浴室のウロコ汚れ落としは電動研磨で決まり!

大型化する浴室の鏡とガラスのウロコ汚れは、もはやユーザーの手作業できれいに除去することはできません。本稿では、短時間でウロコ汚れが根こそぎ取れる洗浄方法をご紹介いたします。ぜひ、大切なユーザーとの接点強化策に加えてください。

ベストパーツオンラインショップ

ウロコ汚れは研磨すべし

大掃除の時期になると、メディアのマス・ソーシャルを問わず「酸洗浄で除去できる」とか「ラップでパックのようにすればよい」などと取り上げられる浴室のウロコ汚れ。私もそれらの方法を真に受けて取り組んできましたが、積層化したウロコ汚れを除去することは一度もできませんでした。また、酸性の洗浄剤には「真鍮に使えません」と注意喚起文が記されており、水栓金具の真上に設置されている場合が多い浴室鏡の洗浄剤として適切ではありません。

そこでベストパーツが推奨する洗浄方法は「鏡やガラスに傷や跡がつかない専用品による電動研磨」です。

ウロコ汚れ(水垢)を取り除くためのグッズ

まず、ミニサンダ、ウロコ汚れ研磨用ダイヤシート、ウロコ落とし研磨剤の3点を用意します。

RYOBI ミニサンダ(品番:S-550M

小型で軽量なので片手でらくらく操作できるRYOBI(リョービ)のミニサンダ(品番:S-550M)は、マイクロスティックパッドを採用しているのでマジック式75×107パッドが使える便利な電動工具です。

RYOBI ミニサンダ(品番: S-550M)は受注翌々日出荷です。

●パット寸法:75×105mm
●ペーパー寸法:75×140mm(クランプ式):75×107mm(マジック式)
●回転数:12,000min-1
●電流:1.8A
●消費電力:170W
●質量:0.92kg
●サイズ:長さ124×幅72×高さ127mm
【付属品】・木工用ペーパー(#100)・木工用ペーパーマジック式(#100)各1枚

ウロコ汚れに適した研磨用ダイヤシート(品番:URO-SEAT)

浴場内のガラスや鏡などに付着したウロコ状の汚れを研磨するダイヤシートです。鏡やガラスなどの面積の広い現場でも、ウロコ汚れ研磨用ダイヤシート(品番:URO-SEAT)をミニサンダ(品番:S-550M)に装着して使用すれば作業時間は大幅に短縮します。

ウロコ取り研磨用ダイヤシート(品番: URO-SEAT)は受注当日出荷です。

ウロコ汚れ(水垢)を取り除く肝はウロコ落とし研磨剤(品番:URO-300)

ウロコ汚れ研磨用ダイヤシートでウロコ汚れ(水垢)を取り除く際に、鏡やガラスにウロコ落とし研磨剤(品番:URO-300)を直接塗布して作業します。ただし、レンズ・樹脂製品・撥水性ガラス・フイルム加工ガラス・塗装面・軟質ガラス・すりガラス・模様入りガラスには使用できませんのでご注意ください。

ウロコ落とし研磨剤(品番:URO-300)は受注 当日出荷です。

ウロコ汚れを落とす作業手順

URO-SEATをミニサンダに取付ける

ポイント!・・・ウロコ取り研磨用ダイヤシート(品番: URO-SEAT)を取り付ける際は、ミニサンダ底面に隙間なく、しっかりと固定して下さい。

ポイント!・・・ウロコ取り研磨用ダイヤシート(品番: URO-SEAT)がミニサンダパット部分よりはみ出ますが作業に支障がありません。むしろ鏡のフレームにミニサンダが直接接触するのを防ぐ役割を果たします。

鏡表面の汚れを拭き上げてから研磨剤を塗布

次に、鏡を濡れた布などで軽く拭き上げてから、ウロコ落とし研磨剤(品番:URO-300)を別売品のヘラなどを使って取り出し鏡に直接塗布します。1回の取り出し量は小さじ1杯程度くらいのイメージで取り出してください。

ミニサンダで鏡やガラスの表面を円を描くように研磨する

霧吹きで研磨剤に水分を適量なじませながら、ゆっくりと円を描くよう鏡やガラス表面を移動しながら研磨して下さい。洗浄面積が縦に長い場合は「下1/3→真ん中→上1/3」という具合に3か所に分けて作業するとキレイに仕上がります。

ミニサンダでゆっくりまんべんなく研磨していきます。

シャワーで研磨剤を流す

ミニサンダで全体の水垢を落とす作業が終わったら、シャワーで鏡に付いた研磨剤を洗い流してください。研磨剤が多く付着して取れない場合は拭き取ってください。

混合栓や風呂おけなどが研磨剤で汚れていますが、この後、シャワーでキレイに流しています

拭き上げて完了

シャワーで流した後、拭き上げたら作業完了です。ウロコ汚れ(水垢)がすっきり取れてキレイになります。浴室が湯気で満たされても、ウロコが落ちた鏡はサッとシャワーをかけるだけで自分姿が見え、ガラスは水滴が残りません。

表面が平滑になり汚れが付着しにくい美しい仕上がり

この状態は約3カ月前後続きます。とはいえ、毎日シャンプーなどの有機物と人の皮脂汚れが飛び散る浴室内ですから日々の清掃はユーザーにお願いしてください。

洗浄前はガラス表面に水滴が止まる

洗浄後はガラス面が平滑になり水滴は残りません

まとめ

大型化する浴室の鏡とガラスのウロコ汚れに対して酸洗浄を推奨している情報を目にしますが、積層化したウロコ汚れを除去することは難しいうえ、水栓金具に悪影響を与える恐れがあり適切ではありません。

ベストパーツは「鏡やガラスに傷や跡がつかない専用品による電動研磨」をオススメします。この手法なら準備から作業終了まで約30分で終わります。フロフタや混合栓の取替、浴室内手すりの取付、脱衣場の壁面暖房器設置、浴室暖房観測機の設置などの浴室リフォームを提案する前のユーザー接点強化策に加えてはいかがでしょうか?

今回、ご紹介したミニサンダ・うろこ取りシート・研磨剤以外にも浴室のプロ用洗浄剤や排水管の洗浄剤など多数の商品がベストパーツon-lineに掲載しておりますのでご覧ください。

ベストパーツオンラインショップ

  • シェア
  • twitter
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP
LINE it!