管相当長93%低減!驚異の給水給湯リフォーム継手【Revos】とは?

給湯交換などで必要となる給水給湯配管のリフォームですが、余程大掛かりな工事以外では屋内露出での配管になる事が多いと思います。そこで問題となるのが、壁を添わせる際の継手の数が多くなることではないでしょうか?思ったように流量が出ない、または化粧カバーに継手が収まらないといった経験のある施工業者様に是非おススメしたいのが、今回ご紹介するオンダ製作所の樹脂管用ワンタッチ継手「Revos」です。

ベストパーツオンラインショップ

リフォーム配管に革命を!のコンセプトで登場した他社にはない構造

この「Revos」ですが、基本設計はオンダ製作所が長年製造している”ダブルロックジョイント”と同じ外形シール方式です。他メーカーの殆どが採用している内径シール方式と比較して構造的に流路を大きく採れるので、曲がり箇所が多い場合や配管自体が長い場合には元々適しているのですが、Revosのスゴイところはその性能を維持しながらボディを小型化し、未来工業のRMモール因幡電工のリフォームダクトにもキッチリ収まるようにしたところです。そのほかにもたくさんの優れた特色がありますので、それぞれご紹介していきます。

圧損が少ないので配管口径やポンプ能力を落とすことが可能

内径シール方式の継手や従来のエルボソケットを使用すると圧力損失が大きくなり、2Fなど配管距離が長くなる場合は特に出湯側の圧力不足の恐れがあるため、高いポンプ能力や大きい配管径で配管する必要がありました。しかし、圧力損失の低いRevosを使用することでポンプ能力や配管径をサイズダウンすることができるのです。ユーザー様にはイニシャルコストからランニングコストまでを低減し、施工業者様には使用部材のコストダウンというメリットが発生します。

オンダ製作所ホームページより引用

オンダ製作所ホームページより引用

オンダ製作所ホームページより引用

エルボソケットの技術革新が流量不足を解消する

広い流路が確保できる外径シール方式に加えて、Revosの一番の特徴は「エルボソケットの内部構造」にあります。一般的なエルボソケットの内部は、内径シール方式の細い流路に加えて金型の構造的な都合でほぼ直角に流路が切ってあり、圧力損失の管相当長が10~15m程度発生してしまうことから曲がり箇所の多いリフォーム現場では管を太くして対応するしか方法がありませんでしたが、Revosは管相当長がなんと”0.7m”。圧倒的に圧損が低いので、継手を多用するようなリフォーム現場でも、ほとんどの場合13Aの樹脂管のみで対応することが可能です。非常に地味に思えますが、この”なめらかエルボ”の構造は、給水給湯配管リフォーム業界においては革命的といえる技術革新です。

オンダ製作所ホームページより引用

オンダ製作所ホームページより引用

流路は広いのにスリムなボディ

従来からある各社の樹脂管用継手の中には、ボディが大きくリフォームの仕上げに使用する化粧カバーに収納できないケースもありました。このRevosは広い流路を確保したのにもかかわらずボディがスリムなので、難なく化粧カバーに収めることが可能です。さらに13A用の細い化粧カバーが使用できるので、美観の上でも大きなメリットがあります。

 

未来工業ホームページより引用

未来工業ホームページより引用

施工性も考慮された構造と目印

構造的には前述のとおりダブルロックジョイントになるため、管を切断してインコアを管に挿入し継手本体に差し込む工程は従来品と変わりませんが、Revosはボディに「管切断目印」が入っておりますので、入隅や出隅に使用する際でも簡単に切断する長さが分かるようになっています。ただし、この切断長さは継手のサイズや種類によってそれぞれ違いますので、表示されている数値に従って施工していただければと思います。

オンダ製作所ホームページより引用

オンダ製作所ホームページより引用

まとめ

給湯器入替工事などで発生する給水給湯配管リフォームにおいては、屋内露出配管での曲がりの多さや配管長の長さから、1サイズ太い配管を選定しなければならないケースも多々ありましたが、スリムなボディと圧倒的な低圧損を誇るオンダ製作所「Revos」を使用すれば、美しい仕上げと出湯圧力不足によるクレームのリスクを大幅に減らすことが可能です。ユーザー様にはランニングコストの低減というメリットと、何より施工業者様にも材料コストの低減というメリットがついてきます。このメリットだらけの継手の導入をぜひともご検討いただければと思います。

ベストなパーツでは、施工業者様の住宅設備部材に関する小さな疑問やお困りごとの解決のお手伝いをさせていただきます。

ベストパーツオンラインショップ

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.
Katsuhito Sasaki

Katsuhito Sasaki

2001年ベストパーツ株式会社(旧東北綜合器材株式会社)入社。2002年より営業職。分類は設置固定を担当。1976年生まれ。
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP
LINE it!