ちょっと気になる【ガスコンセント】アラカルト

ガスファンヒーターをご利用されるユーザーが増えるこの時期に、決まってくるお問い合わせがあります。今回は1年振りのお問い合わせにスマートに反応できるよう復習します。

ガスコンセントにはどのような種類がある?

電気のコンセントと同様に、ガスコンセントにも壁取付と床取付に分かれます。壁取付には、電気コンセント一体型があり、特に最近人気があるタイプは「壁埋込CE型」と言われるシングルタイプ。

壁埋込仕様のガスコンセント

C型ガスコンセント

ガスコンセントだけの「壁埋込C型ガスコンセント」のメリットは、一般的なシングル電気コンセントと同じサイズなので並べて施工するとキレイに仕上がること。特にPanasonic製コスモシリーズのホワイトとは色も同じです。また、施工面では電気工事と縁が切れることもメリットではないでしょうか?

SG506B-15C(LPガス)、SG506B-12C(都市ガス)は、Panasonic製コスモシリーズのホワイトと同色同サイズですから並べて施工したい商品です。

CS型ガスコンセント

CS型ガスコンセントはΦ60またはΦ65のホルソーで丸穴を開けるだけのカンタン取付が魅力です。C型ガスコンセントと同様に電気工事と縁が切れるメリットもあります。しかし、ガスコンセントだけのプレートだからでしょうか?価格が高いのがネックです。

壁埋込CS型ガスコンセントはΦ60またはΦ65の丸穴だけで施工できます

壁埋込CE型ガスコンセント

ガスコンセント+電気コンセントの「壁埋込CE型ガスコンセント」のメリットは、C型同様でPanasonic製コスモシリーズのホワイトと並べて施工するとキレイだという点。注意したいのは都市ガスの場合は電気コンセントが下に、比重の重いLPガスの場合は電気コンセントが上になるように取り付けなければならないこと。よって、LPガスの場合は右柱にしか固定できません。

LPガスの場合は写真のように電気コンセントが上になるよう施工してください

LPガス用は、電気コンセントが別売です。

壁埋込CE2型ガスコンセント

ガスコンセント+電気コンセント2口の「壁埋込CE2型ガスコンセント」のメリットは、一般的な電気コンセント2連用のプレートと高さ方向が同じ120mmなので横に並べて施工するとキレイだという点。幅は若干広いので縦に並べるレイアウトはオススメしていません。色はPanasonic製コスモシリーズのホワイトと同じです。

なお、電気コンセントは都市ガス用には付属しているのですが、LPガス用は別売です。電気コンセント部はアース付やUSB仕様にしたいなど様々なニーズがありますから、考え方によっては別売のほうがいいのではないでしょうか?

LPガス用は電気コンセント部が別売ですのでご注意ください

床埋込仕様のガスコンセント

床取付の場合はガスコンセントだけの仕様です。一見すると壁埋込CS型ガスコンセントと同じですが、踏んでも破損しないよう強化されています。外観は写真のような金属仕様のほか、床材に合わせた色のプレートも数種類展開されています。

サイズとカンタン施工は壁埋込CS型ガスコンセントと同じですが、踏んでも破損しない仕様になっています。

ガスコードはどうやって外す?

初めてガスファンヒーターやガス炊飯器をお使いになるユーザーから「ガスコンセントからガスコードを抜こうとしたら抜けない!」「押してもダメ、引いてもダメ、指を入れるにも狭すぎて入らない!」とお電話をいただく季節です。

ガスコードはJIS化され都市ガスとLPガスが兼用になりました

ガスコンセントの種類は前述の通り壁埋込型と床埋込型の2仕様ありますが、外し方はどちらも一緒。しまい込まれているふたを少し強めに押し込んで外しまします。

日本ガス石油機器工業会正しい安全な使い方より引用

まとめ

秋口と春に決まって聞かれるガスコンセントの種類とガスコードの外し方について確認しておきましょう。特に新型ガスコンセントの着脱は「ふたの部分を押し込んで外す」とスマートに回答したいものです。ベストパーツオンラインショップ

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP
LINE it!