グリップで使う端子が分かる!実技試験から実際の現場まで使える圧着工具

第二種電気工事士の技能試験で絶対に使う リングスリーブの「小」と「中」に対応した圧着工具。ところが、実際の現場では物足りない。例えば、同じリングスリーブでも「大」を使う機会が増えたり、さまざまな圧着端子の種類を使い分けた方が生産性を高めるのにもうってつけです。本稿では、端子別にグリップの色で端子の種類を識別できる圧着工具を4種類に絞ってご紹介します。

グリップの色で端子の種類を識別できる

圧着工具には様々な種類がありますが、グリップの色で使用できる端子を識別することができます。赤色は裸・絶縁端子用、青色は絶縁被覆付閉端子、黄色はリングスリーブ用の3パターンとなります。ただし、黄色のリングスリーブ用はJIS規格によって定められていますが、赤色と青色についてはJIS規格の指定ではありません。そのため例外の物もありますが、概ね前述の指定通りの用途になっています。

端子の種類別ダイス形状

図1:ダイス形状の例

図1は一部の例ですが、圧着工具は使用する端子によってダイスの形状が異なります。そのため、用途に合った物を選定する必要があります。

端子に合わせてグリップの色が異なる圧着工具

リングスリーブには「圧着工具(品番:AK17A)」

「圧着工具(品番:AK17A)」は1丁から当日出荷です。

ロブテックス(通称エビ)製の「圧着工具(品番:AK17A)」は、JIS C 9711規格品。電気工事士技能試験だけでなく、リングスリーブ「大」にも対応しているので、まさに実際の現場まで使える圧着工具といえます。技能試験だけならミニ圧着工具(品番:P-738)で事足りますが、実際の現場ではこのサイズが必要です。少し大きいと感じる施工業者様もいらっしゃると思いますが、グリップ全体が黄色いエラストマーでカバーされているので思ったより握りやすく手の力が伝わりやすいと好評です。

品番 適合品番 全長 質量 基準価格
AK17A E-S、E-M、E-L 277mm 430g ¥4,760

裸圧着端子や裸圧着スリーブには「ミニ圧着工具(品番:AK1MA2)」

「ミニ圧着工具(品番:AK1MA2)」は1丁から当日出荷です。

軽量コンパクトでポケットに入れられるミニサイズ「ミニ圧着工具(品番:AK1MA2)」は、ベストセラー商品「AK1MA」をバージョンアップしたモデルです。従来の1.25sq、2.0sqに5.5sqを追加し、使い勝手が向上したにも関わらず価格は据え置き。ミニサイズでも従来機種通りJIS認証取得品で、適正な圧着ができるまでダイスが開かない「成形確認機構(ロック)」を内蔵しております。
手にフィットする赤いエラストマーグリップで端子の仮押さえも片手でカンタンに行えます。適合圧着端子は丸形裸圧着端子Y型裸圧着端子裸圧着スリーブ(突合せ)裸圧着スリーブ(重ね合せ)と豊富です。

品番 使用範囲 全長 質量 基準価格
AK1MA2 1.25、2、5.5 172mm 250g ¥4,610

絶縁被覆付閉端接続子には「圧着工具(品番:AK25MA)」

「圧着工具(品番:AK25MA)」は1丁から当日出荷です。

用途を絶縁被覆付閉端接続子に絞り込むことで、ハンドプレス部を短く設計した「圧着工具(品番:AK25MA)」は、軽量コンパクトで扱いやすいサイズです。手にフィットする短いハンドルなので狭所でも作業がしやすいのが特徴です。適合圧着端子は絶縁被覆付閉端接続子で、グリップは赤のエラストマーでカバーしています。

品番 適合品番 全長 質量 基準価格
AK25MA CE-1・CE-2・CE-5 194mm 295g ¥7,870

圧着端子(MM2)絶縁被覆付圧着端子には「圧着工具(品番:MH-032)」

「圧着端子(品番:MH-032)」は1丁から当日出荷です。

軽量コンパクトなので片手でも扱いやすいサイズです。端子を入れてハンドルを1回カチッと押せば仮押さえができます。適正な圧着ができるまでダイスが開かない「成形確認機構(ロック)」を内蔵しております。「圧着端子(品番:MH-032)」は、JIS規格外の端子を圧着する為、JISマークは入りませんが、品質・性能はJIS製品と同等です。適正な適合圧着端子は絶縁被覆付圧着端子絶縁被覆付スリーブと2種類に渡るので、グリップも赤と青の2色のエラストマーでカバーしています。

品番 使用範囲 全長 質量 基準価格
MH-032 0.3、0.5、1.25、2 180mm 250g ¥9,900

まとめ

圧着工具には様々な種類がありますが、概ねグリップの色で使用できる端子を識別できるようになっています。例えば、赤色は裸・絶縁端子用、青色は絶縁被覆付閉端子、黄色はリングスリーブ用という具合です。ただし、黄色のリングスリーブ用以外は、JIS規格ではないため例外もあります。ダイス違いによる施工ミスを防ぐために、グリップの色で識別できるタイプの圧着工具をオススメいたします。

ベストパーツオンラインショップ

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.
日高ダイヤ

日高ダイヤ

2018年ベストパーツ株式会社入社。
皆様のお困りごとを解決させていただきます。

RELATED- 関連記事 -

関連記事一覧

NEW ENTRY- 新着記事 -

新着記事一覧
PAGE TOP
LINE it!
MAIN MENU SUB MENU