効率とコストを重視する施工業者向け:ハケ塗りシール剤の選択とその優位性

ガス事業者様の間で注目を集めているのは、使いやすい回転塗布ノズル付きのチューブタイプのシール剤です。多くの都市ガス会社がこのタイプを指定していますが、施工回数の多い事業者にとっては、コストも重要な検討要素です。この記事では、市場に数多く存在するガス配管用のシール剤の中から、コストパフォーマンスに優れ、実績豊富な「ハケ塗りタイプ」のシール剤との比較を通じて、最適な選択肢をご提案します。

ハケ塗りシール剤の経済性と性能:効率的な選択ガイド

業界のニーズに応じた最適なシール剤を選ぶため、まずはガス事業者に人気のチューブ式と伝統的なハケ塗りタイプの主要な違いを見ていきましょう。ここでは、スリーボンドの「配管シール剤(品番:TB4320B)」と日本ヘルメチックスの「配管シール剤(品番:G-1)」の2製品を具体例として比較します。価格と内容量の違いは一目瞭然ですが、施工性や保管のしやすさなど、その他の重要な違いも詳しく検証します。そして、目に見えない特性、例えば作業性や臭いの違い、そして何よりも流体を密閉封止する能力において、どのような差異があるのかを確認します。

配管用シール剤(品番:TB4320B)  配管用シール剤(品番:G-1) 
外 観
施 工 付属の回転ノズルで塗布 付属のハケで塗布
内容量 230g(約158ml) 500g
アイボリー グレー
主成分 アルキッド樹脂 合成樹脂系
基準価格 ¥2,750 ¥1,370

ハケ塗りタイプの多様性とその実用性

多くの方が意外に思われるかもしれませんが、ハケ塗りタイプのガス配管用シール剤は実は種類が豊富です。これらの製品は、作業性や運搬性、価格面での大きな違いは少ないものの、それぞれに特徴とメリットがあります。ここでは、これらのハケ塗りタイプのシール剤の中から、信頼性と実績のある製品を選ぶことの重要性について解説します。そして、さまざまなタイプの流体に適したシール剤の選び方についてもアドバイスします。

市場で広く認知されている「配管用シール剤(品番:G-1)」の特長

「配管用シール剤(品番:G-1)」はグレー色とアイボリー色のいずれも1缶から当日出荷です。

日本ヘルメチックス社が製造する「配管用シール剤(品番:G-1)」は、LPガス、都市ガス、天然ガスの密閉封止に広く使用されており、特にガス配管用のシール剤カテゴリーにおいてベストパーツオンラインで最も人気のある商品です。この製品の最大の魅力は、屋内外問わず使用できる高い耐候性にあります。長年にわたる信頼と実績が業界内で高く評価されている理由です。また、最近ではカラーパイプ(アイボリー色)が多用される傾向にあり、それに合わせたカラーの「配管シール剤(品番:G-1-IV)」も人気です。このシール剤の利点の一つは、刷毛が蓋の裏側に取り付けられていることです。これにより、刷毛は使用しない時も最適な状態で保管され、いつでも即座に使用できます。さらに、このシール剤は無溶剤不乾性粘着形であるため、時間が経っても硬化や劣化の心配がありません。これにより、配管が振動や衝撃にさらされても、シール性を維持し、必要に応じて容易に取り外すことが可能です。ただし、一点注意が必要なのは、このシール剤は気化状態のLPGには使用できますが、液化状態のLPGや燃料油には適していない点です。また、製品の有効期限は製造から約1年間であるため、使用する際には期限を確認することが大切です。

品番 使用用途 容量 耐熱温度 基準価格
G-1 都市ガス・天然ガス・LPガス(液化状態を除く) グレー 500g -30~50℃ ¥1,370
G-1-IV アイボリー ¥1,440

幅広い用途に対応する「配管用シール剤(品番:G-2)」

「配管用シール剤(品番:G-2)」はグレー色とアイボリー色のいずれも1缶から当日出荷です。

日本ヘルメチックス社の「配管用シール剤(品番:G-2・G-2/IV)」は、LPガス、都市ガス、天然ガスの配管に適したハケ塗りタイプの製品です。このシール剤の半乾性粘着形態は、塗布後に表面がわずかに硬化し、液化状態のLPGや燃料油配管にも使用可能な多用途性を業界から高く評価されています。硬化時間が長くても作業性への影響は少ないため、さまざまな状況での利用が可能です。使用期限は製造から約1年であり、使用前に確認することが重要です。

品番 使用用途 容量 耐熱温度 基準価格
G-2 都市ガス・天然ガス・LPガス グレー 500g -40~70℃ ¥1,600
G-2-IV アイボリー ¥1,800

スリーボンド「ガス配管用シール剤(品番:TB43〇〇シリーズ)」

 

「配管シール剤(品番:TB4325)(品番:TB4314D)」は1缶から当日出荷可能です。

スリーボンド社からは、LPガス、都市ガス、天然ガスの配管用途に特化した2つのシール剤、「配管用シール剤(品番:TB4314D)」「配管シール剤(品番:TB4325)」が高く評価されています。TB4314Dは特殊合成ゴムを主成分とする溶剤揮散タイプで、乾燥するとゴム状の弾性体となります。この特性は、組み付け後の配管の耐振動性と耐衝撃性を高めるのに役立ちます。一方のTB4325は、アルキッド樹脂を主成分とした不乾性タイプで、塗布後も乾燥せずに柔軟性を維持します。これは、配管の長期にわたるシール性能を保つのに適しています。TB4314Dの有効期限は製造後約2年、TB4325は製造後約1年であり、適用口径は15Aから40Aまでの範囲です。

品番 使用用途 容量 耐熱温度 基準価格
TB4325 都市ガス・天然ガス・LPガス グレー 500g -40~80℃ ¥3,670
TB4314D 都市ガス・天然ガス・LPガス -40~150℃ ¥1,490

まとめ

「ガス配管用のシール剤」は、作業性を追求した回転塗布ノズル付きのチューブタイプと比較して単位当たり価格を低く抑えられるハケ塗りタイプをメインとすることをオススメいたします。ただし、種類が多いので違いを理解して使い分けてください。都市ガス、天然ガス、そしてLPガスにも安心してご使用いただける「配管用シール剤(品番:G-1・G-1-IV)」「配管シール剤(品番:TB4325)」は、不乾性のため液化状態のLPガスや燃料油には使えません。基地や充填設備など液化したLPガスが流体の場合は、「配管用シール剤(品番:G-2・G-2-IV)」「配管用シール剤(品番:TB4314D)」をお使いください。

※この記事は2019年8月23日に公開されましたが、校正し直し2021年2月4日、2023年11月24日に再公開いたしました。

ベストパーツオンラインショップ

  • シェア
  • twitter
PAGE TOP
LINE it!
MAIN MENU SUB MENU