式、NKP方式、SAP方式どれもが、ガス消費機器や給排気トップのストッパービード寸法やOリングビード寸法に合いますが、すべて市場調達する場合はガス消費機器メーカーや寒冷地の大手都市ガス会社などが施工検証しているSEP方式とNKP方式が安心して採用できます。

そのうえ、SEPは全品番1本から調達できるため、排気延長部分だけに採用する場合でも有効です。

まとめ

市場調達できる給排気筒のロック機構のうち、SEP方式とNKP方式はガス消費機器メーカーや寒冷地の大手都市ガス会社などの施工検証を受けている純正と同じ仕様です。中でもSEP方式は、寒冷地における凝縮水の漏水事故を防ぐためにOリングの形状を変更して水密性を向上しています。ぜひ、気密性が高くなっている新築住宅にはSEP方式の給排気筒をご採用ください。

ベストパーツオンラインショップ

 

 

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

RELATED- 関連記事 -

関連記事一覧

NEW ENTRY- 新着記事 -

新着記事一覧
PAGE TOP
LINE it!