ベストパーツのノンウォーター循環液が提供する5つのメリット

マンションだけでなく、戸建住宅でも採用されている床暖房。これまではイニシャルコストの面から電気式を採用することもありましたが、昨今の電気料金の改定から温水式の採用が増えています。本稿では、温水式床暖房に欠かすことのできない循環水に、寒冷地以外でもノンウォーター循環液をおすすめする理由を紹介します。

※本稿は2020年1月6日と2021年1月22日に公開しましたが、校正し直し2023年4月4日に再公開しました。

ノンウォーター循環液のメリットは凍結防止だけじゃない

いまでは考えられませんが、かつては自動車のエンジン冷却水にも水道水を使用することがありました。寒冷地以外では凍結の恐れが少ないことと何より手軽で安価であることが理由でしょう。しかしラジエータなど冷却水が触れる部分には金属部品が多く、水道水に含まれるカリウムやナトリウム、塩素が原因の腐食による故障が発生していました。これらのトラブルを防ぐために自動車用クーラントが普及し、いまでは一般的となっています。

温水暖房にノンウォーター循環液を採用する5つのメリット

「ノンウォーター循環液(品番:SKNW20LP)」は1缶から当日出荷します。

品番 外観 凍結温度 PG濃度 容量 基準価格
SKNW20LP ピンク -20℃ 39wt% 20L ¥8,400
SKNW5LP ピンク -20℃ 39wt% 5L ¥2,500
SKNW20LP-G グリーン -20℃ 39wt% 20L ¥8,400

熱源機と配管を凍結から守る

「ノンウォーター循環液(品番:SKNW20LP)」と色違いの「ノンウォーター循環液(SKNNW20LP-G)」は、-20℃まで凍結しないように設計されています。なぜなら、循環回路の大半が室内にある温水式床暖房なら-20℃の性能があれば日本全国を概ねカバーできるからです。

凍結に対してシビアではないエリアには、凍結温度を-13℃に設定した「ノンウォーター循環液(品番:BP-AOT-B)」のラインナップもあります。

ノンウォーター循環液

凍結温度を高く設定して寒冷地以外に適したノンウォーター循環液も当日出荷!

品番 外観 凍結温度 PG濃度 容量 基準価格
BP-AOT-B 青色 -13℃ 30wt% 20L ¥7,500

熱源機と配管を水による腐食やスライムから守る

原液タイプの不凍液にも銅や鉄の防錆成分が添加されていますが、なぜか熱交換機や配管に繰り返しピンホールが空く現場に悩まされたことはありませんか?

過去に漏水が発生した現場から採取したサンプル水を分析したところ、不凍液の濃度調整に利用した水道水に含有されているカルシウムが循環液の添加成分と化学反応を起こし形成した固形物が影響を及ぼし腐食を発生させていたことがわかりました。そこで、水質の影響を完全に排除するために、不純物をろ過した「純水」を用いて工場で希釈するノンウォーター循環液が生まれました。発売から35年の間、熱源機メーカー様を中心にノンウォーター循環液を使えば、全国どこでも地域の水質によらず熱源機と配管の寿命を均一化しやすくなったと喜ばれています。

現場で希釈不要の省施工

現場で高濃度の不凍液をきっちり設計凍結温度に希釈することは意外と面倒な作業です。希釈量を間違えてしまうと、思わぬ外気温での凍結、グリコール濃度の低下による藻やスライムの発生、希釈不足によって粘度が高くなりポンプなどの省エネ性能の低下が起こります。現場調合がいらないノンウォーター循環液は省施工にも寄与します。

食品添加物にも使用されている安全性

ノンウォーター循環液の主成分は、食品添加物公定書にも記載のある「プロピレングリコール」です。人や動物の口に入ることがあっても、少量であれば大きな健康被害の心配はありません。万が一、小さなお子さんや動物が誤飲しても思わず吐き出してしまうように苦味剤を添加し安全性を向上させています。

作業効率が向上する注入ノズルが同梱されている

人気のSKNW20LPSKNW20LP-Gには、注入作業効率がより良くなるよう使い捨てのノズルが同梱されています。このノズルがあれば、圧倒的に直接注入しやすくなり施工時間をさらに短縮することが可能です。

キャップを外してノズルを差し込むだけ

取り付けはとてもカンタン。ノンウォーター循環液の容器のキャップを外してノズルを差し込むだけです。現場へ搬入する物はノンウォーター循環液とウエスだけあれば十分。運搬の手間も減らすことができます。

写真は開梱していますが、実際には箱のふたは閉じたままでノズルを装着できます。

まとめ

熱源機と配管を凍結から守るだけでなく、腐食やスライムの発生をコントロールするノンウォーター循環液は、希釈水の水質による熱源機や配管の寿命のバラつきを排除します。また、あらかじめ工場で純水を用いて希釈しているので、凍結温度の設定に不安がありません。施工面では、現場での希釈作業が無くなるうえ、同梱の注入ノズルを使用すれば飛び散る恐れがなく屋内でも注入作業ができます。ユーザーにとっても成分に食品添加物を使用しているので安全性が高く、万が一誤飲した場合も、苦味剤で吐き出させる工夫を加えています。温水暖房設備の設計、お見積りの際にぜひご検討下さい。

ベストパーツオンラインショップ

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.
大宮彰大

大宮彰大

営業部所属:ベストパーツ株式会社
2008年入社(36歳)
温水暖房分野を担当し2013年4月完成のベストパーツ株式会社社屋の冷暖房部材選定を行う。
MAIL:omiya.shota@best-parts.jp
PAGE TOP
LINE it!
MAIN MENU SUB MENU