スペースと予算を節約!CALEFFIの高性能コンパクト圧力計の魅力

冷暖房設備では、正確な圧力監視が重要ですが、設置スペースが限られる場合もあります。CALEFFIのコンパクトな圧力計は、高性能を保ちつつ、設置の容易さを実現し、狭いスペースでも効果的な圧力管理を可能にします。この記事では、CALEFFIの圧力計が管理作業をどのように簡素化し、スペースを有効活用するかについて紹介します。

スペース効率と機能性を兼ね備えたCALEFFIの圧力計

冷温水設備では、熱源機やヘッダー周りの配管が多く、限られたスペースへの圧力計の設置が課題となることがあります。コンパクトな設計は、このような環境でも柔軟に対応できるため重要です。さらに、複数の設置ポイントを考慮すると、コストも重要な選定基準になります。

ラインナップ:測定範囲別の3つの選択肢

CALEFFIの圧力計は、用途に応じて選べる3つの測定範囲を提供しています。全てのモデルはbar単位で表示され、1barは0.1MPaに相当します。このシンプルな換算により、どのモデルも使用が容易です。

圧力計は3種類いずれも受注当日出荷しております

品番 測定範囲 ねじ 基準価格
557304 0~4bar G1/4 ¥1,660
557306 0~6bar ¥1,660
557310 0~10bar ¥1,660

CALEFFI圧力計の3大特徴

CALEFFIの圧力計は、その性能と利便性で差別化を図ります。以下の3つの特徴は、これらの圧力計がいかにユーザーのニーズに応えるかを示しています。

コンパクト設計と目安用赤い針

Φ50のコンパクトな設計により、限られたスペースにも適応します。特に注目すべきは、操作が容易な中心の⊕で調整可能な「目安用の赤い針」です。この赤い針を使用することで、設計値や異常値を設定し、常用圧力との差異を簡単に識別できます。

広い許容温度範囲

この圧力計は、冷暖房設備で遭遇する可能性のある幅広い温度範囲、―20℃から90℃に対応しており、さまざまな環境での使用に適しています。ユーザーは、これらの条件下でも安心して圧力計を使用できます。

適切な精度等級

CALEFFI圧力計が備える2.5等級の精度は、最大±2.5%の許容誤差を意味します。この精度レベルは、冷暖房設備における要求を満たすために十分であり、ユーザーは安心して正確な圧力管理を行うことができます。

まとめ

冷暖房設備の管理における正確な圧力監視は、限られたスペースにも適応できるコンパクトな解決策を必要とします。CALEFFIの圧力計は、このニーズに応える設計を提供します。コンパクトながら、簡単な操作で差異を識別できる目安用赤い針、幅広い許容温度範囲、そして適切な精度等級という特徴を持ち合わせています。狭い場所での圧力管理を簡素化し、コストパフォーマンスに優れた信頼性と利便性を求める場合、CALEFFIの圧力計は最適な選択肢です。

ベストパーツオンラインショップ

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.

大宮彰大

営業部所属:ベストパーツ株式会社 2008年入社(36歳) 温水暖房分野を担当し2013年4月完成のベストパーツ株式会社社屋の冷暖房部材選定を行う。 MAIL:omiya.shota@best-parts.jp
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP
LINE it!
MAIN MENU SUB MENU