水栓交換の便利工具

キッチン用シングルレバー混合栓の交換工事は、ほとんどの水栓に合う「立水栓締付工具セット(品番:R3510S)」を持参するのが最新定番。一歩進んだ最新の便利工具を活用しましょう。

馬蹄型でもロックナット型でもこれさえあれば安心

既設水栓金具と新しく取付ける水栓金具の固定方法は必ずしも同じではありません。馬蹄型なら対辺13、18の高ナットを、ロックナット型なら対辺23、24、24、25、28、30、32、36、37、38、46、47の締付ナットという具合に固定方法は煩雑です。今までは、モンキーレンチウォーターポンププライヤーモーターレンチトーキレンチなどを駆使するか、サイズ別に水栓締付工具を買い揃えなければなりませんでした。

オールインワンの「立水栓締付工具セット(品番:R3510S)」

「立水栓締付工具セット(品番:R3510S)」は、あらゆるメーカーに対応する万能セットです。

煩雑な水栓取付方法をすべてカバーした「立水栓締付工具セット(品番:R3510S))」は、あらゆる水栓メーカーに対応しています。ロックナット型の締付ナット用アダプターは8つのアダプターで12サイズに、馬蹄型の馬蹄用アダプターは2サイズに対応しております。

加えて、長さ280mmのハンドルに延長アダプターを継ぎ足せば、なんと530mmまで延長できます。ビルトイン浄水器のカートリッジや食洗器用分岐ソケット等がある狭い空間でも、ナットにアダプターをはめ込ませることが容易です。

セット内容を確認

輸入品や古いワンホール混合栓は、ボディが太く締付ナットも大きかったのですが、徐々にスリムになり、締付ナットも小さくなってきてます。よって、既設水栓金具には大きいサイズのアダプターを用いて、新しい水栓金具に取り掛かる前にアダプターだけ交換してください。

新規取付時に稼働率が高いアダプターは、最近のワンホール混合栓の主流である36、38と、単水栓に多い24です。

知らないと損!便利な使用方法

締付ナットにアダプターをはめ込ませてからハンドルを回して作業します。多少のコツが必要ですが、どなたでもカンタンだと感じていただけるはずです。

水栓締付工具のまとめているページをご覧になりたい方はこちらをクリック!【取扱い水栓締付工具一覧】

締付ナットが回らなかったら錆びを疑おう

長年使用している間に、水や洗剤、そして油などが、水栓金具の取付穴を伝いねじ部ににじみ出て締付ナットのねじ部が固着している事があります。さらに、ねじ部が錆びてしまうと工具の力が伝わりにくくて厄介です。

その場合は、サビとり剤を締付ナットに噴霧し浸透させ手から作業に取り掛かれば、楽に締付ナットを回すことができます。

まとめ

今までは、モンキーレンチウォーターポンププライヤーモーターレンチトーキレンチなど駆使するか、サイズ別に水栓締付工具を買い揃えなければなりませんでした。

でも、最新の「立水栓締付工具セット(品番:R3510S)」なら、締付ナット用アダプター12サイズ、馬蹄用アダプター2サイズが専用ケースに入っているから、これだけであらゆる立水栓取替工事ができます。対象となる現場は、キッチンや洗面台のみならず、ユニットバスの浴槽エプロンの浴槽用ツーバルブ混合栓にも使えます。

ぜひ、立水栓締付工具セット(R3510S)をご利用になってはいかがでしょうか?この他にも水栓の専用工具や締付工具が多数掲載されているベストパーツOnlineをご覧ください。

  • シェア
  • twitter
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP
LINE it!