サンルームに設置するガス衣類乾燥機は、床埋込ガスコンセントと一緒に使いましょう!

床埋込ガスコンセントは新築用として人気が高い部品ですが、スリーブ型の床埋込ガスコンセントはリフォームで使わないのはもったいないと感じるくらいに進化しています。

ベストパーツオンラインショップ

サンルームに床埋込型ガスコンセントを取付けてガス衣類乾燥機を設置

ガス衣類乾燥機をサンルームに設置する場合、一般的には排湿トップセットを利用するので移動式燃焼器に位置付けられます。ガス衣類乾燥機の商品ラインナップの内、最も大きい乾燥容量8.0kg仕様であってもガス消費量は僅か4.47kwなので、接続はガスコンセントで十分です。

サンルームやガーデンルームの壁にガス栓はナンセンス

サンルームやガーデンルーム、テラス囲いであっても三方向がガラスなどで囲まれていて天井がついている仕様であり、残り一方向は住宅の外壁を利用します。

サンルームとガーデンルームは全面開放の可否の違いこそあれ、基本的には他の部屋の延長のように使うことができる床の高さになっています。ちなみにテラスとは住居の扉や掃き出し窓などと繋がっている地面より一段高いスペースを指すため、テラス囲いをすれば簡易的なサンルームのように使うことができますが床下にスペースはありません。

つまり、サンルーム、ガーデンルーム、そしてテラスの壁にガス栓を取付けようとすると住宅の外壁工事が必要になり耐震や気密に関わる性能が崩れる恐れがありますが、サンルームとガーデンルームであれば床下を有効活用することでイニシャルコストを抑制することができるのです。

サンルームに床埋込ガスコンセントを増設した事例

一戸建住宅の庭部分にあったサンルームに床埋込ガスコンセントを増設してガス衣類乾燥機を設置した事例です。

ガスフレキでサンルームの床下に引き込む

ガスフレキ15A(品番:TR15-30S-L)をサンルームの床下まで引き込みます。ガスフレキの被覆は耐候性が付与されていないため、必ずガスフレキ用エネモール(品番:GML-15M)等で保護してください。

サンルームの床に床埋込スリーブ型ガスコンセントを設置する

サンルームの床にホルソー中心をけがき、Φ60のウッディングコアドリルSDS軸(品番:PCWS-60R)等でΦ60丸穴を開口してください。下の写真のようにガスフレキを引き出しプッシュインパクト(品番:FIS-1515L)又はネオジョイント(品番:NFP-1515L)のおねじ先端2山残して配管用シール剤(品番:TB4332C)を全周に塗布してから、LPガス用 床埋込スリーブ型ガスコンセント(品番:G855AC-09PB)の配管接続口に両スパナで取り付けてください。

なお、都市ガスの場合はガス事業者様指定のシール剤を使ってください。当たり前ですがシールテープの使用は厳禁です。

電源は既設の防水コンセント(品番:WK2103)を利用します

LPガス用 床埋込スリーブ型ガスコンセント(品番:G855AC-09PB)を床穴に押し込み、付属の皿ねじ4本で床に固定します。最後に化粧プレートをパチンとはめれば終了です。

サンルームには排湿トップセットが最適です。

まとめ

ガラス張りの屋根や窓から太陽光が豊富に差し込むサンルームは、洗濯物も乾きやすく、物干し空間として最適です。しかし、室内干しと同様に生乾き臭が発生しますのでガス衣類乾燥機を提案・設置する価値は十分あります。

その際、ガス接続を床埋込ガスコンセントで提案してみてはいかがでしょうか?住宅の外壁をいじることなくガス栓を増設できるので住宅性能を損ねる心配がなく設置コストも抑制できるため、ユーザー様にもご納得いただけるはずです。

ベストパーツオンラインショップ

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP
LINE it!