排気筒の下り勾配を取るのに便利な「スライド式吊金具」

屋内式の給湯熱源器設置工事において給排気筒横引配管を行う場合、屋外に向かって先下がり勾配を取らなくてはなりません(CF式を除く)。そこでご紹介したいのが、給排気筒の下り勾配をカンタンにとれる便利な「スライド式吊金具」です。

※この記事は、2019年2月22日に公開した記事ですが、修正し2020年10月30日に再度公開しました。

追い焚き配管部材一覧

スライド式の脚部で容易に勾配が取れる

一般的な吊金具では、全ねじを使って高さ調整をする場合が殆どです。その際、微妙な先下がり勾配を取るのが若干手間だというご意見もございます。一方でこの「スライド式吊金具」は、足の長さを、1.5~2mの間で微妙なレベル調整を容易に行えます。

付属のねじで脚の高さ調整がカンタンにできる「スライド式吊金具」シリーズ

「排気筒吊金具(品番:GH60K/GH80K/GH100K)」は脚の部分がスライド式になっており、付属のねじでカンタンに高さ調整が可能です。また、「排気筒吊バンド」「排気筒吊バンド用T字脚」を組み合わせることによって、より広い範囲での高さ調整ができるようになります。

脚と吊輪が一体の「排気筒吊金具」

「排気筒吊金具」は、付属のねじでスライド脚の長さを130~200㎜の間で調整することが可能です。

勾配の調整幅が130㎜~200㎜の間で収まる場合は、脚と吊バンドが一体となった「排気筒吊金具(品番:GH60K/GH80K/GH100K)」がオススメです。吊バンドと脚を別々に揃える必要が無いため、在庫管理も容易になります。一方で、材質がスチール(ニッケルメッキ仕上)なので、使用できる場所は屋内に限られます。

品 番 排気筒径 スライド幅 基準価格
GH60K φ60 130~200㎜ ¥600
GH80K φ80 130~200㎜ ¥760
GH100K φ100 130~200㎜ ¥830

組み合わせることで70㎜~280㎜までの高さ調整が可能な「排気筒吊バンド」と「排気筒吊バンド用T字脚」

吊バンドとT字脚を別々に選定するメリットは、様々な給排気筒径と脚の長さにフレキシブルに対応しやすくなる点です。「排気筒吊バンド」はφ60~φ120までの6サイズ、「排気筒吊バンド用T字脚」は調整可能長さ別に4サイズをご用意しておりますので、現場の状況に合わせて自由に組み合わせてご使用ください。

「排気筒吊バンド」

「排気筒吊バンド(品番:GH60KR/70KR/80KR/100KR/110KR/120KR)」は1個から当日出荷可能です。

「排気筒吊バンド」は、「排気筒吊バンド用T字脚」と組み合わせて使用します。材質はSUS304で排気筒専用設計となっておりますので、屋内隠ぺい部でも安心してご使用いただけます。サイズはFE用φ60からφ120までの6種類ご用意しております。

品 名 規 格 材質 バンド幅 基準価格
GH60KR φ60用 SUS304 20㎜ ¥160
GH70KR φ70用 ¥190
GH80KR φ80用 ¥190
GH100KR φ100用 ¥190
GH110KR φ110用 ¥190
GH120KR φ120用 ¥230
「排気筒吊バンド用T字脚」

排気筒吊バンド用T字脚には、固定用の木ネジが2本付属します。1個から当日出荷可能です。

「排気筒吊バンド」と組み合わせて使用する「排気筒吊バンド用T字脚」のポイントは、手締め可能な蝶ねじで勾配調整にドライバーなどの工具が不要な点です。片方の手で排気筒を押さえながら、もう片方の手で蝶ネジを締め込むことができるので、勾配の微調整がより容易に行えます。

品 番 A(最小長さ) B(最大長さ) 材質 基準価格
GH95T 70㎜ 95㎜ SUS304 ¥550
GH130T 105㎜ 130㎜ SUS304 ¥560
GH210T 135㎜ 210㎜ SUS304 ¥630
GH280T 205㎜ 280㎜ SUS304 ¥760

まとめ

CF式以外の給排気筒横引き配管では、先下がり勾配を「吊金具」で取る必要があります。高さ調整が容易にできるスライド式の「排気筒吊金具」を使用することで、微妙な勾配調整も容易に行えます。また、「排気筒吊バンド」「排気筒吊バンド用T字脚」を組み合わせれば、φ60~φ120までの6サイズ、高さ調整範囲70㎜~280㎜の4サイズ、最大24パターンの吊金具をセッティングすることが可能です。

ベストパーツオンラインショップ

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.
PAGE TOP
LINE it!
MAIN MENU SUB MENU