コンクリート作業に欠かせない!最新ハンマードリルの選び方と活用法

ハンマードリルは、コンクリート作業に必要不可欠な電動工具です。この記事では、ハンマードリルの基本的な機能、おすすめモデル、そして安全な作業方法について紹介します。

ハンマードリルの基本

ハンマードリルは、回転運動と打撃運動を組み合わせた電動工具で、コンクリートや石材への穴あけ作業に適しています。このセクションでは、ハンマードリルの基本的な使い方と機能について解説します。

おすすめモデルとその特徴

マキタの充電式ハンマードリル – パワーと作業性の融合

マキタ 充電式ハンマードリル18V (HR244Dシリーズ)

マキタの「充電式ハンマードリル(品番:HR244Dシリーズ)」は、パワフルなリチウムイオンバッテリ18Vを採用しています。このシリーズの特徴は、コンクリートへの最大24mmまでの穴あけ能力と、ブラシレスモーターの搭載です。ブラシレスモーターにより、作業効率が約10%向上し、バッテリー1回の充電での作業量も増加します。また、製品の重心とハンドルの設計により、取り回しがスムーズで、上向きの作業にも適しています。さらにハツリ作業にも対応しており、多機能性を備えています。

さらに「粉じん専用集じん機(品番:VCシリーズ)」との連携も可能で、標準付属品の「フロントカフス22(品番:417765-1)」を使用することで、穴あけ作業時の粉じんの飛散を抑え、より安全に作業を行えます。

マキタ 充電式ハンマドリル18V SDS軸(品番:HR244Dシリーズ)
充電式ハンマードリル「HR244Dシリーズ」の製品画像。青色と黒色のセット、および本体のみのバリエーションを示す。

「充電式ハンマードリル(品番:HR244Dシリーズ)」は青セットと本体のみは翌日、黒セットと本体のみは翌々日出荷可能です。

品番 回転数/分 打撃数/分 仕様 質量(㎏) 基準/台
HR244DRGX 0~950 0~4700 セット 3.0 ¥75,500
HR244DRGXB ¥75,500
HR244DZK 本体のみ 2.3 ¥34,900
HR244DZKB ¥34,900

※セット標準付属品:バッテリBL1860×2、充電器DC18RC、サイドグリップ、ストッパポール、専用ケース

マキタ 充電式ハンマードリル40Vmax (HR001Gシリーズ)

マキタの最新モデル「充電式ハンマードリル(品番:HR001Gシリーズ)」は、リチウムイオンバッテリ40Vmaxを採用し、コンクリートへ最大28mmの穴あけが可能です。特筆すべきは、充電式でありながらコード式ドリルを超えるパワーを有し、穴あけスピードが約30%向上している点です。

低振動設計もこのモデルの魅力の一つです。内部のカウンタウェイトと防振ハンドルが振動を効果的に抑制します。また、ビットがロックされた際には、振り回されを感知し自動でモータを停止する加速度センサーを備えています。これにより、安全性が高まります。

操作性にも優れており、製品の重心とハンドルが近い設計により、スムーズな取り回しや上向きの作業が容易に行えます。ハツリ作業にも対応しています。

さらに、「粉じん専用集じん機(品番:VCシリーズ)」との連動が可能で、標準付属品の「フロントカフス22(品番:417765-1)」を使用することで、粉じんの飛散を防ぎ、より安全に穴あけ作業を行えます。

マキタ 充電式ハンマードリル40Vmax SDS軸(品番:HR001Gシリーズ)
充電式ハンマドリル「HR001Gシリーズ」の製品画像。青色と黒色のセット、および本体のみのバリエーションを示す画像

「充電式ハンマードリル(品番:HR001Gシリーズ)」は1台から翌々日出荷可能です。

品番 回転数/分 打撃数/分 仕様 質量(㎏) 基準/台
HR001GRDX 0~980 0~5000 セット 3.7 ¥83,600
HR001GRDXB ¥83,600
HR001GZK 本体のみ 3.0 ¥43,200
HR001GZKB ¥43,200

※セット標準付属品:バッテリBL4025×2、充電器DC40RA、サイドグリップ、ストッパポール、専用ケース

ボッシュのハンマードリル – 効率と安全性の融合

ボッシュの 「ハンマードリルSDS軸(品番:GBH2-28)」は、低振動設計とクラス最大の850Wモーターを搭載したモデルです。このドリルは、電子無段変速機能により、スイッチの引き具合で回転スピードを細かく調整できます。また、内蔵された加速度センサーがキックバックを感知し、危険を回避するセーフティ機能も備えています。これにより、より安全で確実な穴あけ作業が可能になります。

さらに、回転+打撃、回転、打撃の3つのポジション切替が可能で、ハツリ作業にも対応しています。粉じんの飛散を最小限に抑えたい場合は、「ボッシュ 集じんカップ(品番:DUSTCUP)」の使用が推奨されます。

ボッシュ ハンマードリルAC100V SDS軸(品番:GBH2-28)
ボッシュのハンマードリル「GBH2-28」の製品画像を表示。

「ハンマードリルSDS軸(品番:GBH2-28)」は1台から翌日出荷可能です。

品番 回転数/分 打撃数/分 仕様 質量 基準/台
GBH2-28 0~900 0~4000 セット 2.9㎏ ¥33,700

※標準付属品:サイドハンドル、深さゲージ、キャリングケース

コストパフォーマンスに優れる京セラのハンマードリル

京セラの「ハンマードリルSDS軸(品番:AED2620VR)」は、高いコストパフォーマンスを誇りながら、他メーカーの製品に劣らない仕様を備えています。このモデルは、830Wのハイパワーモーターを搭載し、回転+打撃と回転の2モードで幅広い作業が可能です。特に注目すべきは、ビット交換が容易なワンタッチビット機構です。これにより、作業効率が大幅に向上します。

さらに、ラビリンス構造を採用しているため、工具内部への異物の侵入を防ぎ、防じん性にも優れています。5メートルの長い電源コードが付属しているため、高所での作業も容易に行えます。

京セラ ハンマードリルAC100V SDS軸(品番:AED2620VR)
京セラのハンマードリル「AED2620VR」の製品画像を表示。

「京セラ ハンマードリルSDS軸(品番:AED2620VR)」は1台から翌々日出荷可能です。

品番 回転数/分 打撃数/分 仕様 質量 基準/台
AED2620VR 0~1100 0~4600 セット 2.7㎏ ¥22,000

※標準付属品:補助ハンドル、ストッパ、キャリングケース

安全対策とアクセサリー

コンクリート作業における粉じんの管理は、作業効率と環境の清潔さの両方に影響します。ここで紹介するのは、マキタの「粉じん専用集じん機(品番:VCシリーズ)」です。この集じん機は、電動工具と連動して動作し、作業中に発生する粉じんを効果的に吸引します。その結果、作業環境が清潔に保たれ、後片付けの手間も軽減されます。

マキタの粉じん専用集じん機 – 作業効率と清潔さを同時に実現

マキタの「粉じん専用集じん機(品番:VCシリーズ)」は、幅広い電動工具との無線連動が可能な革新的な製品です。この集じん機は、ディスクグラインダハンマードリルマルチツールハンドソーなど、マキタ製の様々な電動工具とジョイントで接続することができます。電動工具のスイッチと集じん機が連動し、作業中に発生する切屑や粉じんを効率的に吸い込みます。

特に注目すべき機能は「ギュッパフィルタ」です。スイッチをONにすると内蔵のプレフィルタがパウダフィルタに密着し、スイッチをOFFにするとフィルタが瞬時に離れ、粉じんを落とします。この独自のメカニズムにより、吸込み力の低下を防ぎ、長時間にわたる強力な吸引力を維持することが可能です。

また、市販の45Lポリ袋を使用することで、タンク内のゴミを手を汚さずに簡単に処理できる設計も、この製品の便利さをさらに高めています。

粉じん専用集じん機(品番:VCシリーズ)

「粉じん専用集じん機(品番:VCシリーズ)」は1台から翌々日出荷可能です。写真の商品はAC100V仕様ですが、このほかバッテリ仕様もご用意しています。

品番 最大吸込仕事率 最大風量 運転音 集じん容量 基準価格
VC0830 220W 1.9㎥/min 61dB 8ℓ ¥39,500
VC1530 15ℓ ¥41,900

※標準付属品:静電気防止ホース(φ28mm×5m)、ホースバンド×2、フック付ホースバンド×1、フロントカフス22(品番:417765-1)、ジョイントH、パウダフィルタ、プレフィルタ、ダンパ、アクセサリバッグ、ポリ袋11枚(本機取付1枚)

ハンマードリルと振動ドリルの違い

ハンマードリルと振動ドリルは、それぞれ異なる作業に適しています。以下に、両者の基本的な機能と違いを説明します。

ハンマードリルの特徴

ハンマードリルは、回転運動とともに、ピストンの前後運動によりドリルビットに強力な打撃力を与えることで穴を開けます。この打撃力により、硬い材料への穴あけが迅速かつ効率的に行えます。特に、コンクリートや石材などの硬質素材に適しており、上向きや横向きの穴あけにも適しています。ハンマードリルは、押し付ける力をあまり必要とせず、労力を軽減しながら作業を進めることができます。

振動ドリルの特徴

一方、振動ドリルは、ラチェット機構を使って回転運動に振動を加えることで穴を開けます。この振動により、材料を効果的に削り取りながら穴を開けることが可能です。振動ドリルは、下方向への穴あけに適しており、ユーザーが力を加えることで、硬い材料にも対応できます。しかし、ハンマードリルに比べて、作業者の力がより必要とされます。

これらの違いを理解することで、作業に適したドリルを選択し、より効率的かつ安全に作業を行うことができます。

まとめ

ハンマードリルは、コンクリートへの下穴や開口には必要不可欠な電動工具です。モードによってねじ締め、ハツリ、ランマー作業にまで使える多機能工具で、今では建築現場には無くてはならない電動工具です。電動ドリルとは異なり、回転運動に加えて前後に打撃を加え効率的に開口できます。その中でもオススメなのが、「充電式ハンマードリル(品番:HR244Dシリーズ)」です。コンクリートドリルでは24mmまで穴あけが可能で、ブラシレスモーター搭載、重心とハンドルが近くスムーズな取り回しや上向きの作業にも優れています。「粉じん専用集じん機(品番:VCシリーズ)」と連動する場合は、付属品の「フロントカフス22(品番:417765-1)」を使用して連結させれば粉じんが吹き飛ぶ事も無く安全に穴あけ作業が可能です。

ベストパーツオンラインショップ

  • シェア
  • twitter
PAGE TOP
LINE it!
MAIN MENU SUB MENU