ドリルドライバー・インパクトドライバー・振動ドライバーを正しく使う

工具の電動化が進んだ今も、設備業者では電動ドライバーがメイン機です。回転動作で穴開口とねじ締めもできる万能タイプのドリルドライバー、回転動作に回転方向の打撃を加えたパワフルタイプのインパクトドライバー、回転動作に縦方向の振動を加えた振動ドライバー。同じ電動ドライバーでも、機能や性能には違いがあります。そんな電動ドライバーの謎を整理して作業に適した電動ドライバーを選べるようにサポートします。

電動ドライバーの謎

設備機器を設置したりする時、たいていは何かしらの電動ドライバーを使っています。しかし、その電動ドライバーが最適な選択なのかどうかの判断は、実は意外に難しいものです。最近は1台の電動ドライバーに様々な機能が乗るようになってきて、利便性は高まりました。その反面どれを使っても何とかなるようで分かりにくくなっています。本稿では、電動ドライバーの種類や仕様による様々な違いを確認していきます。

電動ドライバーは単一動作ではない

一昔前の電動ドライバーは大型でビットを交換してねじを回すだけでなくドリルとして使えることが特長でした。そこに一石を投じたのがインパクトと振動のドライバーです。対象材が硬く厚い場合でも、回転方向に打撃を加えてパワフルにねじを締めたり、対象材方向に振動を加えてコンクリートであっても穴開口できるようになりました。電動ドライバーには回転、回転+回転方向に打撃、回転+対象物方向に振動の3種類の動作があります。

動作とバッテリの組合せで千差万別

電動ドライバーでここ数年の大きな進化は充電タイプのバッテリです。例えば10年前、標準的なインパクトドライバーのバッテリは電圧14.4Vの容量約3.0Ahだったので、ビス打ちや穴あけの仕事量は限定的でした。しかし、同じ重量(約1.5kg)の製品であってもバッテリの規格が拡張され、最近は電圧18Vの容量6.0Ah前後が当たり前になってきました。

なお、電動ドライバでは充電時間の短縮も重要なテーマですが、残念ながら容量の分だけ長くなってしまいます。

Panasonic充電インパクト EZ76A1LJ2G(2020年) WH14DBAL(2010年)
実用充電時間 40分 22分
電池パック仕様 電圧18.0V 容量5.0Ah 電圧14.4V 容量3.0Ah
最大トルク(N·m) 170 160
回転数(回/分) 0-2800 0-2600

※比較に使ったPanasonic社は充電式に特化している唯一のメーカーです。

バッテリはどんどん複雑に

先述の通り、電動ドライバーには3つの動作しかない半面、バッテリにはたくさんの種類があり、それらを組み合わせた品番はたくさんあります。中には、これが元で混乱してしまったという人まで出てきました。

例えば、ホールソーに使う振動ドリル用18Vバッテリは余っているのに、ねじを締めるためのインパクトドライバー用14.4Vバッテリがない!!という場合、せっかく高い電圧のバッテリがフルで残っているにも関わらず、電圧が違うから手回しドライバで何とか工事をしのがなきゃいけない・・・という具合です。

そんな時に便利なのはPanasonicの「DUALシリーズ」。これは18Vと14.4Vのバッテリどちらでも使えるので複雑化しているバッテリに対する一つの答えなのかもしれません。

PanasonicのDual(デュアル)シリーズ真空ポンプは、弊社在庫品のTASCO製と同じ仕様です。よって、両社間ならブランドを問わずPanasonic製バッテリが使えます。デュアルというのは、右側の18Vバッテリは、手持ちの14.4Vバッテリに差替えても使えるということです。電動ドライバーのバッテリが真空ポンプにも使えるというのは、さすがバッテリ式にこだわるPanasonicです。

電動ドライバーの仕組みを知ろう

ドリルドライバーは回転動作に特化

今人気の「ペンインパクトドライバ(品番:TD220DSHX)」は水回りの狭所作業に便利です!ベストパーツOnlineでは6月1日発売開始です。

電動工具の中で最もシンプルな回転動作を行うドリルドライバーは、木材などの柔らかい素材に対する穴あけ・ねじの締め緩めが効率よくできます。インパクトドライバーや振動ドライバーがハイパワー化しているのに対して、回転動作に特化することで小型化しているのが魅力です。

ドリルドライバーの特長の1つは、ドリルビットをチャック機構で取り付ける点。ドリルビットをチャックと呼ばれる先端部に差し込み、先を反対向きにギュッと回して締めれば固定完了。今では当たり前のキーレスチャックですが、以前はサイズ毎の「チャックキー」を使い分けてドリル刃をセットしていたので、チャックキーを紛失したら一大事でした。

柔らかい対象物に対して欠かせない特徴としてスピードコントロール機能とトルク調整機能が挙げられます。回転スピードを切替えれば繊細な力加減で穴あけ作業ができ、トルク調整リングで用途に応じたトルク値を設定してからねじ締め作業ができるので、小ねじの締め過ぎや対象材及び先端工具の破損といった事故を防止できます。

品番 最大締付トルク 回転数 打撃数 質量 基準価格
TD022DSHX 25N-m 0~2450回転/分 0~3000回転/分 0.55kg ¥15,910

インパクトドライバーは回転方向に打撃を加える動作

マキタ 「インパクトドライバー(品番: TD171DRGX)」。インパクトドライバーの打撃モードは4段階切替が主流です。

インパクトドライバーは、回転と回転方向への打撃の2つの動作を組み合わせて硬く厚い素材に対する穴あけ・ねじの締め緩めを強い力で行います。強い力をコントロールするには慣れが必要ですが、作業時間の短縮は約束されます。特にビスを打つ回数が多い建築現場では必須の電動工具です。ただし、トルクに見合う先端工具を使用しないと折れてしまう点に注意が必要です。

また、打撃を加えると言っても回転方向だけなので、コンクリートにΦ10以上の穴を開ける力はありません。ドリルビットは、先端を引張りビットを差し込みます。 先端部分から手を放すと、ロックがかかり固定されます。

品番 最大締付トルク 回転数 打撃数 質量 基準価格
TD171DRGX 177N-m 0~2100回転/分 0~2600回転/分 1.5kg ¥51,600

インパクトどドリルドライバーの1台2役!マルチインパクトドライバー

パナソニック 充電マルチインパクトドライバー EZ75A9LJ2G-B 翌日出荷可能です。

ただ単に高速に回転するだけではなく、緻密な回転数コントロールをしてくれるマルチインパクトドライバーは、ドリルドライバーとインパクトドライバーの2役をこなすドライバーです。例えば、金工穴あけはドリルモードHigh、パワーが必要な大口径の穴あけはドリルモードLow、ねじの締付にはインパクトモードという具合に使用します。

品番 最大締付トルク 回転数 打撃数 質量 基準価格
EZ75A9LJ2G-B 170N-m 0~2800回転/分 0~3100回転/分 1.7kg ¥51,120

振動ドリルは回転時に対象材方向への振動を加えた動作

「振動ドリル(品番:GSB21-2RE)」はインパクトドライバー以上、ハンマードリル未満という実力。※ワイヤード仕様

穴あけに特化した振動ドリルは、回転動作にドリルビット方向の振動動作を追加している電動工具です。振動効果により、ドリルドライバーでは穴あけできないコンクリート・モルタル・石材などへの穴あけが可能です。

振動機能を発生させたくない時のモード切替レバーを使えば、ドリルドライバーとしても使用できるモデルが一般的です。振動ドリルは少しドリルドライバー寄りのため、業種によっては存在価値が見出しにくくなっています。というのも、ハツリ動作がなく回転動作依存度が高いため、強度が高いコンクリートの場合は刃先がすぐ駄目になってしまうのです。

品番 電源 回転数 振動数 質量 基準価格
GSB21-2RE 100V 0~900/3000/分 0~15300/51000/分 2.85kg ¥32,340

RYOBI「ハンマードリル(SDS軸)(品番:ED-2620VR)」は費用対効果が魅力です。※ワイヤード仕様

ベストパーツOnlineでは、RC造の現場作業が多い方には「ハンマードリル(品番:GBH2028)」をオススメしています。なぜなら、回転時の負荷に応じてバネの力でビットから振動を出す振動ドリルに対して、ハンマードリルには負荷に関係なく一定周期のピストン運動で叩き続けるハツリ機能があり刃先の劣化が抑えられるからです。

品番 電源 回転数 打撃数 質量 基準価格
ED-2620VR 100V 0-1100回転/分 0-4600回/分 2.7kg ¥19,710

まとめ

動作とバッテリ規格で様々な電動ドライバーが発売されています。小型化が進んだドリルドライバーは購入の価値があります。しかし、10年前と比較して大きく変わったのはバッテリで基本動作は同じですので、インパクトドライバーは使える限り愛用マシンを使い続けることをオススメします。買換え時期を迎えた時、急増するバッテリ容量を活かして1台でドリルドライバーとインパクトドライバーの動作を切替ることができるマルチインパクトドライバーを検討に加えてはいかがでしょうか?

ベストパーツオンラインショップ

関連する記事

  1. マキタ製リチウムイオンバッテリ徹底活用ガイド
  2. 木ネジを見直す!コーススレッドとコンフィットの違いは何?
  3. Panasonic製リチウムイオン電池パック徹底活用ガイド
  4. 安全性が最優先なら第一の選択肢。ボッシュのディスクグラインダー
  5. 最新「充電式レシプロソー」の選び方。より高速切断化された定番のマキタ
  • シェア
  • twitter
PAGE TOP
LINE it!
MAIN MENU SUB MENU