単水栓の漏水修理は外注をやめよう!

住宅設備機器を買い替える動機の多くは「故障」。その前兆をキャッチするために住設機器のメンテナンスや修理に取り組んでみませんか?本稿では、初歩中の初歩「単水栓やツーハンドル混合水栓からの漏水修理」を取り上げます。

ベストパーツオンラインショップ

単水栓の止水不良は意外と多い

今どき単水栓なんて・・・とおっしゃる方も少なくないと思いますが、いえいえそれは違います。同じ構造のツーバルブ混合水栓も含めればまだまだ相当数量が使用されているのです。更に、徐々に増えているビルトイン(アンダーシンク)タイプ浄水器の専用単水栓の止水不良も含めれば、意外と困っているユーザーが多くいらっしゃいます。

改めて単水栓を知ろう

単水栓の種類

現在はあまり見かけなくなりましたが、屋外の散水栓や屋内の洗濯機用水栓ではまだまだこちらが主流です。修理・メンテナンスで行った先で何の水栓か確認する場合は、以下の写真を参考にしてみてください。

単水栓の規格

単水栓のねじはJIS規格

国内メーカーが生産する単水栓は、JIS規格で統一されたねじが採用されています。それぞれ「上部ナット装着部」、「スピンドル可動部」、「給水管部」で規格が違いますのでご注意ください。

単水栓のサイズ(呼び径)

単水栓のサイズは「呼び」で表されます。一般家庭用は呼び13(外寸約21㎜)がほとんど。目安として50円玉と同じ大きさと覚えていただけると判断していただきやすいと思います。

 

単水栓の仕組み

ハンドルでスピンドル部を上下させてコマ部のゴムパッキンを流路に押し付けることで止水する単水栓。ただし寒冷地では、冬期に凍結防止の水抜きがしやすくなるようスピンドルとコマが一体化した固定コマが使われていることが多いのでご注意ください。

一般地用単水栓の構造

水栓スピンドル(固定コマ) PU36K-1-13 1個より当日出荷

単水栓の補修ポイント

単水栓の主なトラブルは水漏れです。ポイントさえつかめば非常に簡単に補修できますので、ぜひチャレンジしてみてください!

漏水修理は必ず「バルブ」を閉めてから行う

釈迦に説法とはまさにこの事なのですが…漏水修理の第一歩は「バルブを閉める」こと。ほとんどの場合カウンター下に止水栓があるので、元栓まで閉めることはあまりないかとは思います。洗濯機用水栓の漏水の場合は、戸建住宅であればメーターボックス、集合住宅の場合は止水栓ボックス内にある「元栓」を必ず閉めてから作業を行う必要があります。この工程を怠ると、室内が水浸しになって莫大な修繕費用が発生する可能性がありますので注意が必要です。

吐水口から漏水している場合の対応

吐水口から水が漏れている場合は、コマ部のパッキンの劣化か異物混入が原因です。「水栓ケレップ」または「水栓ゴムパッキン」を交換すれば直ります。ちなみにメーカーによる違いはございません。

 

水栓ケレップ PP82A-2S-15 1個から当日出荷

水栓ゴムパッキン PP12A-1S-14 1個から当日出荷

ハンドル下から漏水している場合の対応

ハンドルの下から水が漏れている場合は、三角パッキンの傷みが原因です。その際は「水栓上部パッキン」を交換すれば直ります。

水栓上部パッキン PP42A-1S-13 1個より当日出荷

パイプ根元から漏水している場合の対応

パイプの根元からの水漏れは、Uパッキンの傷みが原因です。その際は「パイプパッキンセット」を交換すれば直ります。

パイプパッキンセット PP43A-1S-16 1セットより当日出荷

水栓と壁の間から漏水している場合の対応

水栓と壁の間の水漏れは、シールテープの劣化や痛みが原因です。「シールテープ」を巻き直すことで止水が可能です。

シールテープ CT-15J 1個から当日出荷

まとめ

住宅設備機器は「故障」が買換え動機である場合が多く、修理依頼はその前兆です。単水栓やツーハンドル混合水栓からの漏水修理を外注に出さずに対応すれば、ユーザーの情報を得られるかもしれません。作業自体はポイントさえ押さえていただければ非常にカンタンです。作業車や工具箱に必要な補修部材を数点積んでいつでも喜んで対応させていただける体制を整えておきたいものです。

ベストなパーツでは、施工業者様の住宅設備部材に関するお困りごとや小さな疑問の解決のお手伝いをさせていただきます。

ベストパーツオンラインショップ

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.
佐々木 克仁

佐々木 克仁

2001年ベストパーツ株式会社(旧東北綜合器材株式会社)入社。2002年より営業職。分類は設置固定を担当。1976年生まれ。
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP
LINE it!