太陽光システムの配線を美しく整える方法

太陽光発電システムは、太陽からのエネルギーを電気に変換するための装置です。このシステムの配線を美しく整えるためのアイテムを紹介します。

PF管とスリムダクトSDの組み合わせ

PF管は障害物を回避するのに最適ですが、壁面での直線的な配線は難しい場面があります。しかし、INABA DENKOの「PFD管引込カバー(品番:SECB-77-I)」を利用すれば、スリムダクトSD(77サイズ)との組み合わせで、整然とした配線が実現します。

主要な部品の紹介

本稿でご紹介いたします「PFD管引込カバー(品番:SECB-77-I)」「ケーブル保持具(品番:SHCB-77)」「ボックス接続カバー(品番:SPCB-77-I)」スリムダクトSD(77サイズ)を組み合わせれば下図のような美観に優れた仕上がりになります。

本稿でご紹介いたします3つのアイテムをスリムダクトSDと組み合わせたイメージ

PF管とスリムダクトSD接続用:「PFD管引込カバー(品番:SECB-77-I)」

「PFD管引込カバー(品番:SECB-77-I)」は1個から当日出荷しております。

品番 適合PFD管 基準価格
SECB-77-I PFD22~PFD36 ¥480

「PFD管引込カバー(品番:SECB-77-I)」は、太陽光配線のPF管スリムダクトSD(77サイズ)と接続する際に使用されます。このカバーは、PF管の呼び22、28、30、36すべてに適合するカット溝を持っています。また、難燃性の材料で製造されています。使用時には、PF管が本品に曲げ負荷を加えないよう直前でPF管用両サドルを使って固定することが必要ですので、その点を特に注意してください。

スリムダクトSD内のケーブル固定:「ケーブル保持具(品番:SHCB-77)」

「ケーブル保持具(品番:SHCB-77)」は1個から当日出荷しております。

品番 適合スリムダクト 基準価格
SHCB-77 SD-77 ¥180

「ケーブル保持具(品番:SHCB-77)」は、スリムダクトSD(77サイズ)内でのケーブルの動きを制御するための専用部品です。この部品は、スリムダクトの底部に備えられた100mmピッチの穴にピッタリ合い、壁に固定する際の座付ナベビスとともに取り付けることができます。縦の配線には、両端と中間の合計3カ所で取り付けることが推奨され、横の配線には500mmの間隔で取り付けることが推奨されています。この保持具には、10mm幅までの結束バンドを取り付けることができる穴があり、ケーブルを確実に固定・サポートします。但し、結束バンドはセットには含まれていないので、別に購入する必要があります。

SDダクトとパワコンを接続:「ボックス接続カバー(品番:SPCB-77-I)」

「ボックス接続カバー(品番:SPCB-77-I)」は1個から当日出荷しております。

品番 適合スリムダクト 基準価格
SPCB-77-I SD-77 ¥330

「ボックス接続カバー(品番:SPCB-77-I)」は、太陽光発電の配線において、スリムダクトSD(77サイズ)とパワーコンディショナー(配線ボックス)を接続する際の専用部品です。この部品は上部(フタ部)と底部の2つから成り立っています。取り付ける際、初めに底部をパワーコンディショナーの直下の壁に座付ナベビスで固定します。その後、スリムダクトSDに通線を行い、上部(フタ部)を取り付けます。さらに、この部品の上部(フタ部)を上から被せ、ビスで確実に固定します。また、雨水の侵入を防ぐためのコーキングが必要な部位には、専用のコーキング溝が設けられています。

まとめ

太陽光発電システムの配線を保護するPF管は、障害物を避けるのに適していますが、壁面での直線的な配線は難しいことがあります。この問題を解決するために、INABADENKOの「PFD管引込カバー(品番:SECB-77-I)」が開発されました。これをスリムダクトSD(77サイズ)と組み合わせることで、美しい配線が可能になります。また、「ケーブル保持具(品番:SHCB-77)」は、スリムダクト内のケーブルの動きを制御し、安定した配線を保つための部品です。「ボックス接続カバー(品番:SPCB-77-I)」は、スリムダクトとパワーコンディショナーを接続する際に使用され、雨水の侵入を防ぐコーキング溝も備えています。これらの部品を使用することで、太陽光発電システムの配線を美しく、効率的に整えることができます。

ベストパーツオンラインショップ

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.

室橋尚哉

1989年ベストパーツ株式会社(旧東北綜合器材株式会社)入社。分類は空調換気を担当。1963年生まれ。
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP
LINE it!
MAIN MENU SUB MENU