SDスリムダクトとフリーコーナーをつなげたい

スラブ付近に乗り越えなければならない凹凸がある場合、フリーコーナーを使用します。もちろん、スリムダクトやさまざまな継手に接続できるようになっています。ただし、現場でカットする「SDフリーコーナー2m(カットタイプ)」だけは注意が必要です。

連成計

SDフリーコーナージョイントが必要です

下図のようにフリーコーナー段差継手を使用すれば、段差に沿った配管ができます。ただし、フリーコーナーとしての規格は「SDフリーコーナー2m(カットタイプ)」「SDフリーコーナー」の2種類あり、そのうち「SDフリーコーナー2m(カットタイプ)」だけは、ダクトと接続する際「SDフリーコーナージョイント」が必要になります。

カット面が蛇腹になるから接続できない

「SDフリーコーナー2m(カットタイプ)」は、必要な長さで自由にカットして使用します。全長が蛇腹になっているので、そのままではSDスリムダクトと接続できません。

フリーコーナージョイントに2山はめ込む

「SDフリーコーナージョイント(品番:SFJ-77/IV)」は当日出荷です。

カットした「SDフリーコーナー2m(カットタイプ)」は、「SDフリーコーナージョイント」を使用して「SDスリムダクト」と接続してください。その際、SDフリーコーナーの蛇腹部を2山以上はめ込むのがポイントです。

こんな感じでフリーコーナージョイントを使用してください

まとめ

段差を乗り越えなければならない場合に使用するフリーコーナーには2種類あります。ただし、現場でカットする「SDフリーコーナー2m(カットタイプ)」だけは、SDスリムダクトと直接繋ぐことができません。「SDフリーコーナージョイント」を介して接続してください。

  • シェア
  • twitter
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP
LINE it!