屋内設置型ガス給湯器の入替え時、既存排気筒を再使用する際に点検すべきポイント

先日、『ガス給湯器を交換時、排気筒には問題なさそうだがそのまま使用して良いの??』とご質問をいただきました。

当たり前かもしれませんが、必ず「特監法(特定ガス消費機器の設置工事の監督による法律)に基づき判断・施工してください」が大前提です。

今回は、既存排気筒を再使用する際に点検すべきポイントを確認いたします。

ベストパーツオンラインショップ

排気筒・給排気部の点検ポイント

ガス機器取替時には、排気筒、給排気部を点検しその材質及び施工法等が取替時点において法令に適合していることが再使用可能条件になります。

点検方法は外部からの目視ですが、排気延長距離が長く目視では確認できない場合や、2重管で内筒が外部から点検できない場合は、内視鏡にて内部を点検してください。

点検すべきポイントは、排気筒材質がSUS304か?、しっかり固定されているか?、接続部の処理が正しく行われているか?の3点です。

 

二重管は内筒が排気ガスの流路ですから、内視鏡じゃなければ腐食の点検ができません。

録画機能付の工業用内視鏡も手ごろな価格で購入できます。カメラケーブルはご覧のように柔軟で長さは1,3,5mを用意しています。

給排気筒の材質はSUS304か?

給排気筒にJIA認証表示ラベルが貼られている場合は、材質がSUS304と判断してください。但し、注意が必要なのは、認証表示ラベルに「レベル1」と表示されている場合です。その場合は、材質がSUS304以外の恐れがありますので、磁石を近づけて確認してください。非磁性体であるSUS304は磁石はつきませんが、基準に適合しないSUS430は磁石がつきますので区別する事が可能です。

また、適合材料であっても腐食がないかを点検することを忘れずに実施してください。勾配が取れていない場合は、ドレン水が溜まり腐食が進行している恐れがあります。

しっかり固定されているか?

給排気筒の固定は専用の支持金具で、1.5~2mピッチで堅固に固定されていることを目視、指触にて確認します。

接続部の処理が正しく行われているか?

接続部の確認は、ロック機構付きの給排気筒の場合は完全にロックされているかだけを確認していただければ結構です。

それ以外の給排気筒を使用している現場では、排気方式によって異なります。

FE式・FF式の場合は、差込に問題はないか?ネジ、リベット等で抜け防止が施されているか?260℃以上の耐熱性を有するシール材でしっかりシールされているか?を目視、指触で確認してください。

300℃の領域までゴム弾性体を必要とする給排気筒の接合部のシールに最適な耐熱シリコーン「K3418」は黒色です。

CF式の場合は、差込に問題はないか?ネジ、リベット等で抜け防止が施されているか?を目視、指触で確認してください。

特監法に準じた材質のピアスビス「PBS-413」

特監シールを貼る

特定ガス機器の設置、変更の工事終了後は、必ず特監シール(特定ガス消費機器の設置工事の監督に関する法律第6条の規定による表示ラベル)を給湯器と排気筒それぞれに貼り表示する義務があります。

なお、記入は黒色のボールペンか、油性のフェルトペンなどを使用してください。

特定工事終了後の表示ラベルは不燃仕様をお使いください

まとめ

ガス給湯器交換時の既存排気筒を再利用する際には、排気筒の材質がSUS304か?固定のピッチは1.5~2mの間隔でしっかり効いているか?接続部の処理は適切か?がポイントです。

そして、特定工事終了後は、必ず特監シールを給湯器と給排気筒に貼り表示してください。

繰り返しになりますが、特定ガス消費機器の取り付けは、特監法(特定ガス消費機器の設置工事の監督による法律)に基づき行ってください。

追い焚き配管部材一覧

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP
LINE it!