何が違うの?バス用クサリ付ゴム栓の選び方

「浴槽に溜めたお湯が減っている気がする」と言われたなら、排水栓の経年劣化を疑いましょう。特に古いゴム栓式が多いようです。いざ交換作業となった場合、様々な種類のゴム栓から何を選べばよいのか。本稿では、選定基準を解説いたします。

浴槽の排水栓はポップアップ式とゴム栓式の2種類

浴槽の排水栓は、「ポップアップ式」と呼ばれるワンプッシュで開閉が可能なタイプと、「クサリ付ゴム栓式」と呼ばれる昔ながらの方式の2種類が主流です。ポップアップ式の場合、浴槽の品番が分かれば補修部品の特定は容易ですが、クサリ付ゴム栓式の場合は専用部品ではないことが多いため現場の寸法に合わせて市場調達してください。

排水口径とヒートンから排水口までの距離で選ぶ

ゴム栓を交換する際、まずは浴槽の排水口の径が何㎜なのかを確認してください。メーカーや年代・方式・浴槽の大きさなどで、排水口径は大きく異なります。また、腐食の恐れがあるクサリも同時交換していただきたいので、ヒートン(ゴム栓とクサリを浴槽に接続する部材)から排水口までの距離も確認してください。

バス用クサリ付ゴム栓の種類

現調を無くしたいなら「万能タイプ」

バス用万能クサリ付ゴム栓(品番:PH271)1個から当日出荷

浴槽の排水口径が分からないことも多いと思いますが、わざわざバス栓交換のために現調と作業で2回現場に出向くのは効率が悪いとお考えの方には、こちらの”バス用万能クサリ付ゴム栓”がピッタリです。同梱されている4種類の部品を組替えることで、排水口径27~48mmまで対応することが可能です。もちろんクサリ付(4㎜玉クサリ・長さ670㎜)ですので、これ1個持っていれば大抵の現場に対応できますね!

「バス用万能クサリ付ゴム栓(品番:PH271)」は1個から当日出荷

長期間にわたり止水するなら「W式」

「バス用W式クサリ付ゴム栓(品番:PH27-28~47)」1個から当日出荷

W式と呼ばれるバス栓の特色は、”上面と側面の2面で止水する”ところです。一般的なゴム栓は側面のみですので、よりしっかり長期間止水したいというニーズの現場にオススメです。こちらは5㎜の玉クサリ付(長さ670㎜)となります。

また、取付寸法A(排水口径)も、例えば26㎜~28㎜と、2㎜程度の内径差は同一品番で対応できるというメリットもあります。

サイズは8つで取付寸法A26~48㎜に対応します。価格と性能のバランスではこの”W式”に軍配が上がります。

品番 取付寸法A φD φd H
PH27-28 26~28 28 20 17
PH27-31 29~32 31 20 17
PH27-35 33~35 35 25 17.5
PH27-37 36~38 37 27 17.5
PH27-40 39~41 40 30 17.5
PH27-43 42~44 43 33 17.5
PH27-45 44~46 45 35 17.5
PH27-47 46~48 47 37 17.5

価格優先ならノーマルタイプ

「バス用クサリ付ゴム栓(品番:PH29-28~50)」は1個から当日出荷

最もポピュラーなバス用クサリ付ゴム栓が、こちらの排水金具内径側面のみで止水するタイプです。取付寸法にフレキシブルさは無いですが、価格が安いため多く使われています。とにかく価格最優先で!という方にはこちらが一択になるでしょう。サイズラインナップは13種類(28~57㎜)あり、特に排水口径の大きい(50~57㎜)現場に対応するのはこのノーマルタイプだけです。こちらは4㎜の玉クサリ(長さ670㎜)が付きます。

品番 φD φd H
PH29-28 28 23 15
PH29-30 30 23 15
PH29-32 32 26 15
PH29-35 35 30 15
PH29-37 37 32 15
PH29-40 40 36 15
PH29-43 43 37 15
PH29-45 45 38 15
PH29-47 47 40 15
PH29-50 50 45 15
PH29-52 52 43 15
PH29-54 54 47 15
PH29-57 57 51 15

クサリの長さは2種類ある

ゴム栓用のクサリには、カバーが付いているものや平クサリなどいろいろ種類がありますが、最もポピュラーなのがこの”玉クサリ”(ボールチェーンとも言われる)タイプです。丸いので浴槽に傷がつきにくく、ステンレス製で腐食しにくいのがメリットです。

バス用ゴム栓クサリ 玉径4.5で両端は丸カン付です。

長さは500㎜と670㎜の2種類あります。ポリバスやステンレス浴槽など、バランス釜と組み合わせるような深い浴槽には670㎜のタイプ(品番:PU20-47-67)、ユニットバスや浅型の浴槽には500㎜タイプ、ユニットバスや浅型の浴槽には500㎜タイプ(品番:PU20-47-50)を選定してください。なお、このタイプは長さ調整(切断や継ぎ足し)ができませんのでくれぐれもご注意ください!

浴槽への固定は”バス用ヒートン”

クサリ付ゴム栓を浴槽に固定するのは”バス用ヒートン”という部材を使用します。一般のユーザー様にも施工ができる「内締めヒートン」という商品もありますが、あくまでも簡易的かつ完全防水するタイプではございませんので、プロの施工業者様はこの「外締めタイプ」をご使用頂きたいと思います。高い防水性やグラつきのない美しい仕上げが可能です。

「バス用ヒートン(品番:U20-392)」

図面のとおりM5×0.8㎜のボルトとワッシャーで締め込むことで固定する構造ですが、間に挟まる2枚のゴムパッキンで止水しますのでコーキング処理等は不要です。下穴はポリバス(FRP浴槽)にはタイル用、ステンレス浴槽には鉄工用のドリルで、刃先径は5.0~6.0㎜をそれぞれ選定してください。

まとめ

お客様から「浴槽に溜めたお湯が減っている気がする」というお問い合わせを受けた場合は、ゴム栓交換を提案してください。排水口のサイズとヒートンから排水口までの距離さえわかれば選定はカンタンです。

ベストなパーツでは、施工業者様の住宅設備部材に関する小さな疑問やお困りごとの解決のお手伝いをさせていただきます。

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.
佐々木 克仁

佐々木 克仁

2001年ベストパーツ株式会社(旧東北綜合器材株式会社)入社。2002年より営業職。分類は設置固定を担当。1976年生まれ。
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP
LINE it!