冷媒管の被覆表面結露を断熱粘着テープで解消できる?

冷媒用被覆銅管に表面結露が現れたら、設置環境の露点に対して保温材の能力が不足しています。配管をやり直せない現場がほとんどだと思いますが、断熱粘着テープを使うのも手。まだ使ったことが無い方には、ぜひお試しいただきたい部材です。

連成計

なぜ保温材の表面が結露するの?

冷媒用被覆銅管から滲む水滴が天井面等を濡らしている現場を経験された方も少なからずいらっしゃると思います。もちろん、漏水ではありませんが、対策を打たなければ運転するたびに滴下が発生する厄介な現象です。

 

保温材の能力不足が原因

しかし、なぜ保温材の表面が結露するのでしょうか?冷媒用被覆銅管は冷房運転時に低温の冷媒が流れるため、配管表面の温度が低下します。一般的に冷媒管は厚さ8mmのポリエチレンフォーム等の保温材で被覆されていますが、高温多湿の環境下では保温材表面の温度も露点以下となってしまい表面結露が発生するのです。

冷媒用被覆銅管の露点グラフを確認しよう

液側Φ6.35×保温材厚8mmの一般的な2分3分「冷媒管ペアチューブ(品番:PP-23)」

下図は因幡電工の冷媒用被覆銅管φ6.35~φ12.7の防露性能グラフです。例えば、液側がφ6.35x保温材厚8㎜の被覆銅管「ペアコイル(20m) PC-2320)」を用いた場合、相対湿度65%・管外温度30℃・管内温度0℃の環境下では結露しますが、例えば液側がφ6.35x保温材厚20mmであれば結露しないことが見て取れます。

連成計

保温材を厚くすれば解決する

表面結露している冷媒管の保温材厚みが8mmであれば、20mm厚の冷媒管に取替えてください。例えば、「ペアコイルKHE PC-2320-KHE」が液側の保温材だけが20mm厚なのでコストパフォーマンスにも優れています・・・と言っても実際には冷媒管を取替えるというのは非常に困難です。

よって、結露が発生する現場はできるだけ長い範囲に断熱粘着テープを増し巻きしましょう。その際、強く巻き付けると断熱材に含まれる空気が減少して熱伝導率が上がってしまうので、断熱材がつぶれない程度の強さで巻いていきます。必要な増し巻き厚みは、冷媒管の技術資料の露点グラフで確認してください。

断熱粘着テープのラインナップ

ここでご紹介する断熱粘着テープの断熱部は冷媒管の保温材と同様に30倍発泡ポリエチレンフォームからできている軽量・断熱・緩衝性に優れたテープです。

因幡電工の断熱粘着テープも当日出荷!

品 番 厚み 長さ 基準価格
DHV-5010 3mm 50mm 10m ¥910
DHV-7510 75mm ¥1,350

東レぺフの断熱粘着テープも当日出荷!

品 番 厚み 長さ 基準価格
PND-50W 3mm 50mm 10m ¥970
PND-75W 75mm ¥1,410
PND-100W 100mm ¥1,750

積水化学工業のソフトロンは保温材厚み3㎜が当日出荷!弊社カタログ外で2mm、4mm、5mmをお取り寄せ致します。

品 番 厚み 長さ 基準価格
HT3BW 3mm 75mm 10m ¥370

まとめ

近年の高温多湿傾向で、今まで問題なかった現場でも表面結露の不具合が発生した事例が見受けられます。また、隠ぺい部で発生しやすいため発見が遅れがちになり、多額の処理費用が発生する事態に陥る恐れもあります。無駄な経費を出さないよう、冷媒管設置環境の最悪条件を想定して適切な保温材厚みを選定しましょう。万が一、冷媒管表面に結露が発生した場合は、断熱粘着テープをご利用ください。

ベストパーツオンラインショップ

関連する記事

  1. 冷媒用被覆銅管の施工手順を確認しよう
  2. 冷媒配管の断熱材・保温材の支持部のつぶれを防ぐパーツ
  3. 冷媒管用テープの違いを知って活用しましょう
  4. 隠ぺい配管の結露リスクを低減する「ペアコイルKHE」
  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.
室橋尚哉

室橋尚哉

1989年ベストパーツ株式会社(旧東北綜合器材株式会社)入社。分類は空調換気を担当。1963年生まれ。
PAGE TOP
LINE it!
MAIN MENU SUB MENU