エコジョーズはもちろん、衣類乾燥機にも使用可能な後付けベンドトップセット

洗濯物を外干ししたくないという理由で衣類乾燥機の購入を考える方が増えています。しかし、マンションに設置する場合、先にベンドトップを取付ける現在の施工方法が障害になっています。本稿では、外壁を仕上げた後にトップを差し込むタイプの「ベンドトップセット(品番:FBW100NKP-D)」をご紹介します。

換気フードと同時に仕上げられるベンドトップ

「ベンドトップセット(品番:FBW100NKP-D)」 は1セットから当日出荷可能です。

実は、現行の「ベンドトップ(品番:TZFBW100NKPD)」はメスで出ているため、外壁が仕上がってから取付けることができません。そこで、先行して短管を外壁に取付けておき、外壁が仕上がってから換気フードのようにベンドトップを差し込む後付工法の「ベンドトップセット(品番:FBW100NKP-D)」をオススメします。これなら、マンションにも衣類乾燥機「乾太くん」を提案できるようになるので、ぜひチェックしてください。

特監法に基づいた後付け施工

「ベンドトップセット(品番:FBW100NKP-D)」のベンドトップ部は、同梱の短管に差し込んで180°回転させて固定します。

屋内側延長配管にはNKP(=SEP)方式をお使いください

「ベンドトップセット(品番:FBW100NKP-D)」の屋内側の延長配管には、必ずNKP(=SEP)方式の排気筒をお使いください。特にSEPシリーズは、高い水密性を誇る日本ガス機器検査協会認定品です。そもそもエコジョーズの結露水対策品として開発されている排気筒ですから、湿度が高い衣類乾燥機「乾太くん」用の排湿筒としても安心してご利用いただけます。

※NKP(=SEP)方式とは、ガス消費機器メーカーに採用されている抜け防止機構の呼称です。

「SEP直管(品番:SEP109)」は1本から当日出荷可能です。

「SEPスライド管(品番:SEP10S1)」は1本から当日出荷可能です。

「SEP90°エルボ(品番:SEP10E)」は1個から当日出荷可能です。

 

まとめ

外壁が仕上がってからベンドトップを差し込む後付工法の「ベンドトップセット(品番:FBW100NKP-D)」は、雨仕舞の観点から強くオススメします。これなら、エコジョーズの屋内設置はもちろん、マンションにも衣類乾燥機「乾太くん」を安心して提案できるのではないでしょうか。

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP
LINE it!