樹脂管や樹脂モールを切断するなら、樹脂チューブカッターをお使いください

現場で樹脂管や樹脂モールを切断する際にカッターナイフや万能はさみを使った事はありませんか?それらで切断すると腕の力が必要で樹脂管が変形し切り口が曲がったり斜め切りになりがちです。

そこで今回は樹脂管やモールを切断する専用のチューブカッターがありますのでご紹介させて頂きます。

樹脂チューブカッター

樹脂チューブカッター JTC-37

樹脂チューブカッター JTC-37 当日出荷可能

樹脂チューブカッター JTC-37で切断できる主なパイプは、架橋ポリエチレン管の断熱材厚10mmポリブデン管の断熱材厚10mmなどの樹脂管です。サヤ管に挿入した状態でまとめて切断することも簡単です。近年販売量が増加しているアルミ三層管や銅二層管などの複層管にも最適です。ただし、塩ビ管のような硬質な樹脂管と補強層を有するホースは切断できません。それぞれ塩ビ管には塩ビカッター、ホースにホースカッターをご利用ください。

切断刃は切込みの楽なV形エッヂを採用しています。切断する際は、切断したい配管の位置にV形エッヂをあて、はさみの刃の奥で切るイメージの手さばきで切ると配管の変形を抑えてきれいにまっすぐ切れます。

使用した施工業者様から「刃の部分がVの字形になっていて配管が変形せずまっすぐ切れる」「ボディーのサビも少ない」「替刃があるのでコストが削減できる」などのご評価をいただいております。

なお、JTC-37の替刃はJTCE37をご利用して下さい。

 

樹脂管カッター42 JTC-42

 

樹脂管チューブカッター42 JTC-42 当日出荷可能

樹脂管チューブカッター42は外径Φ42までの切断ができます。例えば架橋ポリエチレン管16Aの断熱材厚10mmや金属強化ポリエチレン間の16Aの断熱材厚10mmまでは切断可能です。 ただし、断熱材の厚みが20mmの樹脂管は外径がΦ42以上になるため切断できません。

また、アゴが平らになっているため、樹脂モールが切断できるという特徴があります。例えば、ガス配管用エネモール:GML-15MRMモール:RM-20Mなどが切断できます。

ただし、塩ビ管のような硬質な樹脂管と補強層を有するホースは切断できません。それぞれ塩ビ管には塩ビカッター、ホースにホースカッターをご利用ください。

なお、JTC-42の替刃はJTCE42をご利用して下さい。

ペアチューブカッター

樹脂ペアチューブカッター PTC-10

樹脂ペアチューブカッター PTC-10 当日出荷可能

サヤ管入り、アルミ巻、そして裸の樹脂ペアチューブ(2本組)を同時に切断可能で独自のV字刃で切れ味良い作業工具です。先端はペアチューブをひっかけて引き出しやすいフック形状で引込み作業も容易です。

切断対象サイズは、架橋ポリエチレン管等のペアで10A以下、サヤ管の27.5mm以下の切断ができます。ただし、塩ビ管のような硬質な樹脂管と補強層を有するホースは切断できません。それぞれ塩ビ管には塩ビカッター、ホースにホースカッターをご利用ください。

切断対象材/切断可能サイズ等 管種 サイズ 切断対象材例
架橋ポリエチレン管ペア 呼び5~10A XLS-10HON10W
架橋ポリエチレン管 呼び5~20A HC-20HON10B
サヤ管(CD管) 外径27.5mm以下 CDEW-10

PTC-10の替刃はPTCE10をご利用ください。

ベストパーツオンラインショップ

まとめ

樹脂管用ワンタッチ継手の漏水原因は、樹脂管の場合は斜め切り、三層管の場合は切断面仕上不足による施工責ほとんどです。背景は、手持ちの工具に樹脂チューブカッターや面仕上器がないため、カッターナイフや万能はさみ等で代用してしまったという場合が多いようです。

ご紹介したチューブカッターを使用して切断すると、時間の短縮、経費の削減、漏れなどの施工不良の発生が減少します。替刃も常時在庫しておりますので安心してお使いいただけますので、是非一度使ってみてください。

  • シェア
  • twitter
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP
LINE it!