ドリルドライバー・インパクトドライバー・ハンマードリルを正しく選定し仕事をこなそう

設備機器を設置したりする時、たいていは何かしらの電動ドライバーを使っています。しかし、それが最適な選択なのかどうかの判断は、実は意外に難しいものです。最近は1台の電動ドライバーに様々な機能が乗るようになってきて、利便性は高まりました。その反面どれを使っても何とかなるようで分かりにくくなっています。本稿では、電動ドライバーの種類や仕様による様々な違いを確認していきます。

※2020年5月28日に公開した記事ですが、プライスダウンを反映して2021年8月27日に再公開しました。

電動ドライバーは単一動作ではない

一昔前の電動ドライバーは大型でビットを交換してねじを回すだけでなくドリルとして使えることが特長でした。そこに一石を投じたのがインパクトと振動のドライバー。対象材が硬く厚い場合でも、回転方向に打撃を加えてパワフルにねじを締めたり、対象材方向に振動を加えてコンクリートであっても穴開口できるようになりました。電動ドライバーには回転、回転+回転方向に打撃、回転+対象物方向に振動の3種類の動作があります。

電動ドライバーの動作による特長を知ろう

ドリルドライバーは回転動作に特化

コアドリルやホールソーを使用した穴あけ作業に最適なマキタの「充電式ドライバドリル(品番:DF458DRGX)」。3段階のバッテリー残容量表示が便利です。

品番 最大締付トルク 回転数(高速) 回転数(低速) 質量 基準価格
DF458DRGX 84N-m 0~2000回転/分 0~400回転/分 2.2kg ¥48,900

電動工具の中で最もシンプルな回転動作を行うドリルドライバーは、木材などの柔らかい素材に対するコアドリルやホールソーを使用した穴あけ作業が効率よくできます。

インパクトドライバーは回転方向に打撃を加える動作でビス打ちが得意

品番 最大締付トルク 回転数 打撃数 質量 基準価格
TD172DRGX 180N-m 0~3600回転/分 0~3800回転/分 1.5kg ¥49,500

インパクトドライバーは、回転と回転方向への打撃の2つの動作を組み合わせて硬く厚い素材に対する穴あけ・ねじの締め緩めを強い力で行います。強い力をコントロールするには慣れが必要ですが、作業時間の短縮は約束されます。特にビスを打つ回数が多い建築現場では必須の電動工具です。ただし、トルクに見合う先端工具を使用しないと折れてしまう点に注意が必要です。

インパクトとドリルの1台2役!マルチインパクトドライバー

パナソニック 充電マルチインパクトドライバー EZ75A9LJ2G-B 翌日出荷可能です。

品番 最大締付トルク 回転数 打撃数 質量 基準価格
EZ75A9LJ2G-B 170N-m 0~2800回転/分 0~3100回転/分 1.7kg ¥51,000

ただ単に高速に回転するだけではなく、緻密な回転数コントロールをしてくれるマルチインパクトドライバーは、ドリルドライバーインパクトドライバーの2役をこなすドライバーです。例えば、金工穴あけはドリルモードHigh、パワーが必要な大口径の穴あけはドリルモードLow、ねじの締付にはインパクトモードという具合に使用します。

振動ドリルは回転時に対象材方向への振動を加えた動作で穴あけが得意

「振動ドリル(品番:GSB21-2RE)」はインパクトドライバー以上、ハンマードリル未満という実力。※ワイヤード仕様

品番 電源 回転数 振動数 質量 基準価格
GSB21-2RE 100V 0~900/3000/分 0~15300/51000/分 2.85kg ¥32,340

ドリルドライバーでは穴あけできないコンクリート・モルタル・石材などへの穴あけが得意な振動ドリル。ドライバードリルとの穴あけ能力の違いは、回転動作に対象物方向の振動動作を加えている点です。インパクトドライバーも打撃を加えますが、回転方向への打撃なのでコンクリートに対してはΦ10以上の穴を開けることができません。

「振動ドリル(品番:GSB21-2RE)」は、モード切替レバーを使えばドリルドライバーとしても使用できます。振動ドリルは少しドリルドライバー寄りのため、業種によっては存在価値が見出しにくいかもしれません。というのも、ハツリ動作がなく回転動作依存度が高いため、強度が高いコンクリートの場合は刃先がすぐ駄目になってしまうのです。

ハンマードリルは打撃が加わる動作でハツリが得意

ハツリ作業にはハンマードリル。翌々日の出荷になります。

品番 電源 回転数 打撃数 質量 基準価格
GBH2-28 100V 0-1300回転/分 0-5100回/分 2.9kg ¥27,900

RC構造の現場作業が多い方には「ハンマードリル(品番:GBH2-28)」をオススメしています。なぜなら、回転時の負荷に応じてバネの力でビットから振動を出す振動ドリルに対して、ハンマードリルには負荷に関係なく一定周期のピストン運動で叩き続けるハツリ機能があり刃先の劣化が抑えられるからです。

まとめ

電動ドライバーの基本動作は、回転動作で穴開口とねじ締めもできる万能タイプのドリルドライバー、回転動作に回転方向の打撃を加えたパワフルタイプのインパクトドライバー、回転動作に対象物方向の振動を加えた振動ドリルハンマードリルの3パターンです。設備工事にオススメしたいのは、1台でドリルドライバーとインパクトドライバーの動作を切替ることができる「パナソニック 充電マルチインパクトドライバー (品番:EZ75A9LJ2G-B)」。これを持てば現場に持ち歩く工具を1台削減することができます。

ベストパーツオンラインショップ

関連する記事

  1. マキタ製リチウムイオンバッテリ徹底活用ガイド
  2. 木ネジを見直す!コーススレッドとコンフィットの違いは何?
  3. Panasonic製リチウムイオン電池パック徹底活用ガイド
  4. 安全性が最優先なら第一の選択肢。ボッシュのディスクグラインダー
  5. 最新「充電式レシプロソー」の選び方。より高速切断化された定番のマキタ
  • シェア
  • twitter
PAGE TOP
LINE it!
MAIN MENU SUB MENU