操作性と効果を兼ね備えた!蓄圧式消火器の選定とメリット

集合住宅や非住宅、その他多くの防火対象場所で消火器の設置が義務付けられています。業者としては、顧客の安全を守るために最適な消火器を選定する責任があります。その中で消火器は多種多様。火災の種類ごとに最適なものが異なり、選定は複雑です。この記事では、業者の皆様に特におすすめしたい、効果的で操作性に優れた蓄圧式消火器について詳しく解説します。

お年寄りや女性でも簡単操作「蓄圧式消火器」の特徴

消火器の中にはさまざまな種類がありますが、その中で蓄圧式消火器は特に操作性に優れています。従来の加圧式消火器は、内部に加圧用の小型ガス容器を内蔵しており、レバーを引く際に圧力がかかってしまいます。このため、握力の弱いお年寄りや女性にとっては、扱いにくいという欠点がありました。対照的に蓄圧式消火器は、容器内に予めガスを蓄圧しているため、レバーが軽く、扱いやすいのです。

蓄圧式消火器の利点

図1:ガス加圧式と蓄圧式の比較図

指示圧力計の有用性

蓄圧式消火器の大きな利点の一つは、指示圧力計が装備されていることです。これにより、消火器内のガスの圧力を一目で確認でき、安全に使用できるかどうかが分かります。

左:日本ドライケミカル社製、右:ヤマトプロテック社製。どちらのメーカーの製品も、圧力ゲージによる目視確認が可能。常に適正な圧力が保たれているか、一目で確かめられます。

加圧式消火器に比べて放射距離が長い

放射距離の長さとそのメリット

蓄圧式消火器は、同等の加圧式消火器と比較して放射距離が約1m長いことが実証されています。これにより、火元から離れた場所からでも効果的に消火活動を行うことが可能となります。

消火器仕様 加圧式(薬剤質量 6.0kg) 蓄圧式(薬剤質量 6.0kg)
放射距離(20℃) 3~6m 4~7m
放射時間(20型で比較) 約22秒 約20秒

消火器の種類と選定のポイント

火災の種類に応じて、適切な消火器を選定することが重要です。特に、【A.普通火災】【B.油火災】【C.電気火災】など、異なる火災の種類に応じて適切な消火器を選ぶ必要があります。最近では、一つの消火器で3種類の火災に対応する粉末ABC業務用消火器が増えてきています。

左:日本ドライケミカル社製(品番:PAN-10WXEI)、右:ヤマトプロテック社製(品番:YA-10NX)。どちらのメーカーも木材、紙、繊維が燃えるA(普通)火災、B(油)火災、C(電気)火災やガス火災などあらゆる火災を瞬時に消火するモデル。

蓄圧式消火器の商品紹介

蓄圧式消火器の魅力は、その取り扱いの容易さと多機能性にあります。日常的な点検が手軽にできるのは、皆様もご存知の通り。また、あらゆる火災、特にA(普通)火災、B(油)火災、C(電気)火災に素早く対応することができるのも大きな特長として挙げられます。

環境への配慮も忘れていません。消火器には、前払式の有料リサイクルシールが初めから貼付けられて出荷されるため、将来の廃棄時に追加のリサイクル費用がかかることはありません。

また、この蓄圧式消火器の設計標準使用期限は10年。長期間にわたり、安心してご使用いただけることが保証されています。

ヤマトプロテック社の粉末(ABC)業務用消火器

ヤマトプロテック社製の粉末(ABC)業務用消火器は、10型と20型を取り扱っており、ご注文を受けてから翌々日には出荷いたします。

品番 仕様 薬剤量 材質 基準価格
YA-10NX 蓄圧式 3.0kg ¥7,390
YA-20X 蓄圧式 6.0㎏ ¥19,200
日本ドライケミカル社製の粉末(ABC)業務用消火器

日本ドライケミカル社製の粉末(ABC)業務用消火器は、10型を取り扱っており、ご注文を受けてから翌日には出荷いたします。

品番 仕様 薬剤量 材質 基準価格
PAN-10WXEI 蓄圧式 3.0kg 鋼製 ¥7,950

消火器の設置基準について

防火対象物や特定防火対象物に消火器を設置する際の基準は、消防関係法令で細かく定められていますが、概ね消火器メーカー各社が作成している「消火器設置基準早見表」※1の通りです。

※1 能美防災株式会社様によって作成された資料

まとめ

これまで多くの場所で採用されていた加圧式消火器には、レバーの固さや湿気による放射不能などの課題がありました。しかし、蓄圧式消火器はこれらの問題を克服しており、操作性や安全性の面で高い評価を受けています。業者として、お客様への提案の際に蓄圧式消火器のメリットをアピールすることで、更なる信頼を得ることができるでしょう。

ベストパーツオンラインショップ

  • シェア
  • twitter
PAGE TOP
LINE it!
MAIN MENU SUB MENU