木ネジを見直す!コーススレッドとコンフィットの違いは何?

皆さんは日頃よりたくさんの木ネジを使用しているかと思います。ベストパーツOnlineでもコーススレッドコンフィットの2種類を取り扱っておりますが、具体的に何が違うのかご説明したいと思います。

ベストパーツオンラインショップ

コースレッドとコンフィットの違いはこれだ!

締結力に優るコーススレッド

下穴不要でインパクトでカンタンに打ち込めるコーススレッドは、作業時間の短縮できる上に高い締結力があり、皆さんに重宝していただいていると思います。改めてコーススレッドの特徴をおさらいしたいと思います。

コーススレッド ラッパ ユニクロとステンレスの2種類を当日出荷しております!

木ネジの3倍~5倍の締結力がある

コース(粗い)スレッド(ねじ山)の名前の通り、ネジ山とネジ山の間隔が粗い為、木材繊維に食い込みながら木材同士を接合締結させる力が強く、木ネジや釘と比べて3倍~5倍の締結力があります。

木浮きや空回りを起こさない

前述の通りねじ山が粗い為、2枚の木材を固定させる際、下の木材が上の木材より早く上へ上へと引き上げられ、2枚の木材がぴったり固定され木浮きや空回りを起こさない構造になっています。(伝わりましたでしょうか…)

熱処理がされているので電動工具も安心

他の木ネジと違い、熱処理加工が施されて硬度が高いのでインパクトも安心して使用いただけます。

適切な長さの選び方

ベストパーツOnlineでは全長25~57mmのコーススレッドを取り扱いしておりますが、具体的に長さを選ぶ基準は、「取付物の厚み+20mm以上」が一般的な適正長さです。例えば、下記画像の取付物が10mmだとすると、10mm+20mm=30mm以上のコーススレッド(WR32ZS)もしくは(WR38ZS)を使用するといった具合です。

ただし、取付物の厚みが20mmよりも大きい場合は例外です。この場合は「取付物の厚みの2倍以上」の長さをもつコーススレッドで対応しましょう。

締付力に優るコンフィット

コンフィットは根太への床下地合板留めビスとして床鳴り防止に優れたシネジック株式会社の商品です。床暖房用温水マットの固定に最適ですが、コンパネ、木材の固定等様々な箇所で使用可能です。

コンフィット 全長32~51mmまで当日出荷しております!

フレキビスの約8倍!驚異の締付力で床鳴りを防止

特殊なねじ構造により、頭が浮いた状態でも下の木材とガッチリ固定されます。また、入居後の木痩せにも対応し、固定物同士をしっかり支持し、繋ぎ目の隙間から生まれる床鳴りを防止します。

 

バリ、ササクレの発生を抑制

フランジ付きの頭部が、締付力を高め、バリ、ササクレの発生を抑制します。

木造住宅に最適なノンクロム表面処理

材質は高耐食の表面処理「プロイズ」を採用しています。「プロイズ」は単にメッキ処理後に塗装するのではなく、錆の発生を引き起こす物質を化学的に除去すると共に、耐食性薄膜皮膜を形成し、表層皮膜との密着性を高めることにより耐食性の非常に高い材質です。

まとめ

何気なくお使いの木ビスを改めて見直してみてください。締結力ならコーススレッド、締付力ならコンフィットという具合に違いを正しく理解し、現場に応じたサイズ、商品の正しい選定を行いましょう。今回ご紹介した2種類のビスは、17時までのご注文で当日出荷しております。他にもタッピング鉄板ビスなど幅広いアイテムを取り扱いしてるベストパーツOnlineを是非のぞいてみてください。

ベストパーツオンラインショップ

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.
佐々木瞭

佐々木瞭

1994年生まれで、2016年ベストパーツ株式会社入社。
2018年より営業部に所属し、分類は配線器具を担当しています。
皆さまのお困りごとを解決させて頂きます。
お気軽にご質問ください。
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP
LINE it!