面倒な部材選定から産廃処理まで。直ぐ楽になる「温水マット用配管パック」

床暖用温水マットを敷設するためには、実にたくさんの部材選定が必要です。積算や発注が難しく時間と手間が掛かるとお悩みのお客様にオススメしたい商品が「温水マット配管パック」です。

※この記事は2020年4月28日の内容に加筆したものです

ベストパーツオンラインショップ

直ぐ楽になる「温水マット配管パック」

「温水マット用配管パック」を採用すると、CH継手やワンタッチバンドの必要数量と配管長を計算して架橋ポリエチレン管の必要巻数を決定する作業が不要になります。また、架橋ポリエチレン管を1巻(25m)単位で購入した場合、いつもいつも残材となる7Aのエクセルソフトペアチューブも僅かな長さに抑えることができるので産廃処理も楽になります。

主な配管パックの内容

具体的に「温水マット配管パック」の品番ごとの内容を見ていきましょう。取り上げるのは、「配管」「CH継手」「ワンタッチバンド」のパック商品です。大きく分けて、CHヘッダーから分岐ヘッダー手前までの「温水マット配管パック(系統用)」と、分岐ヘッダーと温水マット内蔵ヘッダーまでを接続する「温水マット配管パック(端末用)」の2種類があります。

CHヘッダーから分岐ヘッダー手前までの「系統用パック」

温水マット配管パック(系統用)」は、CHヘッダーから温水マット手前までの長さ別に4種類をラインナップしています。配管はあらかじめ往き戻りペアになっているため、片道10m以内ならXLSP10-1-10Mという具合で選定してください。

スムーサー「CHジョイント(品番:XPE-HJ10)」「エクセルソフトペアチューブ10A(品番:XLS-10HON10W)」を挿入してから、「ワンタッチバンド10A(品番:XPE-10B)」で抜け防止対策をしてください。

温水マット配管パック(系統用)」のラインナップ
パック品番 エクセルソフトペアチューブ10A CHジョイント10A ワンタッチバンド10A
XLSP10-1-10M 10mカット品×1本 2個 2個
XLSP10-1-15M 15mカット品×1本
XLSP10-1-20M 20mカット品×1本
XLSP10-1-25M 25mカット品×1本

分岐ヘッダーと温水マット内蔵ヘッダーを接続する「端末用パック」

「温水マット配管パック(端末用)」は、1系統あたりに接続する温水マットの枚数別長さ別に7種類をラインナップしています。分岐マット枚数は1枚~3枚までを用意しています。系統用と同様に配管はあらかじめ往き戻りペアになっているため、片道1.0m以内なら品番末尾”-1M”の1メートルセット、片道2.0m以内なら2メートルセット、片道3.0m以内なら3メートルセットという具合で選定してください。

スムーサーで継手に「エクセルソフトペアチューブ7A(品番:XLS-7HON10W)」を挿入してワンタッチバンドで抜け防止対策をしてください。

「温水マット配管パック(端末用)」のラインナップ
パック品番 エクセルソフトペアチューブ7A 継手 ワンタッチバンド 用途
XLSP7-1-1M 1mカット品×1本 ソケット(10A×7A)XPE-107S×2個 10A用×2個、7A用×4個 端末1枚
XLSP7-2-1M 1mカット品×2本 分岐継手(10A×7A×7A)XPE-1077×2個 10A用×2個、7A用×8個 端末2枚
XLSP7-2-2M 2mカット品×2本 分岐継手(10A×7A×7A)XPE-1077×2個 10A用×2個、7A用×8個
XLSP7-2-3M 3mカット品×2本 分岐継手(10A×7A×7A)XPE-1077×2個 10A用×2個、7A用×8個
XLSP7-3-1M 1mカット品×3本 分岐継手(10A×7A×7A×7A)XPE-10777×2個 10A用×2個、7A用×12個 端末3枚
XLSP7-3-2M 2mカット品×3本 分岐継手(10A×7A×7A×7A)XPE-10777×2個 10A用×2個、7A用×12個
XLSP7-3-3M 3mカット品×3本 分岐継手(10A×7A×7A×7A)XPE-10777×2個 10A用×2個、7A用×12個

ベストパーツオンラインショップ

品番選定のポイントは?

この現場は図面の通り、CHヘッダー以降は4回路になっています。よって、「温水マット配管パック(系統用)」を4セット選定します。すべて10m以内なので「XLSP10-1-10M」を4セット選びましょう。

次に系統用と温水マットとの接続に必要な「温水マット配管パック(端末用)」を選定します。

図面を見ると、KNS2424SとKNSDXAK特の各端末1枚が2系統、KNS1827S×2枚の端末2枚が1系統、KNS-BXAK特×3枚の端末3枚が1系統の合計端末7枚4系統であることが分かります。よって、まず端末1枚の2系統は片道1.m以内なので「温水マット配管パック(品番:XLSP7-1-1M)」が2セット。次に端末2枚の1系統は片道2.0m以内なので「温水マット配管パック(品番:XLSP7-2-2M)」が1セット。最後に端末3枚の1系統も片道2.0m以内なので「温水マット配管パック(品番:XLSP7-3-2M)」を1セット選びましょう。

配管パックを導入すると、7枚の温水マット敷設現場の部材発注業務がたった4行で片づけることができます。継手やバンド、配管の巻数を計算しなくてよいのでとてもカンタンではありませんか?

  1. 温水マット配管パック(系統用)品番:XLSP10-1-10M」  4セット
  2. 温水マット配管パック(端末1枚用)品番:XLSP7-1-1M」 2セット
  3. 温水マット配管パック(端末2枚用)品番:XLSP7-2-2M」 1セット
  4. 温水マット配管パック(端末3枚用)品番:XLSP7-3-2M」 1セット

まとめ

温水マット配管パック」を使用すれば、部材選定や見積時間の短縮、さらには配管もあらかじめカットしているの現場での施工時間の短縮と産廃処理の費用削減減が期待できます。

温水マット施工のベストなパーツではないでしょうか?

ベストパーツオンラインショップ

 

 

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.
大宮彰大

大宮彰大

営業部所属:ベストパーツ株式会社
2008年入社(31歳)
温水暖房分野を担当し2013年4月完成のベストパーツ株式会社社屋の冷暖房部材選定を行う。
MAIL:omiya.shota@best-parts.jp
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP
LINE it!