ガス配管にシールテープは使えるの?

各種配管のシール材として広く使われているシールテープですが、「シールテープはガス配管のシールに使ってはダメだと聞いた」というお問合せが多くなって参りました。

今回はこの疑問にお答えしていきたいと思います。

ベストパーツオンラインショップ

シールテープとは

CT-15J

説明するまでもないかとは思いますが、配管のシール材として広く使われている部材です。物によっては特定の流体専用品だったり、各種兼用だったりと実にたくさんの種類のシールテープがございます。

ガス配管用シールテープ

ガス配管用シールテープ 4501

さて、ここからが本題です。

シールテープの中には、シールテープメーカーがガス配管用に開発して、検証を経てガス配管専用という用途を特定したシールテープがございます。

それにも関わらず、ガス配管には使用できないという話が出てくるのは一体どういうことなのでしょう?

実は、これは都市ガスとLPガスで、ルールの仕組みが違うことに起因しています。

LPガスの場合

まず、LPガスにおいてはシール材の使用を制限するような事項はございません。

しかしながらガスコンセントのねじ接続部の場合、過剰締付やシールテープの切れ端が入り込んでエラーが発生することを懸念して、シールテープの使用をしないように明記している商品も一部あります。

以上から、LPガスにおいては一部を除いては使用可能であるということが正しい認識です。

都市ガスの場合

非常にややこしいのが都市ガスの場合です。

都市ガスについては、大手都市ガス事業者様では独自認定しているシール材があり、それ以外のシール材を使用することが難しいという背景があります。

例えば、東京ガス様ではスリーボンド製のTGシールが、大阪ガス様では横浜ゴム製のニュータイトがそれぞれ認定品となっています。

その為、シールテープメーカー側が「ガス配管への使用は問題ない」としていても、都市ガス事業者様の認定を取得していないシール材は使用されない方が無難です。

まとめ

シールテープは、シールテープメーカーの検証を経て適応流体を決定していますので、安心してご利用いただけます。

しかし、都市ガス事業者様の一部に独自認定のシール材を用意している場合がございます。その場合は、認定シール材をご利用ください。

また、ガス器具やガス栓メーカーが、工事説明書などにシールテープの使用をしないように明記している場合は、過剰締付やシールテープの切れ端の混入などが機能や安全性に悪影響を与える恐れがあります。その場合は、ガス種に関わらず工事説明書に従ってシール材を選定してください。ベストパーツオンラインショップ

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.
佐藤優光

佐藤優光

2014年入社。温水暖房と断熱保温のサブ担当を経て、2016年より燃料配管をメインに担当。1990年生まれ。ベストパーツオンラインの燃料配管の商品ページ作成も担当してます。ご不明な点はお気軽にお問合せ下さい。
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP
LINE it!