加工しなくても隙間なく収まるステンレス製の「浴室化粧カバー」

自然循環方式の浴槽隣接設置タイプの風呂釜を屋外壁掛給湯器に入替えると浴室に開口ができます。その開口部を利用して追焚配管を貫通させる際、浴室内に虫や異物が侵入しないようにするためには隙間なく収める化粧板の現場加工が必要です。本稿では、貫通させる管種毎にご用意したステンレス製の「浴室化粧カバー」をご紹介します。

※この記事は2019年9月9日に公開、2020年9月3日に追記・校正して再度公開しましたが、新商品を追加して2021年7月16日に再度公開しました。

貫通させる配管に合わせた品揃え

開口サイズは現場毎さまざまで、貫通させる配管も多種に渡ります。現場でステンレス板などを加工をしてサイズを合わせることもできますが大変な作業です。しかし「化粧カバー」を使用すれば、現場加工しなくても既製品でピッタリ合うので施工時間が短縮できます。

十字型の開口でタテとヨコどちらでも取り付け可能

「化粧カバーML(開閉タイプ)(品番:ASPW-A)」は1枚から当日出荷です。

ハイブリッドホーススマートホースを、タテ・ヨコどちらでも取り付けができるように十字型の開口になっていますので、取付の自由度がアップしました。壁掛給湯器から近い位置に配管を通す場合「化粧カバーML(品番:ASPW-A)」の開口位置は、中心よりも給湯器側に開口がされているので隙間ができにくい工夫となっています。また、200×300のコンパクトサイズですので、美観を損ねずしっかりと化粧もできて丁度いいサイズ感が高評です。実際に使用している方からは「従来品と比べると使いやすさが格段に上がった」と評価をいただいています。

品番 厚み 材質 基準価格
NEW ASPW-A 0.3mm SUS430 ¥2,770

ダ円と円、どちらのサヤ管でも隙間を埋める

「化粧カバーS(セパレートタイプ)(品番:SKB300M)」は1枚から注文可能です。

ありそうでなかったブッシュ付きの「化粧カバー(品番:SKB300M)」「架橋ポリエチレン管10A(品番:SR-10)」用のサヤ管であれば、形状に合わせて同梱のゴム製ブッシュに切り込みを入れてからサヤ管を挿入して使いますので、サヤ管形状が「ダ円形」の「ダ円サヤ管入架橋ポリエチレン管(10Aペア)(品番:VO2-0710M)」でも、「円形」の「エクセルパイプコア(CD管付)(品番:CDW-10)」でも対応できます。

品番 適合サヤ管 厚み 材質 基準価格
SKB300M CD-30WVO2-7M 0.5mm SUS304 ¥1,950

一番多い15A追焚ホース用のダ円サヤ管には3サイズをご用意

「化粧カバー(セパレートタイプ)」は1枚から当日出荷です。

ハイブリッドホーススマートホース用の「ダ円サヤ管(15Aホース用)(品番:BJH-DS30)」を配管した後から、2つ割になっているステンレス板を取付けるタイプなので施工がカンタンです。サイズは、開口寸法別に300角には「化粧カバーL(品番:GT-L)」、200角には「化粧カバーM(品番:GT-M)」、150角には「化粧カバーS(品番:GT-S)」をご用意しています。

品番 適応サヤ管 A(mm) B(mm) 厚み 材質 基準価格
GT-S BJH-DS30 130 65 0.5mm SUS304 ¥1,320
GT-M 200 100 ¥1,690
GT-L 300 150 ¥1,920

循環パイプには往き戻りピッチがスライドする化粧カバーがオススメ

「外釜スライド板(品番:B-KB)」は1枚から当日出荷です。

最新の浴槽隣接設置の風呂釜に入替える場合、循環パイプの往き戻りピッチが異なることがあります。そんな時でも、循環パイプの戻り側が50mmスライドする「外釜スライド板(品番:B-KB)」は、ピッチが100~150mmの範囲をカバーします。

品番 適応循環パイプ径 スライド範囲 厚み 材質 基準価格
B-KB φ50 100~150mm 0.5mm SUS430 ¥1,670

まとめ

浴槽隣接設置の風呂釜を屋外壁掛式給湯器に入替える工事では、既存の開口部から追い焚き配管を通したうえで隙間なく埋め、虫や異物の侵入を防ぎます。しかし、現場でステンレス板を加工するのは大変ですから、加工済みの「浴室化粧カバー」を利用すると便利です。

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.
日高ダイヤ

日高ダイヤ

2018年ベストパーツ株式会社入社。
皆様のお困りごとを解決させていただきます。

RELATED- 関連記事 -

関連記事一覧

NEW ENTRY- 新着記事 -

新着記事一覧
PAGE TOP
LINE it!
MAIN MENU SUB MENU