使わないコンセントは「カバープレート」で塞いで安全性と美観を向上しましょう。

電気機器やスマートフォンの普及により、コンセントの使用機会は増えてきています。でも住宅の中には「なんでここに?」という位置に取付されていたり、家具の移動で使えなくなった不要なコンセントがあると思います。長期間使用しないコンセントにはホコリが溜まり、トラッキングの可能性が高まります。安全性と美観を向上させるため使用しないコンセントにはカバープレートをつけましょう。

ベストパーツオンラインショップ

既存のコンセントにはめ込むだけ

使用しなくなったコンセントプレートと土台のプレートをマイナスドライバーで外し、このカバープレートをはめ込むだけのカンタン施工。ドライバーだけで作業ができます。カバープレートには取付枠が付属しておりますので、壁に空いた穴を塞ぐことも可能です。

フルカラーシリーズとコスモシリーズをラインナップ

コスモシリーズ(品番:WTC7091W)は、美しいホワイト色で現代的な住宅にマッチします。

フルカラーシリーズ モダンプレート(品番:WN6091W)は、和室など木質建材が多く使われている物件にマッチします。

フルカラーシリーズとコスモシリーズの違いは色だけじゃない!?

ベストなパーツではPanasonic社製のコスモシリーズフルカラーシリーズを在庫しておりますが、違いは何?というご質問がよくありますのでご説明します。

色の違い

目に見える相違点は色です。フルカラーシリーズはアイボリーのような色味で、古い住宅によく使用されています。それに対しコスモシリーズはホワイトで、最近の住宅に多く仕様されています。

取付枠の規格が違う

取付枠のカバー取付用のネジ穴は同じ位置ですが、コスモシリーズの方が取付枠に少し厚みがあります。具体的にはフルカラーシリーズは厚み4mmに対し、コスモシリーズは厚み5.6mmです。

ネジ穴の位置は同じなので、カバー自体はどちらにも取付可能ですが、フルカラーの取付枠に厚みのあるコスモシリーズのカバーを取り付けると、壁とカバーの間に隙間ができてしまいます。その隙間から外気が侵入したり、室内の空気を逃がしてしまうことになりますから、必ず同じシリーズの商品を使うようにしてください。

差し込み口だけ塞ぎたい場合は「ブランクチップ」を使う

ダブルコンセントがついているが、1個しか使わないので穴を塞ぎたい!なんてときにはこちらのブランクチップを使いましょう。取付枠にはめ込むだけの簡単施工です。

ブランクチップ WN3020SW

まとめ

使用しないコンセントは安全性と美観向上の為、カバープレートやブランクチップで塞ぐことをオススメします。作業時間も数分で済みますのでお客様との話のネタや接点強化に是非提案してみてはいかがでしょうか?

他にもコンセントに関する記事がございますので、ご覧下さい。

コンセントの種類と形状~部屋ごとの選び方~

防気カバーで屋内コンセントからの外気侵入を防ぐ

コンセントの防水対策におすすめの防水ブッシングをご紹介!

ベストパーツオンラインショップ

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.
佐々木瞭

佐々木瞭

1994年生まれで、2016年ベストパーツ株式会社入社。
2018年より営業部に所属し、分類は配線器具を担当しています。
皆さまのお困りごとを解決させて頂きます。
お気軽にご質問ください。
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP
LINE it!