水フレキと袋ナットが合わない原因とは?

「水フレキと袋ナットが合わない」という声をよく耳にしますが、そのようなお困り事はありませんでしょうか?今回はそのようなお困り事を元に、可能性の高い原因と対策をご提案致します。ベストパーツオンラインショップ

実は15Aの水フレキは規格が2種類あります

15Aの水フレキには16.0、16.8の2種類が存在します。これまで袋ナットが合わないとおっしゃっている方に、今お使いの水フレキの規格を聞くと「何だったかな…」「16.0じゃないかな?」と、規格を把握していないような返事が返ってきます。実はこれが水フレキと袋ナットが合わない原因です。

規格が刻印されている水フレキとナットをおすすめします

こういった問題を防ぐために私がいつもご提案させていただくのは、私たちベストパーツのステンロングフレキです。ベストパーツでは16.0(SK13L-10SK13L-10B)と16.8(SK13L-10C)の2サイズ3種類を取り扱っており、特に外径16.8のSK13L-10Cには10㎝毎にサイズの印字、16.8用のナットパッキンセットSKNP-13CNASKNP-13Cには適合サイズの刻印が付いています。

16.0のSK13L-10BとSK13L-10には印字や刻印がされていませんので印字・刻印の有無で簡単に見分けることができるのが特徴です。

更に梱包にも16.8とサイズが大きく表記されているので、弊社ステンロングフレキを梱包状態でも、裸状態でも規格がわかるようになっているので、車内管理でも識別が容易なうえ、省スペースで済みます。

ステンロングフレキ SK13L-10C

ナットパッキンセット SKNP-13CNA

規格だけじゃなくメーカーを絞る

規格を16.0同士、16.8同士の水フレキとナットパッキンを使用したにも関わらず漏水が起こったという話を聞いたことがあります。なぜ同じ規格なのに漏水してしまったのでしょうか。

原因は、製造メーカーによって同じ16.0、16.8でも許容公差が異なるからです。

違うメーカーの水フレキとナットパッキンを組み合わせて使用すると漏水が発生する恐れがあるばかりか、ステンフレキメーカーが協力工場を変更したことが理由で発生することも稀にあります。

ですから、水フレキとナットパッキンは同じメーカー同士の物を使うようにしましょう。そして、水フレキの協力工場まで把握されることをお勧めいたします。

もちろん、ベストパーツは16.0、16.8、そして20.0も、すべて同じ国内協力工場で生産しています!!

ちなみに私たちが製造委託している協力工場は、ステンレスのロールフォーミング、アルゴン溶接、造管、そして焼鈍まで一気貫通で生産できる工場なので高品質を求める機器メーカー様に純正部品としての採用が多い点も魅力です。

まとめ

袋ナットが合わない時は、一度規格を確認してください。もしかしたらその場ですぐ解決できるかもしれません。

そして、次からは仕入先を統一してください。フレキ工場の工程を把握している仕入先を選ばれると安心して仕事に打ち込めますよ。

ベストパーツのステンロングフレキは、「倉庫が小さくて置くところがない」「在庫を減らしたい」などなど…施工業者様のお困り事に沿えるように設計されているベストなパーツです。

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.
日高ダイヤ

日高ダイヤ

2018年ベストパーツ株式会社入社。
1995年生まれの営業部温水暖房担当です。生まれはブラジル育ちは日本!
サンバもサッカーも出来ませんが、温水暖房についてお答えします。「こんなこと聞いてもいいのかな…」と思う質問でも気軽にご相談下さい!
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP
LINE it!