豊富なミネラルはそのままに。配管の汚れを防止するエミール

ミネラルが豊富な水系の代償として、給水給湯配管や排水管が詰まりやすいと感じているユーザーは多いはず。給湯器の選択肢が限定されたり、電気ポットや加湿器に付着するカルキにもお悩みでしょう。本稿では、新しい水処理理論(セラミックスによる界面動電現象)に基づいて開発された水処理システム「エミール」を用いて、水に含まれる豊富なミネラル分はそのままに、家中すべての水が流れる部分の汚れ防止を図ります。

※この記事は2021年7月9日に公開しましたが、現場画像を加筆して2021年11月29日に再度公開しました。

追い焚き配管部材一覧

電気も添加物も使わず水を構造化。しかもメンテナンスフリーで10年保証。

岩や土に含まれる無機質成分であるミネラルは、身体の中でつくり出すことはできないため、肉や魚、野菜、海藻、そして水などから摂り入れます。しかし、水に含有量の多いNa,Ca,K,Mg,Si の 5 種類のミネラルは、他の不純物と結合してスケールを形成し、配管や給湯器の熱交換器にピンホールを開けたり、詰まらせたりする原因にもなるのです。

水を構造化する「水処理システム エミール(品番:JHW)」の原理

そこでユーザーにご提案していただきたいのが、水道メーターの直後に「水処理システム エミール(品番:JHW)」を1台設置する工事です。エミールなら、電気も添加物も使わず、蛇口をひねった時の給水の力だけで、本体内のセラミックスと水が触れ合うと起こる電気二重層をプラスに帯電させて水を構造化します。すると、油と洗剤の結合を抑制し、浸透力、洗浄力、制菌効果を発揮して配管内部のスケールを剥離してその後の付着を防止します。

水を構造化する4つのポイント

「水処理システム エミール(品番:JHW)」を通過する水が、正(+)の電荷を帯びて構造化するポイントは以下の4点です。

  1. セラミックスが水に触れることで電気二重層を作る
  2. セラミックスには正(+)の電荷をもった原石を採用
  3. セラミックスと水を流動衝突させる事で正(+)の電荷を与える
  4. 小流量時には3mm玉、大流量時には6mm玉が流動するよう大きさの異なるセラミックスを充填(業務用エミールには8mmも加わります)※処理流量は0~30L/分です。

ランニングコストゼロでメンテナンスフリー

「水処理システム エミール(品番:JHW)」に充填されているセラミックスは、1100°Cで焼結しており耐久性に優れているため交換が不要です。また、電源を必要としないため設置費用が抑えられ、ランニングコストが気になるフィルターの交換や面倒な洗浄の必要がないメンテナンスフリーの商品です。本体もオールステンレスでセラミックスともども100年の正常利用を想定して設計されています。

安心の証、日本水道協会(JWWA)の品質認証品

「水処理システム エミール(品番:JHW)」は、製造工場を含め、公益社団法人 日本水道協会の品質認定承認を受けており、さらに全商品立会い検査が実施されております。また、抗酸化試験により細胞の酸化を水の抗酸化力で抑制されることが実証されております。なお、製品には長期10年保証が付与されており、なんと10年後に検査を受けることで向う10年の再保証が受けられます。

JHW型なら1台で家中エミール水

実は、エミールには、豪華客船やタワーマンションなどに採用されている大型の製品から、家庭用の給湯器などに組み込む小型の製品まで、様々なラインナップがあります。本稿でご紹介しております「水処理システム エミール(品番:JHW)」は、一般家庭の水道メーター二次側に縦置きに設置するだけで、水に含まれる豊富なミネラル分はそのままに、家中すべての水が流れる部分の汚れ防止を実現する製品です。

家庭用水処理システム「エミール(品番:JHW)」

図1:「水処理システム エミール(品番:JHW)」はランニングコストゼロ、メンテナンスフリーを実現した水処理システムです。特に、ミネラル分の多い水系や地下水(井戸水)を利用していて「給湯器の寿命が短い」、「エコキュートが設置できない」というお悩みのユーザーにオススメです。

品 番 ね じ 処理流量 基準価格
JHW R3/4 1~30L/min ¥140,000

施工の流れ

図2:配管の接続

多くの場合、本体に「HIメタル給水栓エルボ(品番:HIMWL-20)」を取付けてから、「HI管20A(品番:HI-20-2)」「HI継手 エルボ20A(品番:HIL-20)」などを繋ぎ合せています。メーターからの本管はPP管(ポリプロピレン管)20Aで配管されてましたので、継手は耐震強化型SPジョイントユニオン20Aと本体の安定を図る意味で座付水栓エルボ20Aにて接続しております。

図3:メーター廻りのコンクリートをハツリ、手掘りにて約450mm掘削

図4:量水器(W400×H400)サイズを入込み、埋戻し

図5:モルタルで仕上げ

前述の通り地盤が岩盤のため、コンクリートのハツリと掘削に時間がかかり、総作業時間は約3時間でした。通水してみると、水量を絞っていたキッチンのシングルレバー混合栓では若干の水圧の低下を感じましたが、浴室のサーモシャワー混合栓などでは影響を感じませんでした。

まとめ

水道メーター直後に設置する家庭用の「水処理システム エミール(品番:JHW)」は、水に含まれる豊富なミネラル分はそのままに、家中すべての水が流れる部分の汚れ防止を図ります。従来、台所・風呂・洗面所の排水管は、重曹やクエン酸、パイプ洗浄剤で汚臭を予防し、詰まってしまったらワイヤーブラシで解消していました。トイレもラバーカップで解消していましたが、エミールを設置すれば大切なユーザーが排水の詰まりで困る事が無くなります。浄水器やアルカリイオン整水器と比較する一般ユーザーの目には、設置費用と取付工事がデメリットと映るかもしれませんが、ランニングコストが気になるフィルター交換や面倒な洗浄作業がいらないメンテナンスフリーで、しかも10年の製品保証が付与されていると知れば真剣にご検討していただける商品です。

ベストパーツオンラインショップ

  • シェア
  • twitter
PAGE TOP
LINE it!
MAIN MENU SUB MENU