レッキス vs スーパーツール:ガスフレキカッターの相違点と選び方

フレキカッターチューブカッターは、管材を切断するための工具でありながら、使用目的や構造に顕著な違いがあります。この記事で取り上げるガスフレキカッターは、ガス用ステンレス鋼フレキシブル管を効率的に切断するために、正確でしっかりとしたホールド感が重要視されます。

大正時代から続く配管工具の専業メーカーの歴史と実績

大正14年、宮川工具研究所として創立されたレッキス工業は、今日では最先端の技術と洗練されたデザインを持つ配管機械工具を提供しており、多くのプロから高評価を受けています。一方、それより早い大正7年に創業したスーパーツールも「安全性と作業効率の追求」を掲げて作業工具の製造を続け、甲乙つけがたい配管工具専業メーカーとしてその地位を築いてきました。

特長・機能の比較

レッキス工業は、ユーザーのニーズに応じて仕様変更を繰り返し進化を続ける点で注目されています。一方、スーパーツールは、高いコストパフォーマンスを誇り、手頃な価格で質の高い製品を提供しているのが特長です。それぞれのブランドが持つ強みを理解し、自らの用途や予算に応じて選ぶことが重要です。

ホールド感に影響を与えるポイント比較

一見違いが分かりにくいですが、意外なところに違いがあります。

本稿では、レッキス工業の「ガスフレキカッター(品番:1713F3)」とスーパーツール「フレキ管カッター(品番:TC105NF)」の、一見の外観だけでは判明しない違いを詳細に解説します。

サイドローラーの最適な幅と直径

レッキスガスフレキカッターはローラー間を幅広く改良しました。

レッキス工業の「ガスフレキカッター(品番:1713F3)」の新型(Nシリーズ)から、上の写真の丸で囲んでいるサイドローラー間の幅を約4.0mmとして安定性と正確性を高めました。これに対し、スーパーツールの「フレキ管カッター(品番:TC105NF)」は約2.2mmの幅を持っています。15Aのパイプでは両者ともに遜色ない性能を示しますが、25Aの太いフレキパイプの場合、その違いが顕著になります。さらに、サイドローラーの直径も、レッキス工業が約15.8mm、スーパーツールが約12.5mmとなっています。この直径の違いは、ガスフレキの被覆部分のよじれを効果的に防ぐ点で重要です。

センターローラーが分割されているので刃が収まる

分割されたセンターローラーにより刃の寿命に違いが出る可能性があります

レッキス工業の「ガスフレキカッター(品番:1713F3)」は、センターローラーが分割されているため、刃がその間に収まる設計となっています。これにより、工具箱に収納しても他の物が直接刃に触れることなく、刃が欠けるリスクが低減します。

替刃の特徴や付属品

レッキス工業製品にはグリップに替刃が1枚付属されています。

レッキス工業「ガスフレキカッター品番:1713F3)」の刃は、ベアリング鋼(高炭素クロム軸受鋼)を使用しており、強靭で耐久性が優れています。スーパーツール「フレキ管カッター(品番:TC105NF)」も、特殊合金鋼を使用しており、最適な熱処理で切れ味と強靭な耐久性を実現しました。刃の切れ味と耐久性は同等です。さらにレッキスの特長として、グリップの底部に替刃が収納されている点が挙げられます。この機能は非常にお得感があり、緊急時などに迅速に刃を交換することが可能です。スーパーツールにはこのような付属の替刃がないため、レッキスはこの点で明確なメリットがあります。

ボディのサイズや重さ

レッキス工業の「ガスフレキカッター品番:1713F3)」は全長165㎜、質量245gであり、スーパーツールの「フレキ管カッター(品番:TC105NF)」も全長126.5㎜、質量240gと、両者のサイズや重さには大きな違いは見られません。

8A~32Aに対応するフレキカッターのラインナップ

レッキス工業「ガスフレキカッター(品番:1713F3)」

レッキス工業「ガスフレキカッター(品番:1713F3)」は1丁から当日出荷です。

直径が約15.8mmのサイドローラーが、特に25Aサイズのような太いガスフレキ管に対して被覆部分のよじれを効果的に防止します。そのため、25Aを用いた施工がある方には特にオススメです。

品番 適合 付属 刃径 基準価格
1713F3 8A~25A 替刃1枚付き 直径19mm ¥7,150
424200 替刃(1713F3用) ¥1,530
1703F7 替刃(旧型用) ¥1,530

スーパーツール「ガスフレキ管カッター(品番:TC105NF)」

 

「フレキ管カッター(品番:TC105NF)」は1丁から当日出荷です。

品番 適合 付属 刃径 基準価格
TC105NF 8A~32A なし 18.7mm ¥2,840

実は、プロテリアル社(旧日立金属)のガスフレキ管「ソフレックス」をお使いの方に特にオススメしたいアイテムが「フレキ管カッター(品番:TC105NF)」です。このカッターを使用すると、ガスフレキ継手「プッシュインパクト」への接続要件として定められている、7山を残しての谷部切断が非常に簡単に行えます。具体的には、図1に示すように、被覆を剥離した部分の根元にカッターを押し当て、谷部を切断するだけ。この手軽さにより、山の数を一つ一つ確認する手間が省け、作業時間の短縮が期待できます。ただし、この方法はガスフレキ管の10Aおよび15Aサイズにのみ適用されます。

※図1 スーパーツールのローラー部を剥離した被覆の根元に押し当てて切断。

まとめ

大正時代から続く2大配管工具メーカーのガスフレキカッタ―の機能や性能を比較すると、直近の仕様変更によりレッキス工業の「ガスフレキカッター(品番:1713F3)」の方がホールド感が増しており、特に25Aの太いガスフレキ管に効果的だと言えます。一方、スーパーツールの「フレキ管カッター(品番:TC105NF)」は、プロテリアル社(旧日立金属)のガスフレキ継手「プッシュインパクト」を使用している施工業者様にオススメです。なぜなら、施工要件として定められている、ガスフレキの7山を残しての谷部切断が非常に簡単に行えるからです。

※この記事は2020年9月2日に公開しましたが、校正しなおし2023年9月8日に再度公開しました。

ベストパーツオンラインショップ

  • シェア
  • twitter

RELATED- 関連記事 -

関連記事一覧

NEW ENTRY- 新着記事 -

新着記事一覧
PAGE TOP
LINE it!
MAIN MENU SUB MENU